今日は何にしよう?

morimaman.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 01日

木曽は山の中です。。。




♪ 木曽は山の中です ♪

という歌詞が突然頭の中に浮かんで

行ってまいりました。

久々のお出かけ



d0089009_15173886.jpg



木曽路は全て山の中である   島崎 藤村











♪ 木曽は山の中です  誰も来やしません ♪

この歌をご存知の方は少ないかもしれませんが、

ある日突然なぜかこのフレーズがぐるぐる♪

誰もいない木曽路を歩いてみたくなり

そろそろどこかへお出かけしたいであろうmoripapaをさそって、

木曽路 宿場町を巡る旅へ。



d0089009_1524680.jpg



いいお天気でした。









本当に誰もいない木曽路をぶらぶらと。



d0089009_15245123.jpg



カッタンカッタンという音が聞こえて来なかったので、

これは回しているだけの水車。。。だろうと、私たちは思いました。





高校生の頃 ’夜明け前’を読もうと文庫本を買ってきた日。

母が

’何、読むと?’

私の母も読書少女だった(自称)らしいので

’お母さんも、夜明け前、読んだことある?’

と尋ねた私。



d0089009_1528496.jpg



’難しくて、よくわからんかった。。。’

そうか。。。








d0089009_15295533.jpg



その言葉に励まされたかどうかわからないけど、

途中挫折したかよく読めなかったか

私も今ではよく覚えていません。







ひっそりと周りの時の流れから取り残されたような



d0089009_15312362.jpg



木曽 馬籠宿。







島崎藤村の憂鬱さをちょっと感じるような

シーズンオフの木曽路。

これを感じてみたかったのです。


d0089009_15355712.jpg



小学生のお子さん連れのご家族。

島崎藤村の小説に登場する

お宅、、、

とお子さんに解説を読んで上げていらしたら

’ママ、あの嵐がでてくる小説?’


なるほどね。

時代とはこういうことを言うのかしら?








母が難しかったと言った小説。

娘の私がちゃんと読んでおらず、

子供たちに伝えられず



d0089009_1538395.jpg



この人の詩は好きなんだけど、

小説となると力が必要。

そんな思いで次なる妻籠宿へ。






雪が残っていてここは、

もっと山の中。


d0089009_15445521.jpg



20年ほど前に訪れた時はたくさんの観光客で溢れていました。

もっともシーズン中だったからかもしれませんが。

それに随分前の話。

moripapaも私も何も覚えていないことが判明。







d0089009_15465690.jpg



木曽溜り塗りのめんぱをどこで買ったのやら、、、

そんなに塗り物屋さんがたくさんあるわけでもないし

たしか

工房が裏手にあってそこで作ってあったところなんですけど、、、

見つからず。。。






d0089009_15483099.jpg



見知らぬ土地。









d0089009_15491232.jpg



タイムスリップをしたようなところも

ありましたっけ?

こちらにお住まいの方を見かけることもなく

寒いのでお店の戸も締めてあって

開いているのやら閉まっているのやら、、、







d0089009_15505543.jpg



でも、こういう中を歩いてみたかったのだから

私のオン シーズンの旅は目論み通り。







そこからまたずっと北上をして

最終宿場町

奈良井宿へ。



d0089009_1552819.jpg



春は全てが桜に包まれてさぞかし美しいのだろう

中山道。

ちょっと足を伸ばして高遠の桜もよいのでは。

春への妄想を抱きつつ

絶対に オン シーズンにオンタイムで動かない夫婦ですが。






こちらの宿は’くしや’さんが数多く存在した町だということでした。

フラッと入った茶房のオーナー夫婦さんから、

こちらの宿のことをいろいろとお伺いしました。


d0089009_15551730.jpg



こちらもかつては櫛屋さんだったそうです。

何代もこの地で続いた屋号をもたれる古いお家とかで、

茶房で出される美味しいものを使い継がれてきた

器で出されたりもします。

こんな古いものがしっくりと馴染む街が

落ち着きます。






ちょっと観光化するあまり

馴染みにくいところもあったりとするのですが、

延々と継がれてきた街のにおいは

人出がいない時期にこそ充分に味わえるような


d0089009_15594079.jpg



気が勝手にしています。







次は

宿泊地に決めた 長野県 松本市で。

つづく。。。
























※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 
HP
3月/4月のスケジュール1月のお稽古風景をアップしました。
よろしかったら、ご覧になって下さい。
[PR]

by morimaman | 2010-02-01 16:11 | 日々の出来事 おでかけ | Comments(28)
Commented by yoko_mama at 2010-02-01 17:43
馬篭、妻籠・・・
お正月、この場所に行った記憶がよみがえってきました。
ここの道を私も歩いたわ~
このお土産屋さん、あったあった!
って一人で画像見ながら微笑んでしまいました(笑)
モリママさんは写真がお上手だから、全ての写真を見ながら友達と歩いた妻籠や馬篭の思い出に浸れました。
ありがとう。
Commented at 2010-02-01 17:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Saori at 2010-02-01 22:00 x
素敵なところですね、時代劇のセットの中みたい、、、と感じるところがすでに現代人でしょうか?
「嵐」が出てくる小説、、、笑いました。
でも私はその嵐のメンバーが誰なのかまったく分かりません(苦笑)
これも時の流れなのでしょうか、、、次々出てくる若い芸能人の人たち、まったく知らない人ばかりです。

こんな浮世離れした、、、タイムトリップしたような場所がまだまだ残っていることが何だか嬉しいです。
日本にもまだまだ見るべきところ、訪ねるべき場所はたくさんあるな、って思えて^^
松本では美味しいものにめぐり合ったのかしら?なんて気になってます。友人がそちらの方面に住んでいるのでいつか訪ねて行きたいと思ってるんです。
Commented by うきうき at 2010-02-01 22:41 x
素敵ですね。
いつか行ってみたいのですが、車でなくても歩けるのかな~と
こっそり思っています。
松本、どんなことをなさったのか、楽しみです。
Commented at 2010-02-02 07:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tsukiko-table at 2010-02-02 07:49
思い立ってさっと出かける・・・・・・このフットワークが羨ましいです。
そして、そのきっかけとなるのが藤村の詩の一節?なんてアカデミックなんでしょう~~~
木曽路、こちらからだとなかなか遠くて・・・・・
素敵な写真で行った気分を味あわせていただきます。
松本も楽しみです。
Commented at 2010-02-02 07:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by morimaman at 2010-02-02 22:17
yokoさん。
いえいえ、とんでもありません。
妄想の中を歩いたようなので、ちょっと画像が怪しくないですか?(笑

シーズンオフ、ってさびしいけど、いいなぁ、と思ってしまいました。
女友達との、散策もとても楽しそ♪
夫と二人’あっ、じゃま。’’あっ、はいっている’とか、邪魔くさい会話ばかりでした。
そういった意味で、思い返す度に、楽しい旅となりました。
Commented by morimaman at 2010-02-02 22:18
鍵コメ 2010-02-01 17:48さん。
ありがとうございました。
残念なのですが、、、あぁ、残念なのですが、、、
残念です。
Commented by morimaman at 2010-02-02 22:23
Saoriちゃん。
島崎藤村が、遥か向こうの作家になってしまっていて、、、やっぱり、読返そうかなんて思っています。
嵐のメンバー、、、知っています(笑
現代も過去も知識として、、、ふふふふ。

シーズンオフなので、こういった具合だったらしいのですが、オンタイムは、凄い人でらしいです。
そうなると、風情という点では、少し評価が下がるかも...
松本は、夫も私も気に入ったんですよ。次回をお楽しみに。。。
なんて、贅沢に思っています。
Commented by morimaman at 2010-02-02 22:26
うきうきさん。
娘が一人旅の本をよく見ていまして、、、はい、イラスト作家の方がご自分の一人旅を描かれているのですが、そのほんによると、馬籠から妻籠まで歩かれたらしいです.(大変だったとか)
でも、バスがあるので、時間を上手に使われたら行けると思います。

なかなか風情がありましたが、時期を選ばれていかれると、もっと素敵かな。
Commented by morimaman at 2010-02-02 22:31
鍵コメ 2010-02-02 07:11 さん。
えぇ!!けっこうハードだったんですね。私たちの時はもっと、
柔らかかったような、、、永平寺とか、金沢とか、、、
ゆっくりと散策をされるには、とてもいい場所だと思います。
私たちは車だったので、欲張りな遠出をしました。

そのうちゆっくりと廻られることと思います。

そちら伺いますね。
Commented by morimaman at 2010-02-02 22:37
月子さん。
きっかけは葛城ゆきさんという歌手が歌われた歌の一節で、
歩きながら思ったのは、島崎藤村の’夜明け前の’プロローグの一節、、な〜〜〜んてアカデミック(爆
やってることは妄想の一歩なんですけど。

20年ほど前に福岡から行った時、どうやって行ったかもう思い出せない、記憶力の低下を思い知った旅ともなりました。
まぁ、今度の旅は絶対に忘れないと思うので、、、

京都へ行くと、オールシーズン、オンタイムなのに、こういうところはシーズンがはっきりとしているんだぁ、と確認した次第です。でもしっかりと、楽しみました。
松本も。。。続く。。。
Commented by morimaman at 2010-02-02 22:38
鍵コメ 2010-02-02 07:51さん

ありがとうございます。
うれしくって、お返事をさせて頂きました。
Commented by my_studio at 2010-02-03 14:04
こんにちは~ リズム*です♪
私も秋に長男と思い立って妻籠へ行きました~^^
秋の紅葉のシーズンでも平日はガラーーン
(あ!長男は運動会の振り替えね^^)
木曽路は全て山の中である
私も浮かびましたよ~
わらでくるんでいるのは・・
秋には干し柿つくりでつっていた家のような気がします。
Commented by YAsapi at 2010-02-03 23:21
写真からはそう寒さを感じないのですが、
お寒くありませんでしたか?
ご夫婦でのご旅行。
うらやましいです…
島崎藤村も高校時代から読んでいません…
Commented by f-yayoi at 2010-02-04 08:03
木曽路ってどこかしらと真剣に悩んでしまう私、
当然のごとく島崎藤村も嵐もよんでおりません。(汗)

こういう旅籠の町、機会があれば歩いてみたいですね。
小さい頃近くに住んでるのに興味なかった吉井の白壁と同じ、
大人になったら、こんなしっとりした街並みが好きになりました。
Commented by ami-imanami at 2010-02-05 10:31
まだあげそめし前髪の・・・・
藤村を初めて読んだのは「初恋」でした。
ちょうど息子ぐらいの頃、家族3人で馬籠を訪れて
壁掛けを買ってもらったんです、初恋の前文が
書かれていたの。
それから作品は全部読んだのですが、あっああーー!
ターザンの雄たけびのように、そんな記憶はまるで読んで
なかったみたいに、無い(泣。。
お六櫛、今でも使っていまーす♪
で、岐阜の足跡は馬籠だけだったのですね。
つれないお方(笑)。
Commented by morimaman at 2010-02-05 22:30
リズムさん。
以前はあんなに人出があったのに、、、シーズンオフだからか、
でも、だんだんと人の足が遠のいて行ったのでしょうか。。。
私はひっそりと歩くのも大好きなので、楽しかったですが、、、

島崎藤村も、本当に遠ざかっているのでまた読んでみようかな。。。
これ干し柿ですよね。どこかの見知らぬ方が堂々と’玉ねぎ’とおっしゃっていたので、ここいらは干しタマネギを作るのか知らん、と思っちゃいました。(爆
Commented by morimaman at 2010-02-05 22:33
YAsapi さん。
寒かったです。
でも、二日遅れたら、雪に阻まれて、ここまで辿り着けなかったことを、思えば、ラッキーな旅でした。

久々のお出かけで、夫と一緒だと写真を撮りながらのテンポが
同じなので、気を遣うこともなく、、、’ちょっとどいてくれない’なんて、平気で言えるし。。。(笑

島崎藤村、眠れぬ夜のために、眠れる一冊になってくれそうなzzz
Commented by morimaman at 2010-02-05 22:35
yayoiさん。
岐阜から長野にかけて、しっとりとした昔の宿場町です。
本陣などもあり、かつては賑わったのでしょうね。
でも、本当に山の中で.山の中なのに、宿場町で人の行き交いがあり
文化が漂う街となったのでしょう...

吉井の街も、大好きです。
もう、ひな祭りが始まったのではないでしょうか。
Commented by morimaman at 2010-02-05 22:39
amiさん。
林檎の下に見えしとき、、、
私もかつては島崎藤村の詩に、憧れる文学少女でした。

でもね、小説は本当になんも記憶に残っとりません。きっと、枕になったのかも。。。
お六櫛も奈良井宿で、あんなに作られていたとは、、、今回初めて知りました。

’岐阜県に入りました’と、ナビさまがおっしゃった時に、’おぉ、amiちゃん!!’と思いました。
はい、、、思いました。。。♡
Commented at 2010-02-06 12:12
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by morimaman at 2010-02-08 08:17
鍵コメ 2010-02-06 12:12 さん。
そうなんです。。。
同じところで、お会いしたかったです♪

また、私も暖かくなりましたら、足を伸ばしたいと、、、
その時はよろしくお願いします。
お疲れがでませんように。
Commented at 2010-02-09 07:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by morimaman at 2010-02-09 23:12
鍵コメ 2010-02-09 07:15さん。
ありがとうございます♪
私もです。

メールをさせて頂きます♡
Commented at 2010-02-14 19:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by morimaman at 2010-02-20 20:46
鍵コメ 2010-02-14 19:01さん
お返事が遅くなりまして、申し訳ございません。
鍵さんの真っすぐな姿勢に、私も教えられることが多く、自分の姿勢を正しています。
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。


<< つづきの  松本      福岡 お教室のことやら 一人遊... >>