長らくのご無沙汰




今年に入り

ブログの更新も滞りがちになりました。

ブログを始めてから

はや10年経ちました。

台湾に関するブログ記事で

知己を得ることもでき

日本では

今のお料理教室にもつながりました。


d0089009_17485091.jpg






でも

ここに来て止まっています。

ブログでなにをしよう。

私のブログの行方を考えています。


d0089009_17545775.jpg






お料理教室の様子は

福岡での日々は

東京での日々は

。。。

答えが出ないまま

更新できない日々だけが積み重なっています。





d0089009_17571915.jpg



深く考えないでいいのでしょうが

コメントに深く考えさせる発言もあり

あまり

プライベートをさらけ出したくない

とも思っています。





今は

私の周りの小さなこと

ずっと大好きな台湾の情報などを

取り混ぜて

小さく続けていきます。

とりあえず。。。

そのあとは

おやすみしようかな。


d0089009_181479.jpg





少し

台湾情報などお送りします。
# by morimaman | 2016-11-25 18:03 | 日々の出来事 お料理教室 | Trackback | Comments(8)

秋 




秋ですね。

やっと秋です。


d0089009_15472513.jpg



10月のお稽古の画像を

あっという間に消し去ってしまいました。。。

初めての経験。





やっちゃいましたよ。

2016年 秋の記録がありません。

来月はこころして扱いましょう。

11月は恒例の年末のお鍋の前倒しです。

練り物も作ってしまうおでん。

はふはふいただきましょう。

12月は

おそらく今期で最後になる

おせち強化月間です。

もうそういう季節になりましたね。


d0089009_1604864.jpg






11月の試作。

レシピ作成。

ちょっと巻きをかけて仕上げたら

また

ちょっとおでかけをします。

頑張って

お仕事。

d0089009_1635110.jpg


これは

和食のお稽古とは別枠のもっと日々ごはんのお献立。

おうちごはんをメインにしています。

カツ丼と

小鉢/小皿料理でまとめてみました。

あと一品。

まずは一品。。。

というときに重宝します。




秋になると

散歩したくなりますねぇ。。。
# by morimaman | 2016-10-12 16:07 | 日々の出来事 お料理教室 | Trackback | Comments(0)

九月 重陽 中秋




9月のお稽古は重陽にちなんだお料理。

着せ綿。

私も詳しくは知らずにお稽古中は説明不足でしたが

菊の花に綿をかぶせ

朝露を含ませてその綿で

体を清めたら無病と

信じられていた平安宮中の習慣だったそうです。

私のおじは鑑賞菊を育てるときに

綿をかぶせていたのですが

その名残でしょうか。


d0089009_22271930.jpg



とりの着せ綿椀です。

つくねをお餅がとろりと包んでいます。

椀の蓋を開けたときに

季節を感じる一品です。




お教室では

季節を感じるお料理

節句料理や二十四節気にちなむお料理を

紹介していきたいと思っています。

そして

日々のごはん

たとえば出汁をひいた後の昆布で佃煮を作る。

などというちょっとしたお菜もお膳にのぼらせています。





私たちの日々の食卓とはなんでしょうね。

和食をお教えしていますが

新しいものや昔から伝わってきたもの

実家の味

嫁ぎ先の味

私の味

結婚してうん十年もたつと

全部ひっくるめて私の味になっているかもしれません。


d0089009_2233161.jpg



世界中で和食ブームとか。

知り合いの先生もアジアやヨーロッパで和食の講習をなさっています。

テレビでもいろいろなところに移住された方々が

和食のお店をなさっていたりされています。

美味しいものに国境はないということでしょうか。





お教室もそろそろ満7歳になろうとしています。

ここで

私のお料理を見直して

どうやって伝えていこうかと

考えて行こうと思います。

変わらない味と

変わる味。

変わらない技術と

変わってくる技術。

決して立ち止まっていません。






d0089009_2238391.jpg



自宅での充電期間も

じゅうぶんにとるようにします。

気持ちに余裕がないと

豊かな食卓に結びつきませんからね。





福岡でのお稽古を大切にしつつ

次にもステップしたい。。。

d0089009_22404770.jpg


その時々の季節のお題を

交換し合いながら

お花を作っていただいている

verdure decoの麻美先生にも

いつも癒しをいただいています。

あの笑顔に

自分を省みての日々です。
# by morimaman | 2016-09-24 22:46 | 日々の出来事 お料理教室 | Trackback | Comments(6)

8月のこと

8月の福岡は酷暑。
毎日毎日暑くって
深呼吸もままならない感じでした。

d0089009_09584321.jpg
お稽古に使う野菜たちを桶に入れて
水を張る。
涼しげな感じがします。。。?


8月のお稽古の朝も
儀式から始める。


d0089009_10010343.jpg

お稽古での茶器は九份茶坊のもの。
簡単に淹れられていい。。。
というより
蓋碗と同じ扱い。

朝は水色が蒼いお茶を。
文山包種茶。
みなさんにお出しする水出し茶のチェックも。

8月には硝子の器もおごちそうですね。

d0089009_10064262.jpg
向付には硝子の器にゼリー寄せを持ってきました。
この暑さ
食べ物が飲み物に変わることも。
大変です。
でも
涼しさをお出しして
喉越しも良く
盛夏の一品だと思います。

膳に入れ込むとこんな感じ。

d0089009_10092867.jpg
茶懐石の前半一汁三菜は無事に終了。
後半はまた
秋が深まった頃か
冬に。

あまりの暑さに体調も崩しがちですが
夏は
まだまだ終わりません。
東京で
ぐうたらとしながら体力の回復に努めます。

同じ硝子の器で
こちらはスペイン料理。

d0089009_10114555.jpg
夏は硝子。

では
みなさまお体ご自愛くださいませ。




# by morimaman | 2016-08-17 10:13 | 日々の出来事 お料理教室 | Trackback | Comments(0)

京都へ




福岡お稽古中の7月は

酷い雨か酷い暑さ。


d0089009_19315617.jpg


そんな中

以前からお誘いを受けていた京都へ。

前泊もできず

当日泊もお稽古の都合上できないので

行くことを随分と悩んだのですが

。。。なんせ京都滞在5時間くらいなのですから。。。

5年に1度のことと

こちらでのお茶会に寄せていただきました。




その日福岡は

大雨警報が出ていた日。

運良く

大降りの雨と雨との隙間をぬうように

博多駅に着きました。

京都への新幹線の中

雨の降り方を表す言葉をいろいろと

思い浮かべて。

さしずめ今日の降り方は

’篠突く雨’

本当に激しい降りでした。





でも

運のいいことに移動する時は

小止み。

京都の目的の地’月鉾’に着きました。


 
d0089009_19343355.jpg


’よじ登るのぅ。。?’

まさか!

二階屋に渡り廊下が設えてあって

そこから鉾に入ります。

狭い空間ですが

お道具立など

さすが京都という感じでした。

新参者の私が言うのもなんですが。




揃いの浴衣のおじさま方は

裏千家で十徳を許された方ばかりとか

見事

男性ばかりからのおもてなし。





滞在5時間の京都でしたが、

大変貴重な経験をさせていただきました。

円山応挙や左甚五郎を間近に

拝見でき

歴史ある鉾の中でのお茶会。

行ってよかったです。


d0089009_2075235.jpg



亀屋良長のお菓子に

月鉾のシンボルとも言える兎を描いたお皿。

お皿は限定らしかったのですが

見事頂戴することができ

これも

いい思い出。

篠突く雨の中

お出かけをしたかい、、、

それ以上の時を過ごすことができました。

帰り着いた博多駅。

雨は上がっていました。
# by morimaman | 2016-07-26 20:13 | 日々の出来事 旅 | Trackback | Comments(0)

7月




7月も

もう半ば過ぎとなってしまいました。

お教室では

毎年恒例の台湾料理レッスンを

今年は中止して

茶懐石膳のお稽古といたしました。


d0089009_17472318.jpg


お献立は

シンプルなものですが

こうやって茶懐石のお道具を

用いてするお稽古は

なんとなく締まっていいものです。





茶懐石のすべてではなく

一汁三菜のところで区切っての

割稽古。

メインディッシュ 煮物椀は


d0089009_17501634.jpg



お碗の蓋を開ければ

それだけで話題になりそうな

具を盛り込みました。

熱々のものですが

目には涼しいかと思います。





このお稽古は

席とお台所を行ったり来たり

少しも落ち着かない私でした。

お料理を作ることはできても

茶懐石のおもてなしは

本当に

難しいことだと痛感した次第です。


d0089009_18111024.jpg



この凛としたお稽古は

8月も続きます。

1週間だけですけど。。。

一汁三菜の同じ流れですが

お献立が違います。

8月の煮物椀の景色を

お楽しみになさってください。
# by morimaman | 2016-07-24 18:14 | 日々の出来事 お料理教室 | Trackback | Comments(0)

梅雨時のお稽古




私が福岡でお稽古をしている間は

さほど酷いお天気模様はなかったのですが、

最終の二日間くらい

夜中の雨は酷かったです。


d0089009_11523638.jpg



えっ!?

台湾月間!?

と思われるかもしれませんが

途中2日間ほど行った台湾料理クラスです。



私が麻婆豆腐を作る際にどうしても必要!!

と思う調味料が福岡でも手に入るようになりましたので

リクエストがあったこのメニューでのお稽古です。

チョット仄かに甘い銀絲捲といきたいのですが

ここは基本の白饅頭です。

粉ものはデリケートですので

その日の天候で

随分左右されました。

でも

概ねよくできました!!





d0089009_11592893.jpg



紫陽花の季節のひとしな。




今月はおやすみ続きのお稽古だったために

すべてのクラスのお稽古をいたしました。

ですから、

5パターンのお膳です。


d0089009_1262657.jpg



6月も季節の狭間で

美味しいものがたくさん。




d0089009_1293874.jpg



みなさんがいやがる胡麻豆腐も

やさしくおいしくできましたし

それを椀だねにという

煮物椀も美味しかったです。

これで

夏のお椀は乗り切れる?





7月は茶懐石のお道具を使ってのお稽古です。

さぁ、、、

メインディッシュの煮物椀はいかがしましょうか。


d0089009_12123785.jpg


今月のお買い物。

博多曲物。

三段重ですが

一辺が10cmほどの可愛いお重です。
# by morimaman | 2016-06-29 12:14 | Trackback | Comments(2)

台湾のこと




6月のお稽古を終えて自宅へ戻りました。

お稽古は無事に終了したのですが、

パソコンがエラー続きで

iPatもどうやら役目を全うしたようです。

おまけに

ネット環境が使用不可能な状態にと、、、

本当に困った状態で6月福岡を乗り切ったのですが

きっと

どこかで大変なことにもなっているのではないだろうかと

びくびくしております。


d0089009_18371486.jpg






6月のお教室は

まだ台湾の余韻が残っていまして、

少し台湾のお話をしたり

台湾のお菓子を召し上がったいただくという

日々でした。

2016年

重ねる台湾ツアーも

私の台湾旅も

ちょっとずつ個性的な旅へと変化させていっています。

台湾を重ねてできた人との縁で

出来上がっている部分も大変多いです。


d0089009_18503524.jpg



癒しの九份でのごはんも

お茶もご縁で美味しいものを頂戴しております。

この茶梅豚

作りたいのですが。。。

お店のシークレットレシピのようです。





d0089009_1852187.jpg



今回の市場ツアーと台湾料理男子に習う家庭料理も

台北で出会った若者の縁を頼りにオーダーしました。

市場ツアーは料理人とご一緒でしたので

本当に面白かったですね。

いつも見ている空芯菜が

日本のと台湾のそれとの違いに

みなさんお分かりにならなかったことも

私にはちょっとした衝撃でした。

やはり作る土地が違うと

こうも違うのでしょうか。





d0089009_18553337.jpg



最終日のウォーキングツアーは、

本当にお忙しいのに

ご無理を申し上げて実現したものですが

もう参加の皆さんにとても好評で

来年は1日貸切でお願いしたいとリクエストをいただきました。

講師の先生

多忙な方で来年はどうでしょうかね。。。

一応はお願いをしてみます。

そういう講師の方とも

奥様とお話をしていたのですが、

かれこれ台湾という地で

10年ほどのご縁を重ねてまいりました。




台湾という国で

一度も嫌な思いをしたことがありません。

却って

リラックスしてリフレッシュをして帰国しています。

4月に行ったお茶会のお茶人小曼老師とも

台湾でのご縁です。

重ねてきた台湾が取り結んでくれました。

これからは

台湾へ私ができる恩返しをしようと

思っています。

何ができますやら。。。




それとは別に

できれば1年

いや

半年でいいので

台湾で語学を1からお勉強したいです。

もっと

自由に話せるようになりたい。

住まいは

マンスリーフラット(これがとても少ない)。

朝市場へ出かけて

その日のお買い物を済ませて

学校へ。

終業後

何か生きる糧となるようなものを

習得したい。

夕飯は

一人だったり友人と一緒だったり、、、




一応

舞台はできているような気が、、、

あとは

私次第ですな。。。



PS : ネット環境が劣悪(福岡で)で、私に連絡したのにお返事がないと

       思っていらっしゃる方。

       申し訳ございません。現在東京ですので、ご連絡ください。

       よろしくお願いいたします。

# by morimaman | 2016-06-23 20:18 | 日々の出来事 台湾 | Trackback | Comments(2)

みんなの願い




今年のツアーは少人数で催行でした。

少人数だからこそ最大限に楽しめることを

いろいろと考えまして

まずは

願いを天に。


d0089009_21453294.jpg



ローカル線 平渓線 冒険の遠足へ。





本当に

誰も誰もいなくって

近所のご老人方が線路沿いに椅子を出して聊天。(おしゃべり)

小さな肉屋さんが出ていて、、、

あの日の景色が一変して

すっかりと観光地。


d0089009_21482839.jpg



菁桐車站(駅)。

あの

あの

イイ感じに苔生した屋根がすっかりと新しく変身。。。

ちょっと見ぬ間に郷愁から遠く離れた見知らぬ街になっておりました。

活気には溢れていました。

手を伸ばせばすぐそこの列車が通って行くのも

新鮮な驚きですよね。




さってと

ここは願い事を書いて

天に飛ばしましょう。

婚活チームはささやかな願いを込めて。

それ以外(私を含め)は大いなる野望を込めて

發財(お金が貯まりますように!)


d0089009_21571729.jpg



欲張りすぎたのでしょうかね。。。

あっちにど〜ん

こっちにど〜ん

みんなも悲鳴をあげながら見上げましたが、、、

ちゃんとね

空高く飛んで行きました。

初めは困難でも

結果良し!ということですよね。





と安心したからには

お昼。

九份まで行って予約お願いをしておりました

特別ランチ。

台湾的媽媽的味道(台湾の母の味)。

お気に召しましたか?


d0089009_2211771.jpg



主菜は茶梅で煮た豚肉。

とても美味しかったです。

ちょっとお家でも真似をしたいお料理でした。





いつも食べてばかりではなく

今回は

お料理教室参加もいたしました。


d0089009_228125.jpg



これも面白かったですね。。。

いろいろな意味で。。。

ええ。。。





d0089009_22102168.jpg


台湾って楽しいでしょう?
# by morimaman | 2016-05-27 22:11 | 日々の出来事 台湾 | Trackback | Comments(3)




今年の台湾ツアーは

食べる/買う、、、も楽しいけれど

もっと

台湾に触れあう機会も企画したいと

morimaman'skitchen tour plannner の私は

思ったのです。


d0089009_12593164.jpg



本当はここにとても素敵な画像をアップしたかったのですが

みなさんのお顔(これぞ至福の時と、胡椒餅にかぶりつく図)が特定されそうなので

遠慮いたしました。

画像はホテル周辺の散歩の時に立ち寄った

カフェ’Smith & Hsu'のお茶のサンプルです。

お茶をオーダーするさいに

香り聴いて好きなものをお願いするシステムです。

このサンプルの小さな小さな茶缶がなんとも可愛いく

写真を撮らせていただきました。




今回は地方へ行かなかったので

その分ゆったりと台北とその近郊を楽しもう、、、と

思ったのですが、、、

やっぱり

忙しかったですね。


d0089009_1363449.jpg


以前から

ホテル周りの散策のときに

みなさんが好奇心いっぱいで

覗いていらしたここ。

確かに

素敵な日本統治下の建物で(病院だったらしいです)

私も何年も前から気になっていました。

クローズされていたり

なにかお店ができていたり

クローズされたり、、、

そこへ

リノベーションして生まれ変わったレストランが美味しいらしいとの

噂を聞きつけ

遅ればせながら行ったのが昨年のこと。

個人的ですが

台湾の友人たちと’台灣美食研究會’なるものを立ち上げて

意気揚々と行ったのです。

その時の感想と画像から

みなさんからの熱いリクエスト

’行きた〜い!!’

予約いたしました。












d0089009_13124570.jpg


これをしていただきたきたかったのよね。

からすみを丁寧にお酒にからめて

炭で炙って



d0089009_13135037.jpg


大根の薄切り/にんにくの葉の白いところと一緒にお盛り付け。

素材にもこだわってあるので

とても満足がいく一品でした。




d0089009_1315576.jpg


オードブルの盛り合わせ。

どれも

一手間も二手間もかけてあるものばかりです。

地鶏のスモークはサトウキビでスモークされたもの。

ありきたりの言い方ですが

素材の素晴らしさを際限なく生かした料理をされるお店だと

感じました。

そこに何かエッセンスを加えてあるのですけどね。

それを思い考えながらいただくのも

楽しい時間です。




d0089009_13194210.jpg





d0089009_13201970.jpg

これは後日

夫と娘のお誕生會をした時にオーダーしたもの。

塩釜かと思いきや、、、




d0089009_1321176.jpg


塩メレンゲで包まれていました。

この塩も美味しい。




というわけで

もちろん食とは切り離せないお教室ツアーです。

こちらは断然人数が多い方が

いろいろと食べられて楽しい。

台灣の平均値からしたら

お値段はいいお値段なのですが(日本にあったとしてもいいお値段。。。)

お料理の選び方や

オーダーの仕方で

切り抜けられるかもしれません。

まずは

台灣の宴会料理の流れを組むというお料理

お身内の方の故郷の味を懐かしむというお料理

を楽しみました。





d0089009_1354318.jpg


スウィーツの’芋呢’。

昨年宜蘭でいただいた郷土料理です。

芋頭のペーストとも申しましょうか。。。

素朴で美味しくて心に残る一品となりました。






同じ名前のこちらのデザートです。


d0089009_13482368.jpg


見かけはシンプルなのですが

唸るような味の仕掛けがありました。

こちらも

心に残る一品。





d0089009_1463450.jpg

# by morimaman | 2016-05-17 13:58 | 日々の出来事 台湾 | Trackback | Comments(0)

新しい何かと。古い何か。大切なものがたくさん。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31