今日は何にしよう?

morimaman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 05日

お正月  おせちその2 我が家の

お正月のおせちを、毎年大変だなぁと思いつつも、疲れてヘロヘロになりつつも、作るのにはmorimamanなりの想いがあるからです。



d0089009_20215246.jpg


日本の文化といえば大げさになりますが、文化の伝承は、できる限りしたいと思っています。
季節季節で味わうことのできるもの、morimamanにできることは食だけですが、子ども達に

’うちの母親は、こうやって節目節目を食べさせてくれたなぁ’
 
と覚えててくれたら、それが私にとって一番の幸せかなと、、、






d0089009_20284521.jpg


おせち?

いいえ、これはmoripapaの実家に伝わる味です。
大晦日からお正月三が日にかけて頂きます。一日中なんとなくつまんでいます。
morimamanはこれになかなか馴染めず、毎年ブチ切れ(すみませんお行儀の悪い言葉で)寸前で作っていました。
おせちを作り終わってぜ〜ぜ〜言っているのに

’あれ、巻きずしは?’

と、脳天気にmoripapaから指摘されるものですから、

’今から作ろうと思っています。’

と力をこめていう毎年暮れ。

morimamanも、心のどこかで
’大変だね、もう今年はいいよ’
という言葉を期待して、ぜ〜ぜ〜いいながら最後まで仕事をとっているのですけどね、敵もさるもの、絶対に言いません。それどころか、山姥の形相のmorimamanの写真まで撮る始末です。

子どもは毎年暮れのこのバトルにあきれ果て、
’papa学習しなさい。’
’mamaももう、あきらめなさい。’
と諭されます。

でも、今年は、子どもたちから、
’太巻きが我が家のおせちの顔だから’
と初めて、morimamanのお誕生日に言われ、また作りました。
moripapaとバトルを交わすことなく。
心なしか、いつもより良い出来のように見えます。




d0089009_20441313.jpg


新しいメニューも加えます。
鴨をスモークして、ブルスケッタのように茸・トマトをマリネしたものの上に鴨スモークを載せ、生クリームにホースラディッシュを混ぜ合わせたホイップをトッピングしています。

好評だったので、また来年登場します。



 
我が家は我が家ならではの、また、地方は地方ならではのおせちがあるものです。
d0089009_20493978.jpg


d0089009_2050422.jpg



これは赤貝を甘辛く炊いたものです。
以前にいただいて、このようなおせちがあるという好奇心と、その味のおいしさに虜になりました。
以来、寝言のように言っていたら、お正月元旦に大切な友人が送ってくれました。

彼女のご実家のお母様が作って下さいました。お母様が作られるそばから彼女が冷まして詰めてくれたそうです。とても、おいしく、大事に大事にmoripapaといただきました。
 
うれしい年度初めの日。

これは、山陰出雲のお正月の味です。




d0089009_2131090.jpg

多くの人がいろいろな思いが詰まったおせちを作ったり、頂いたりされたことでしょう。
お正月、こうやってちょっと過ぎただけで、すでにもう随分前の様な気もします。
不思議、、、

来年は台湾でお正月を迎えようか、とmoripapaが言いました。優しい心、、、、、
いや、おせち騒動に巻き込まれたくないだけかもしれぬ、、、

[PR]

by morimaman | 2007-01-05 21:19 | 歳時記 | Comments(8)
Commented by Saori at 2007-01-05 22:06 x
面白いですね。地方によって、その家によってそれぞれのお節や味があるんですね。
私もお正月になるとやはり実家の母が作るおせち料理が恋しくなります。
家にいた頃は「またこれか~」なんて思ったりもしましたが、お正月を実家で迎えることができない今は懐かしくてたまりません。
きっとmorimamanさんのお子さんたちも家を離れる時がきたらそんな風に思うかもしれませんね。

台湾ってお正月はどんな風に過ごすんでしょう。
中国のお正月は旧正月なので、1月1日は何もしないんでしょうか!?
ちょっと興味がありますね。来年のお正月、もし台湾で過ごされるようでしたら・・・ぜひレポートして欲しいです♪
Commented by morimaman at 2007-01-05 23:20
Saoriさん。
本当にもしろいですね。
お料理研究家の方が日本全国のお雑煮を調べてあったのですが、本当に都府県でいろいろあって、それに各家庭があって、、、
自分ちの味って確かにありますね。

台湾も旧正月がとても賑やかで、旅行者はなにもないから注意などと言われるくらいです。
でも一度、旧正月に行ってみたい気もします。
Commented by ymomen at 2007-01-06 00:37
赤貝は、殻ごと甘辛く炊くというのが、ふしぎな感じですね。
巻き寿司、わたしの慕っているひとが近くに住んでいたとき、よく作ってくれていたのを思い出します。
こちらでも、アメリカに来る前の出身のお国の料理を、七面鳥のほかにお祝いの席に作ることってあるんですよ。うちの場合は義母方のシリアの、スタッフト・グレープリーブズです。葡萄の葉に肉とお米を葉巻状に包んだ料理で、おいしいんですよ。
morimamanさんが、ご自分のことを山姥の形相、なんておっしゃるのがおかしくて、笑ってしまいます。
Commented by morimaman at 2007-01-06 08:41
momenさん。
お義母さまから伝わったというスタッフト・グレープリーブス、ほんとうにおいしそうですね。やはり、炭水化物系のお料理にはそそられるものがあります。
いつか、momenさんのブログで紹介して下さい。

>>ご自分のことを山姥の形相
ほんとうに、非公開で公開したいくらい、髪振り乱して、険しい顔をして、一瞬で没にしたいほど、凄いものです。
Commented by kenmamay at 2007-01-07 02:07
季節季節で味わうことのできるもの、伝えていきたいですね。

もう亡くなりましたが祖母が作ったちらし寿司は今でもよく覚えてます。
おばあちゃんが作ったちらし寿司は食べることができませんが、また食べてみたいって思います。
だからmorimamanさんのお料理もずーっと覚えていらっしゃると思います。
お節にまき寿司に大変ですががんばってくださいね。
でもこれってmoripapaさんのご家庭だけの習慣なんですか?


Commented by morimaman at 2007-01-07 10:25
kenmamayさん。
ほんとうに、自分と家族に伝えられた味ってありますよね。
主人にとっては、母の味、私がやっても同じ味にはならないと思いますが、子ども達にとっては我が家のおせちの味として伝えられていくのではないかと、、、思います。

私の周りでは(狭い!)巻き寿司がおせちに登場とはあまり聞かないので、主人の実家だけだと思います。毎年、’今年も巻き寿司頑張って!’と会社の友人から言われます。
Commented by suu-life at 2007-01-07 23:10
巻き寿司が美味しそうですね。
先日、お雑煮を作っていたら息子が作り方を教えて欲しいと覗いてきました。
この味は本にも載ってないからねって、
お世辞を言ってと思ったらホントにお雑煮を作って食べさせてくれました。
いつもお節料理をちゃんと作らないので我が家の味はお雑煮のようです。(汗)
Commented by morimaman at 2007-01-08 00:09
suuさん。
うちの息子は、まだ見ぬ(というか影も形もない)お嫁さんには、うちのがめ煮とお雑煮は覚えて欲しいと戯言を言っています。
suuさんの息子さん、本当にお母様のお雑煮をお好きなのですね。作って食べさせて下さるとは、、、爪のアカを下さい。


<< 七草粥      お正月 おせちその1 >>