今日は何にしよう?

morimaman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 18日

おもてなし その2 スウィーツ

お客様のリクエストに応えて

d0089009_1635411.jpg


morimamanのバナナケーキが食べたいと、うれしいリクエスト。

でもね、これだけのバターとお砂糖がはいります。






何がおきたのか、、、

d0089009_1645057.jpg


バナナをスライスしてフランベします。
覚悟を決めて火をいれるのですが、いざ’ぼぉっ!!’っと火がはいると、驚きます。というより、
かなり恐いです。



d0089009_14332383.jpg


プレーンな生地とキャラメルを入れた生地の2種類を作ります。バナナは先程のようにフランベして、すこしお砂糖をふって、キャラメリゼに。

この材料で、マーブルにした生地と生地の間にバナナををいれて焼くというサンドウィッチケーキです。
バナナの風味が大好きな方には、たまらないバナナっとしたケーキです。



d0089009_14383054.jpg


一つはお持ち帰り用に。



d0089009_14391746.jpg


タルト台を、前日に用意して、これまたリクエストに応えて、一つはキッシュに。(その1の表紙の奥の方にある、焦げたシロモノ)
もうひとつは、以前作ったリンゴのフィリングを解凍させて、アップルタルトに。



d0089009_14421435.jpg


バタバタしながら作ったら、少し焦がしました。でも、お味は最高(だと、思うことに、、、)

こうやって作ったのに、お皿に切り分けてから写真を撮る、、、ことも忘れて、ぱくっ!
写真を撮ることより、笑って、笑って、お話をしながら食べることのほうがもっと楽しかった瞬間だったからかもしれません。(でも写真、、、と後悔もしています)




明日に旅を控えた今日。無性にスコーンが焼きたくなりました。
なぜって、
刺しゅうの笹尾 多恵先生のご友人、アンティークの小関 由美先生のご本
  ’イギリスでお茶を’を読んで、クロテッドクリームを作ったため。

湯煎で2時間、一晩冷蔵庫で放置。




d0089009_1532361.jpg


1リットルの47%生クリームから、このくらいできました。



で、お味見をしたくて、スコーンを作ったのです。

d0089009_1555844.jpg


オオカミの口が開いたのではなく、頭が割れたようです、、、



d0089009_157914.jpg

二つにして、ジャムとクロテッドクリームをのせれば、フツーのスコーンです。

忙しい中ではありましたが、自家製のクロテッドクリームでスコーンをいただくという欲求が満たされて満足です。




ある日のごはん
d0089009_1514215.jpgかきのたきこみごはん
お米   3cup
かき   300g  くらい(むき身で)

かきを煮る出汁
①しょうゆ 大3
②酒       大2と2/1
③塩       小1/6

お米は洗ってざるにあげてから、下記の準備をして下さい。


・かきは多めの塩で洗います。(ざるの中に入れ、ざるを振りながら塩で洗うようなかんじにする。水は使いません。)
・真水で、良く洗います。かきのひだの間の塩をとるように。
・ボールにかきを入れ、酒を大2、かきに振りかけて10分ほど置きます。
・鍋にかきを煮る出汁をいれて沸かし、そこへ酒を切ったかきと千切りの生姜をいれて煎ります。
軽く1〜2分で、だし汁を漉し、かきはざるに打ち上げます。
かきを煎った出汁 + 水 cc = 690 ccになるように水の量を計算します。これはカップが200ccの場合。180ccだったら621ccとなります。(お米と同量のカップ数×1.15)
・この水量でお米を炊き、炊きあがり10分前ほどにかきを入れて炊きあげます。
・小さくなったかきがお好きな方、または炊飯器の都合上炊きあがる前に蓋を開けられない方は始めから入れて炊かれるか、かきに火はとおていますので、最後に入れられるかお好きな方で。







d0089009_1543795.jpg


では、行ってきます。
一週間、お休みしますがパワーアップして帰ってきますので、また、よろしくお願いします。
[PR]

by morimaman | 2006-11-18 16:13 | お料理・お菓子 | Comments(8)
Commented by pandamama at 2006-11-18 17:12 x
またまた美味しそうな画像が目の毒です。

楽しみにしていた旅行ですよね(・。・)
たくさん楽しんできて下さい。
楽しいお写真お待ちしていますので
気をつけていってらっしゃい!!
Commented by hiro-schon at 2006-11-18 18:07
クロテッドクリームをご自分でお作りなるなんて、すごいです!!
ディヴォンシャーの牧場でクロテッドクリームの製造過程を見学した際、
これは、自分で作るのはやめようと思った自分が恥ずかしいです。
美味しさの為には、手間を惜しんではいけませんね。
Commented by morimaman at 2006-11-18 21:02
pandamamaさん。
やっと来ましたこの日が。あわわ、言っていましたものね。
バナナケーキ、こんど試食してくださいね。
(’。’)/
では、行ってまいります。
Commented by morimaman at 2006-11-18 21:05
hiro-schonさん。
作ったというより、湯煎しただけです。(ながらで、できます、)
でも、やはりデヴォンシャークリームのように濃い黄色はのぞめませんでした。
あの、濃厚な味が恋しいです。
Commented by ymomen at 2006-11-19 09:33
え~!、クロテッド・クリームが家で作れるんですか?
わたしも作ってみたいです!
わたしもたったいま、バナナケーキの記事で更新したばかりなんです。
いってらっしゃい。
Commented at 2006-11-23 09:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by morimaman at 2006-11-24 19:17
momenさん。
ただいま。
アメリカのほうが、成分が濃いミルクがありそうなのでクロッテドクリームを作りやすいかもしれません。
わたしは、日本では一番濃度があるかと思う47%の生クリームを湯煎にかけ2時間〜3時間。それを一晩冷蔵庫に寝かせると明くる日上澄みが固まっています。それがクロテッドクリームです。
簡単です。作られたら、また、アップして下さいませ。
Commented by morimaman at 2006-11-24 19:21
yuyutokyoさん。
ご結婚、おめでとうございます。そして、ただいま。
台湾はとても、涼しくてびっくりしました。
でも、人は相変わらず熱く、今回もとても楽しかったです。
写真を整理中なので、もうすぐアップします。yuyutokyouさんのよくご存じのシーンがありますかしら?


<< 我們去臺灣了  私たちは台湾に...      おもてなし  その1 >>