「ほっ」と。キャンペーン
2016年 05月 17日

台湾ツアーのこと 2016版




今年の台湾ツアーは

食べる/買う、、、も楽しいけれど

もっと

台湾に触れあう機会も企画したいと

morimaman'skitchen tour plannner の私は

思ったのです。


d0089009_12593164.jpg



本当はここにとても素敵な画像をアップしたかったのですが

みなさんのお顔(これぞ至福の時と、胡椒餅にかぶりつく図)が特定されそうなので

遠慮いたしました。

画像はホテル周辺の散歩の時に立ち寄った

カフェ’Smith & Hsu'のお茶のサンプルです。

お茶をオーダーするさいに

香り聴いて好きなものをお願いするシステムです。

このサンプルの小さな小さな茶缶がなんとも可愛いく

写真を撮らせていただきました。




今回は地方へ行かなかったので

その分ゆったりと台北とその近郊を楽しもう、、、と

思ったのですが、、、

やっぱり

忙しかったですね。


d0089009_1363449.jpg


以前から

ホテル周りの散策のときに

みなさんが好奇心いっぱいで

覗いていらしたここ。

確かに

素敵な日本統治下の建物で(病院だったらしいです)

私も何年も前から気になっていました。

クローズされていたり

なにかお店ができていたり

クローズされたり、、、

そこへ

リノベーションして生まれ変わったレストランが美味しいらしいとの

噂を聞きつけ

遅ればせながら行ったのが昨年のこと。

個人的ですが

台湾の友人たちと’台灣美食研究會’なるものを立ち上げて

意気揚々と行ったのです。

その時の感想と画像から

みなさんからの熱いリクエスト

’行きた〜い!!’

予約いたしました。












d0089009_13124570.jpg


これをしていただきたきたかったのよね。

からすみを丁寧にお酒にからめて

炭で炙って



d0089009_13135037.jpg


大根の薄切り/にんにくの葉の白いところと一緒にお盛り付け。

素材にもこだわってあるので

とても満足がいく一品でした。




d0089009_1315576.jpg


オードブルの盛り合わせ。

どれも

一手間も二手間もかけてあるものばかりです。

地鶏のスモークはサトウキビでスモークされたもの。

ありきたりの言い方ですが

素材の素晴らしさを際限なく生かした料理をされるお店だと

感じました。

そこに何かエッセンスを加えてあるのですけどね。

それを思い考えながらいただくのも

楽しい時間です。




d0089009_13194210.jpg





d0089009_13201970.jpg

これは後日

夫と娘のお誕生會をした時にオーダーしたもの。

塩釜かと思いきや、、、




d0089009_1321176.jpg


塩メレンゲで包まれていました。

この塩も美味しい。




というわけで

もちろん食とは切り離せないお教室ツアーです。

こちらは断然人数が多い方が

いろいろと食べられて楽しい。

台灣の平均値からしたら

お値段はいいお値段なのですが(日本にあったとしてもいいお値段。。。)

お料理の選び方や

オーダーの仕方で

切り抜けられるかもしれません。

まずは

台灣の宴会料理の流れを組むというお料理

お身内の方の故郷の味を懐かしむというお料理

を楽しみました。





d0089009_1354318.jpg


スウィーツの’芋呢’。

昨年宜蘭でいただいた郷土料理です。

芋頭のペーストとも申しましょうか。。。

素朴で美味しくて心に残る一品となりました。






同じ名前のこちらのデザートです。


d0089009_13482368.jpg


見かけはシンプルなのですが

唸るような味の仕掛けがありました。

こちらも

心に残る一品。





d0089009_1463450.jpg

[PR]

by morimaman | 2016-05-17 13:58 | 日々の出来事 台湾 | Comments(0)


<< みんなの願い      活動しております >>