今日は何にしよう?

morimaman.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 24日

杭州から紹興、そして杭州へ その2




どうしてmoripapaは紹興へ行きたいのか。






d0089009_16215981.jpg







美味しい紹興酒と出会いたかったらしいです。



d0089009_16232310.jpg



それもあるけど、本当は

7月初めに見たDVDのせいだと思う。

幸せのかおりというその映画は

ストーリーは単純だけど

でてくる景色が、

日本にしろ中国にしろ郷愁に満ちていて

なんとも柔らかく素敵だったのです。

その主人公(中国人シェフで今は石川県の片田舎で小さな食堂を開いている)の

故郷が紹興

もちろん、紹興酒の工場もでてきましたよ。。。






こういった甍の波や


d0089009_16275237.jpg










運河の畔に立ち並ぶ家々に私たちは魅了されたのです。


d0089009_1628533.jpg



ここはまだ観光地化されていなく、というより

普通に暮らす人々が多く観光地化できない街。

それでも有名な八字橋から広がる

街並です。

橋の手前に広場があり、

そこで市場が設営されており

気持ちはそちらへ、、、の私。(通り過ぎただけ、、、残念)








d0089009_16323434.jpg



そこに暮らす人々の暮らしを邪魔しないように、

ひっそりと歩いて行きました。

家の外に椅子を出して寛いであったおじいちゃんに

’你好’

返って来たのは’笑顔’







丁度お昼時という事もあり

d0089009_16365811.jpg


おかあさんが家の外の厨房で一心不乱に野菜炒め。

ワンピースが可愛い、、、でしょ。

横手にある魔法瓶もなかなか素敵。








運河がここに住む人達と昔から深く関わり

いまも昔と変わらず暮らしを続けいているのだろうと

思うワンシーン。


d0089009_1651992.jpg



静かな暮らしが営まれている日々。










このあと観光地となっている運河の通りにも行ってみたのですが、

自分たちが観光客なのに

観光化されていない静かな通りに

もう心惹かれていることを

感じました。




d0089009_16525729.jpg











紹興の街も自分たちが思い描いていた

静かな郊外の街ではなく

都会。

多くの車、人が行き交い

いろんな建物が建ち並ぶ

イメージとはかけ離れた都市でした。



d0089009_1655104.jpg



私たちが観光客用ではないと要望して

連れて行ってもらったレストランも

同じ建物内に大きなカラオケルームがあるようなビルの一角にありました。







紹興料理をお願いして、

でて来たものはこれ。

moripapaが大好きな臭豆腐が光っています。

匂いも

臭いもかなり強く風下の席から風上の席へ、

moripapaと席を変ってもらったくらい、、、



d0089009_16594572.jpg



干物(多分川魚)のしょっぱさや

梅干扣肉(高菜のようなおつけもので豚肉を煮込んだもの)もかなり味が濃く

ガイドさんから紹興料理は味が濃いです。

と言われたことを身を以て経験。

それよりお隣の方が召し上がっていた鍋や北京ダック(シェフがお肉を切りにくる)と

、、、、、



一緒に飲んであった缶ジュースが気になりました。(ストローでちゅうちゅうと)

赤い缶で男の子と女の子の顔が書いてあるもの???

あとで調べたらこれは若い人に人気で、

練乳入りの牛乳。




d0089009_21352126.jpg





ミスマッチのベストマッチなのか、、、

ペコちゃんポコちゃんのような取り合わせのあの飲み物を

飲んでみたかったような。。。








このあと魯迅記念館にも足を運び、、、



d0089009_1771028.jpg


ちょっと物足りない感じを抱き






今日のメインに辿り着いたのでした。


d0089009_1781163.jpg



魯迅の小説にもでてくる’咸亨酒店’からとられた名前でしょうか。

よくわかりませんが、

こちらの老板娘(女社長)の出迎えを受けて、

工場の説明を。

色白のにこやかな老板娘の案内で、

moripapaお待ちかねの試飲タイム。











試飲で頂いた10年ものの紹興酒は

今まで頂いたなかで一番美味しいと思ったもの。



d0089009_17175923.jpg



ショックを和らげる包装をしているので

ということでお買い上げ。

衣類でぐるぐる巻にしてスーツケースに入れて持ち帰りましたがが、

検査のいたるところで

’お酒を持っていますね。。。’

はい、2本だけなんですが。


無事に持ち帰りました。












杭州に戻って

これもガイドさんから教えて頂いたレストラン。

知味観

で夕飯。

レストランに行く途中、

なかなか辿り着かないので道行く人に尋ねたのですが、

追い払われました(笑

これが台湾だったらと、、、(必ず誰かが声をかけて助けてくれる)

ちょっと不覚にも思ったりして。




d0089009_17201247.jpg



なんとか辿り着いて杭州名物の美味しいお料理を頂いて

一日の疲れを忘れました。


4階建てのレストランで

もう観光客などいない地元の人で大賑わいのレストランでした。

ピアノの生演奏も入っているのですが、

誰も聞いちゃいない、、、


お料理は

杭州名物 叫化鶏 通称’乞食鶏’、蓮の葉の包み焼き。

これは私たち一押しのお料理です。

龍井茶と炒めた蝦仁。

東坡肉。

これは本当に美味しく、あまりの美味しさにご米飯を頼んだら

仏様にお供えするようなてんこ盛りのご飯がでてきました。

完食ですけどね。

そして、オクラの炒め物。

これは早速家で思い出しながら作ってみました。

こちらのお料理はほぼ満点。

メニューも日本語で注釈がついていたように思えます。
(それか写真付きだったかな)

なお帰りにタクシーは呼んでもらえないので

通りにでてタクシーを拾ってホテルに帰りました。





杭州  知味观(知味観)
住所:杭州仁和路83号
電話:0571−87018638

东坡路と仁和路の交差点のところ。

















d0089009_22554682.jpg





では明日の朝は早く起きて、

お散歩しましょう。
[PR]

by morimaman | 2009-08-24 22:56 | 日々の出来事 旅 | Comments(30)
Commented by tete04 at 2009-08-25 00:11
わーー!!!morimamanさん素敵!!!
この町のパンフレットが完成って感じです
まるで映画のワンシーンのよう@@ 甍の波、美しい!! 
今も外で料理されてるんですね~ワンピースも可愛いです^^
お料理や紹興酒も美味しそうだし、ホント素敵な旅!!
コメント支離滅裂ですね~!暫く、何度もスクロールしながら鑑賞させて頂きます!
Commented by iikayo at 2009-08-25 00:28
お久しぶりです~上海に行ってらしたんですね!!
私もまだ行った事のない場所です。
こちら紹興の街の雰囲気、大好きです。
たぶん夫は撮影に行きたい!と言い出しそう(笑)
運河沿いに並ぶ家の佇まいがなんとも自然でイイです。
紹興酒の工場も・・・甘い香りに包まれてみたい^^
Commented by YAsapi at 2009-08-25 09:36
まだまだ続編があるのですね。楽しみです。
行ったことのないわたくしもこんなに楽しんでいるのですから、
行ったことがある人だったら、うんうん。そうそう。って
うなづいていることでしょうね~。

ムリなのに、遊びに行きた~いって気持ちになって、大変ですよ!
Commented by ymomen at 2009-08-25 10:20
町に住むひとの音が聞こえてきそう
お写真がいっそう鮮明に見えるのですが、気のせいですか

オクラの一品、特においしそうです
こちらで拝見するたびに、臭豆腐への思いが募ります
Commented by Sanae at 2009-08-25 10:46 x
こんにちは。

紹興酒の紹興とは町の名前だったのですね~。
私も旅に出ると、観光地よりも現地の人の暮らしが気になります。
屋外でお料理をしているなんて面白い!でもなんだか楽しそう!

列車の手配のやり取りのお話や、乗るまでのお話も楽しかったです。
列車が時間より早く出発するというのもアリなんですね???(笑)。

(久しぶりに旅行に行きたいなと思っているのですが、
アジアもいいな~。行ったことがないのです。
候補に台湾が挙がっています。
そうなったらmorimamanさんのブログをよーく読んで、
研究(?)しま~す♪)
Commented by ami-imanami at 2009-08-25 15:26
どのお写真もため息まじり、美しくて気分が落ち着くのは
風景写真のところどころちょっと緑があって、morimamanさんの
優しさを感じます。
10年モノの紹興酒は甘さが出るのでしょうか?
うぉっ、またしても興味津々。。
moripapa殿はやっぱりロックで楽しまれるのでしょうか?
それとも温燗??
氷砂糖は入れますか?
昔ね、紹興酒好きの専務とどんな飲み方がウマイか?!
方々を調査(笑)したことが。
なかなかGoodだったのが「生姜の千切り」をしのばせた温燗。
引き締まった甘味というのでしょうか♪
Commented by f-yayoi at 2009-08-25 15:34
運河沿いの古い町並みも素敵ですが、
10年物のおいしい紹興酒もとっても魅力的です。
先日も料理用に安い紹興酒を買ったのですが、
おいしい紹興酒だともっとおいしい角煮ができるのでしょうね。
たとえ検査で何度引っかかっても、持って帰りたいです!
Commented by ayatomoyukiki at 2009-08-25 17:17
お酒の飲めない我が家では紹興酒なんて。。。。
杭州といったら、お茶かしら?とおもったり
家族旅行とは、、、
こんなオリジナル旅行はなかなか出来ないもの♪
お料理も美味しそうですね!
我が家も娘の留学中
上海から南京に、、
日本で言う新幹線に乗りましたが
切符10人分買うために1週間前に並んだとか。。。
そんな風に手数料が、、
当たり前ですかねぇ~

家族で出かける旅行
我が家も 娘の受験が終わったら行きたいわ♪
何とも
中国は近いしそしてまだまだ素朴
懐かしい感じの郷愁がいいですね♪
Commented by my_studio at 2009-08-26 15:44
こんにちは リズム*です♪
暮らしが見えてくる、素敵なお写真ですね~
ほんと映画のシーンのようです♪
杭州の乞食鶏も(これは聞いたたことあります!)
どのお料理も美味しそうですね。
10年ものの紹興酒も惹かれます~~~!

うちの夫が学生時代に、中国へ留学していたんですよ。
もうすっかり忘れていたはずの中国語ですが
新しい勤務地では必要なんですって~^^
なんとか思い出してくるそうです。
単身赴任から帰るたびに、ポケットに中国語の筆談がたんまり・・・
全部中華のメニューに読めます、私^^;
Commented by tsukiko-table at 2009-08-26 17:35
すっと昔、ダーリンが赴任していたので中国には何度も行ったけれど、こんな風に写真に残す腕がなかったのがとっても心残りでした。
ものすごい勢いで変わりつつある国をお見事に切り取られて。
素敵です。
紹興には行ったことがありませんが、いつか行ってみたくなりました。
Commented by Saori at 2009-08-26 19:26 x
無事紹興酒を持ち帰られて良かったですね。
父が持って帰ってこようとした瓶は見事スーツケースの中で割れていて、中の衣類や品物がぜ~んぶ紹興酒の香りに包まれていました(苦笑)
この紹興酒が作られている甕、実家にいくつかあるんですよ。
どういう経緯で来たのか聞いたのですが忘れてしまいました。
傘たてになってます(笑)
Commented by morimaman at 2009-08-27 07:14
teteさん。
おはようございます。
紹興のこちらの街は、本当にいいところでした。
そこのすむ人を邪魔しないように、静かに歩いて
行きましたが、椅子に座っているおじいちゃんも、
ご飯の支度をしているおかあさんも、観光客の
私たちから見たら、それが映画のワンシーンのよう。
こちらがこの旅で一番よかった、場所です♪
紹興では、何のお料理かわからないのもでてきましたけど、
杭州のお料理はレベル高いです。
Commented by morimaman at 2009-08-27 07:17
iikayoちゃん。
おはようございます。
本当に紹興のこの一画は素敵でしたよ。
別世界。他は人が多くって、騒音も激しいのに。
家々から流れてくる昼餉時の匂いに、充実感を
覚えました。
紹興酒は、美味しいです♡
仕込みの時期にいかれると、もっと活気があっていいかも。
ただし扱いが悪いかもしれませんが(笑)

本当に急に思い立って(夫が)、行ったのですが、男の人が
いると大陸の旅も違いますね。
Commented by morimaman at 2009-08-27 07:20
YAsapiさん。
おはようございます。
夫は旅そのものを楽しんでいますが、私は旅までの段取りを
楽しんでいるような。
そうやって旅にでる事を楽しみ、わくわくすることに
酔っています(笑

さぁ、行こう♪
という響きだけで、もう、うっとりです。(爆
<まだ、中国続編有りです。お付き合いくださいまし>
Commented by morimaman at 2009-08-27 07:23
momenちゃん。
おはようございます。
台湾でもそうだけど、ひっそりとした一画で、家からテレビの音
やご飯の香りがするその瞬間が、とても楽しい♪
住人は、見慣れない人が歩いているだけで、驚くでしょうけど。

臭豆腐。。。是非食べさせて上げたい。臭いごと。(爆
Commented by morimaman at 2009-08-27 07:27
Sanaeさん。
おはようございます。
そうなんです。紹興酒は紹興でできたお酒なので、紹興酒と
呼ばれるんです。その他でできたものは’黄酒’と言って、
別名を名乗るらしいですよ。

列車は往復とも、早めの時間で出発です。それというのも、
乗客が列車に乗り込む改札を、管理しているからかと、思われます。
これがちょっと大変。

何につけても大好きな台湾と比較をしてしまって、と惑う事
驚く事、大でした。
今、私も台湾へ心は飛んでます。
行かれるときは是非ご連絡を、、、資料、お送りします。
Commented by morimaman at 2009-08-27 08:08
amiさん。
いい風景でしたね。
ここは本当によかったと、夫とも話しています。
ガイドさんとドライバーさんに恵まれたからかな。
気持ち穏やかに、写真が撮れました(笑

紹興酒はの10年もの以上は、お酒がダメな私でも、くいっといける
おいしさ♡
ガイドさんは、ジュースのようにくいくい飲めるといてありましたが、確かに。
夫は、’ん〜〜〜、うまい!!’と言っていました。
2本(1本は18年もの)、苦労して持って帰って
来たかいがありました。
夫の飲み方は温燗。普段でも氷砂糖を入れないのですが、
これは、入れる必要がないほどおいしい。
台湾では瓶ごとお燗をつけるのですが、東京では東銀座にある
’台湾海鮮’というレストランがつけてくれます。
残ったらお持ち帰り、、、

生姜の千切りね、、、試してみるわ!!
Commented by morimaman at 2009-08-27 08:12
yayoiさん。
おいしいですよ♪
10年もの。18年ものもあけるのが楽しみなんですが、
夫がちびりちびり楽しんでいるので、せかせません。。。

料理用にこの紹興酒を使ったら、日頃ものすごく温厚な夫も
色をなして、怒る事と思います。。。いや、ぷるぷると
震えるかも。(笑

これでトンポウロウをじっくり煮込むと、、、絶品でしょうねぇ。
朝から胃袋が刺激されます♪
Commented by morimaman at 2009-08-27 08:21
ayatomoyukikiさん。
私もアルコールがダメなのですが、それが、、、美味しいのです♪

杭州は龍井茶ですよね。なので、ガイドさんに頼んで、お茶農家に連れて行ってもらいました。
目の前で試飲をさせてくれて、購入したかったら、その茶葉を目の前で詰めてくれるという、公明正大な(笑)ところ。
そちらの農場も見せてもらいました。
外国人が来る事がないらしく、車を降り立った途端、一斉に注目され、
ちょっとびびりましたが。。。
楽しい経験でした。

汽車のチケットは、あの長蛇の列とちょっと抑制がきいていない
人ごみに、’やっぱり、無理’と思ちゃいました。
もっと、勉強が必要です。
Commented by morimaman at 2009-08-27 08:29
リズムさん。
杭州のお料理と、紹興酒と、言う事ありませんでしたが、
そこに辿り着くのも大変だなぁと実感した旅です。

中華圏は筆談があるんですよね♪ただ、ただ簡体字は、ちょっと
理解できなかったり。。
ご主人様はきっと、若い頃培われた中国語が、どっと甦ってくる
週間を迎えられと思いますよ。
私は、あっちこっち叩いて、ぼろぼろの中国語しか使えません。
Commented by morimaman at 2009-08-27 08:34
月子さん。
古き良きものがたくさんあったころの、中国を見てみたかった
ような気がします。
上海は1年半で、とても変り、きっと来年は恐ろしく変っているのでしょうね。
北京の胡同も無くなりつつあると聞きます。
日本も同じかもしれないけど、残したいものに、リストアップして、
後世のために残してほしいですね。

紹興のこの街は、とても心和みました。
Commented by morimaman at 2009-08-27 08:39
Saoriちゃん。
え〜〜〜〜!!この龜があるの===3
持って帰りたいといったのですが、もちろん無理。羨ましい。

紹興酒は、発泡スチロールに包まれて、きっちりとはこの中におさまるように、
包装を考えてあります。
それを衣類でぐるぐる巻にして、持ち帰りました。
夫はもう、ウハウハです。これが目当てでしたから。
ときたま(毎晩ではなく)しわわせそう〜な顔をして、
飲んでいます。
’うまいな〜!’
Commented by kaorin at 2009-08-27 21:52 x
はじめまして。
いつもひっそりと拝見しています♪
紹興は私も絶対に行ってみたい場所で、そこで、甕からおたまで紹興酒を
直接すくってズズズと飲むのが夢です(笑)。
そんな飲み方はさせてくれないのかもしれませんが。。。。
そしておいしい紹興酒をお土産にしたい!
写真と記事でますます行きたくなりました♪
また、お邪魔いたしますね。
Commented by プチラパン at 2009-08-29 06:32 x
おはようございます♪
「おいしい紹興酒に出会うための旅」だなんて
とっても素敵!
モリパパさんも、とっても素敵な方なんだろうな~と
想像しています♪(*^^*)ニコ

甍の波・・いいですね。
瓦の色が、渋くて好きです。

水辺での暮らしって、昔から
なんだか憧れます♪
Commented by morimaman at 2009-08-29 07:05
kaorinさん。
初めまして。
おいで頂いて、とてもうれしいです♪
私も先ほどひっそりとkaorinさんのブログを、拝見しました。
写真が素敵で♡先へ先へとスクロールしつつ、見させて頂きました。

龜からおたまで、、きっと夫もそれを望んでいたと思うんですけどね。やはり龜語とは買えないので、ちっちゃくびんから注いで頂いたもに、なりました。
それでも、とても気に入って’こんなに美味しいのは初めてあった’
日本にはおろしていらっしゃらないとの事でしたので、即購入。

今、堪能をしています。あと、18年ものも購入したので、これはいつ封を切るか。。。

これからもどうぞよろしくお願いします。
Commented by morimaman at 2009-08-29 07:08
プチラパンさん。
おはようございます♪
素敵、、、おもしろいですよ。時々頭にもきますがっ!!
夫は、いつも何か小さな目的を持って、’あそこへ行きたい’
それを叶えるべく、妻は努力しています。。。なんて。私は調べて、手配をする作業が大好きなので、いいコンビで旅をしています。

こちらの観光地化されていないところは、本当に静かに静かに
時間が流れているようでした。テレビの音も聞こえないんです。

おじいさんとおばあさんは仲良く、洗濯。。。です。
Commented by bh2005k at 2009-08-29 17:01
この夏の お楽しみ、、、ゆっくりと読ませていただいています。
マタマタ素敵なご旅行をされたんですね。

上海も杭州も とても素晴らしく思いました。
そして、何よりも 紹興酒が地名からだと教えていただき、、、また賢くなっちゃったわ♪ ウフフ
どのお写真も 素敵すぎる! 
ゆったりとした時間を 感じさせていただきました。
morimamanさんに 感謝です♪
Commented by morimaman at 2009-08-31 15:04
チェイルさん。
蒸し暑いなか、自分たちの好きなように、旅をしてきました。

暑いときは、やはり場所を選ばないと、、、(笑
紹興酒本当は、紹興以外で作ったら名乗ってはいけないらしいのですが、
名乗っていますね。。。

知らない事を知るというのも、楽しいかしら、と。思っています。
Commented by ako_bishoku at 2009-09-02 00:49
今回も、内容の濃い旅になったのですね!
暑い中、これだけ行動されるとは凄いです。

駅のごった返した感じは、20年前とあまり変わらない
のですね。(笑) 久しぶりに行ってみたいと思うの
ですが、叶いそうにないので、morimamanさんの
ブログを見て行ったつもりになろうと思います☆

練乳入り牛乳、見た目は気になりますが、飲んだら
きっと苦手なんだろうな~。
Commented by morimaman at 2009-09-02 17:30
akoちゃん。
毎回駆け足です。
そんなに急いでどこへ行く♪

鉄道は、ちょっと疲れました。
夫はとても楽しそうでしたけど。
次回は鉄道無しで、もっと気候がいい時に行きたいです。

練乳入りの牛乳、、、気になるでしょう?
一口飲んでみればよかった。’老吉士’というのは飲んだのですが、これがまた、、、、微妙。。。


<< 杭州から上海へ      杭州から紹興、そして杭州へ >>