今日は何にしよう?

morimaman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 08日

ひさしぶり  その3 そしておいしいものその1

 博多シリーズで、毎回トップを飾るこの明太子。

博多といえば、めんたいです。

d0089009_19362842.jpg


子どもの頃から、明太子は側にありました。辛くない明太子をさっと火であぶって、お弁当の中に入れたり、お昼の簡単なおかずとして食卓にあったりしました。

東京にきて、辛くない明太子をたらこと呼んでいることを知りました。
博多でのmorimamanの行きつけの明太子やさんは、甘口明太(からくないもの)・辛口明太・中辛明太・大辛とすべて明太子で統一。量り売りの昔ながらの明太子やさんです。





今回は、行きつけのお店が定休日だったため、友人お薦めの明太子を買いました。
その名も、

あごおとし

博多では。とてもおいしいさまを、ほっぺが落ちそう!と言わずに、’あごが落ちそう!’と言うのです。
そこで、あごおとし
あごをおとしてしまうほど、旨いんだぞぉと言うメーカーの意気込みでしょうか。

d0089009_1947550.jpg


帰郷するたびに、明太子のメーカーが増えています。
同じメーカーの明太でも、東京で買うより、博多で買ったもののほうがおいしいと思うのは、気のせいかしら?





魚がおいしい博多です。
秋から冬にかけて帰る、というよりこの時期に帰りたいのには訳があります。



ゴマ鯖を頂きたいのです。
鯖のお刺身をわさびを溶き入れたお醤油とゴマで和えます。
鯖のお刺身は、九州以外ではちょっと考えられないかもしれませんが、この時期の鯖は脂がのって、身もしっかりとして、とてもおいしいのです。
子どもの頃からの大好物です。
ゴマ鯖ををあたたかいご飯にのせていただく至福のとき、、、

d0089009_1956029.jpg

写真を見ると、また食べたい、、、
博多時代は、鯖を1本買ってきて、自分で捌いて半身お刺身、半身お煮付けや味噌煮とかにしていました。
今は捌いても、すべてお煮付か味噌煮です。
刺身用といってもどこか違う。
基準とするものが厳しい博多生まれのmorimamanです。


d0089009_2074627.jpg






でたぁー!
この目は、
d0089009_20122051.jpg

いかです。


d0089009_20144393.jpg


身が透き通ったきれいないかでしたが、何か目がうらめしそうで、、、
ハサミはいかの足はをいただくときにチョキチョキするものです。
今回は、身以外、足・エンペラを天ぷらにしていただいて、完食いたしました。
甘みがあって、これもまた絶品のお味で大満足。


          おいしい魚、ごちそうさまでした。
[PR]

by morimaman | 2006-11-08 20:33 | 博多 | Comments(6)
Commented by miyu at 2006-11-09 17:05 x
morimamanさんはご夫婦で博多生まれなんですね♪
大学の仲良しが福岡の大野城にいたり、最近博多生まれや在住の方と知り合う機会が多いわたしです。
あごがおちそう!って言うんですね!!なんだか面白いですね♪
明太子、我が家も最近、お隣さんから博多土産でいただきました。
今夜はたらもサラダにする予定・・・(邪道ですか?)
それにしても鯖がおいしそう!食べたいです!!
Commented by morimaman at 2006-11-09 22:30
miyuさん。
そうなんです。我が家は、東京の little 博多でございます。
’あごがおちそう’という発音ではなく’あごがおちるごたぁ’と言います。もう、こんな博多弁を知っている人も少なくなったと思います。
miyuさんの台湾の写真拝見しました。間近にせまった台湾旅行が、ほんとにほんとに待ち遠しい!(すぐ、そこなのに)
Commented by ymomen at 2006-11-10 19:55
こちらではいただけないものばかりで、切ない・・・。大分の関鯖も絶品です。ゴマ鯖というのは、初めて聞きました。おいしそうー。”あごがおちるごたぁ”という言い方、わたしのいなかでもしますよ。明太子の写真、おいしそうでおいしそうで・・・
Commented at 2006-11-10 19:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by morimaman at 2006-11-10 21:45
momenさん。
大分でも同じ言い方をするのですね。やはり、お隣さんです。
関鯖には負けるかもしれませんが、ゴマ鯖はスタイルのいいスリムな鯖です。おいしいですよ。
鯖といい、明太子といい、本当に空輸できないものばかりですね。帰国されるときはご連絡ください。お薦めリストを書かせて頂きます。
Commented by morimaman at 2006-11-10 21:46
鍵さま。
大丈夫でございます。
私なんかそれはもう、しょっちゅうでございます。(・∩・)/


<< ひさしぶり  その4 そしてお...      ひさしぶり  その2 >>