2007年 03月 04日

お食事会

金曜日のアフター5、お食事会へ。

今回は、懐石のお教室でご一緒している三十路のお嬢さん方。



d0089009_20511311.jpg




彼女たちとお話しするたびに、思うのは

知的
自分というものが、きちんとある。
自分で大地に足をつけている。
思いやりがある。
健康

ここまで、そろっている素敵な彼女たちです。



今回のテーマは、





これからの私たち






一応私も仲間に入れて頂いて、お話し合いに。






先ずは、飲み物を。
私はアルコールに弱いので、ちび、、、り、ちび、、、り、できるお酒を。

父の故郷のお酒、

芋焼酎’萬膳’。

d0089009_20563514.jpg



お話、写真、お酒、写真、お料理、写真、、、

’先にどうぞ、どうぞ’

と、写真。






・すっぽん雑炊の茶碗蒸し
  焼き餅  生姜餡

d0089009_2101431.jpg








・筍の挟み揚げ
  細巻海老真丈  たら芽


d0089009_2132582.jpg



お塩で頂きます。






・河豚のたたきと鴨頭葱和え物
   胡麻たれ  削り節

d0089009_2163144.jpg



東京で河豚は本当に頂かなくなりました。いちど頂きましたが、こちらは本場博多の出身、許せませんでした。
あのお値段で、あの河豚。



今回は、さっとあぶった身と、ねっとり白子をこれもまたさっとあぶったもの、、、

 


おいしゅうございました









椀物
・髭鱈と伏見豆腐のお椀
   おぼろ昆布  打ち葱

d0089009_21111364.jpg








・旬のお造り合わせ
    この日はヤリイカと、ほうぼうとひらめ、、、だったかな。




おいしゅうございました




d0089009_2114874.jpg





口替わり

自家製こんにゃく刺し
京菊菜の和え物

d0089009_21161929.jpg


d0089009_2116348.jpg




この後の主菜は7種類のメニューから選ぶもの。

のどぐろ(赤むつ)の焼き物・鴨ロース、そして私は比内地鶏の焼き物を選びました。

d0089009_21184689.jpg







d0089009_21201231.jpg
最後のごはんは、稲庭うどん、炊きこみごはんの中から選べます。
わたしたちは、この日の旬の炊き込みごはんを選択しました。



d0089009_21205028.jpg



最後はデザート。

デコポンとバニラアイスクリーム、又はわらび餅。




d0089009_21221723.jpg


d0089009_21223634.jpg





今日もまた食べてしまった。必要以上のカロリーの摂取。
身体は限りなく省エネなのに、燃料だけは溢れるほどに入れてしまっています。


でも、おいしいものの前には、脳が命令します。



’いただいちゃいなさい!!’



’は〜い!!’








このお店は、やはり懐石でご一緒している方から教えていただきました。

おいしいと感嘆しながらも、こうやって作るのよねと行程を話し合う、私たち、、、
囁きながらだから、聞こえないと思うけど、殆ど職業病みたいな反応を示してしまいます。

私たちの話し合いは、おいしいお料理と共に、進んでいきました。







お稽古を続けるか、どうするか?





それを話し合っていました。
結構、これが私たちには重要なことなのです。
3人とも、5年以上続けているお稽古なのですから、、、


ちょっと、休んでみましょうか。









d0089009_2136018.jpg

住所  渋谷区恵比寿西1-4-2川田ビル地下2階
                        電話  03-5458-5522
                        定休  日曜・祭日
                        営業時間    17:00〜23:00  
[PR]

by morimaman | 2007-03-04 21:50 | 日々の出来事 | Comments(18)
Commented by miyu at 2007-03-04 22:10 x
すてきなお食事会ですね!
どの料理も美味しそうです、とても。。
わたしも参加させていただいて、色々人生について教えていただきたいものです・・・。
わたしも、つい、外食すると、「これ、どうやって作ってあるんだろう?」「何で調味してあるんだろう??」とついつい考えたり、つぶやいてしまいます。
Commented by kadoorie-ave at 2007-03-04 22:56
しっとりと落ち着いた、おいしそうな料理の数々。必要以上のカロリー摂取といっても、これは心への栄養なのではないかと。。。ウットリしてしまいました。
Commented by ymomen at 2007-03-05 00:10
そんなにカロリー、ないのではないでしょうか?
どれも、品良く、ちょっぴり、ですもの。
美しいですね。
どの皿も。
三十歳だったのは、つい先日、と思っていたのに。
時は流れていきますね。
最初の焼餅に生姜餡、というのは?
雑炊の茶碗蒸しに入っているってことはないですよね。
生姜に目がないので、気になりました。
どんなものなのだろう、と。
Commented by morimaman at 2007-03-05 20:54
miyuさん。
お教えするなんて、とんでもないです。
一緒に悩んでいます。
彼女たちの方がうんと大人だなぁ、と思うこともたくさんあります。
私は、幾分子供じみた大人、、、かも。

本当に、結構家で作ってみようと、思いますね。
だから、どこに行ってもつい分析しています。
Commented by morimaman at 2007-03-05 21:00
小野寺さま。
ありがとうございます。
おなか一杯になっても、まだ、食べるのか状態で、デザートを頂きました。腹八分がとても難しいです。

心の栄養は、確かに頂きました。好きな人たちと、おいしいお料理。恵まれています。
ちょっと、こんな時小野寺様のように素敵な絵が描けたらいいのにと、思ってしまいます。

これからもよろしくお願いします。
Commented by morimaman at 2007-03-05 21:09
momenさん。
ここの、お料理は目にもおいしいです。帰国された折に機会があられたら、お薦めします。
茶碗蒸しはスッポンのスープで炊いた雑炊に、卵液をいれてその中に親指ほどのお餅がはいっています。それを蒸して、多分本づゆに溶いた葛粉をいれてとろみをつけ、露生姜を垂らしたものを、茶碗蒸しにはったと、思います。
お正月のお料理のアレンジで、卵雑炊にお餅を入れたものがあります。
momenさんは、お餅はお好きですか。
三十路のお嬢さんとあえて、書いてしまいましたが、私の30代と比べると、はるかに大人ではるかに人生に対して真剣で、眩しく思いました。
Commented by f-cafe at 2007-03-05 23:22
まあ、懐石料理を習ってらっしゃるんですか?
それも5年以上。
すてき ステキ 素敵!
わたし、和食は得意ではないけれど、和懐石(食べるのが)大好きなので
いつか自分でもマスターしたいなと思ってるんです。
けど、福岡にはそんなお教室はございませんの。
ここらへん、やっぱり地方ですよねー
とても上品な品々。和の空間で和食をいただくと背筋が伸びる気がします。
Commented by f-yayoi at 2007-03-06 04:45
在英の身には目にもまぶしいお料理の数々でございます。
私は大体、「これなに?」なんて素材すら分からず食べている若輩者ですが、懐石料理を習われていると習われているで、どうやって作ってあるのか、どうやってした処理してあるのか、味付けはどうかとかって、必要以上に気になってしまっうものかもしれませんね。

継続は力なりといいますが、習い事が5年も続くってすごいです。
私は仕事にしろなんにしろ、3年が限界ですので。(苦笑)

遅ればせながら、リンクありがとうございます。
こちらからもリンクさせていただいてよろしいでしょうか。
Commented by morimaman at 2007-03-06 07:39
ゆみちんさん。
なんかねぇ、5年以上ですよ。そのわりには、進歩したか、、、?
仕事後、老骨にむち打って立ちっぱなしで、実習しております。
楽しいのですが、それなりに悩みもございまして、、、

こうやって、おいしい物を頂きながら気持ちをメジャーにもっておいっております。
なんてね。

博多帰ったら、お教室をするのが夢だったのですが、、、難しいですよね、懐石。
おいしいモン巡りでおわりそ〜や〜!
Commented by 讃岐おばさん at 2007-03-06 07:40 x
お料理もいいですが、器も素敵!
懐石料理はゆったりとした気持ちがないといただけませんよね。
5年も習っているとは驚きです!
食べる事と作る事を連携されるって素晴らしいですー。
Commented by morimaman at 2007-03-06 07:44
弥生さん。
あまりにも調和がとれていて、みんなにはわかる調味料が、私にはわからない、、、間々あります。
ようするに、おいしいければ良い!!
和食は、炊く・煮る・蒸す・茹でる、調味全てに細かい神経が行き届いて、ちょっと芸術的ですよね。

帰国されましたおりには、是非堪能されてください。
それまでは、目に毒攻撃をさせて頂きます。

リンク、ありがとうございます。とても、うれしいです。
Commented by Saori at 2007-03-06 07:47 x
どれもとても美味しそうなお料理ですね~
美味しい物を食べると、お友達との会話もはずみませんか?
やっぱり日本のお料理ってとても繊細ですよね。
先日こちらのTVで有名なシェフが日本の懐石を勉強しに行っていたのですが、やはりキーポイントは盛り付け、だそうです。
お懐石の盛り付けはアート!と言っていました。
私も本当にそう思います。
Commented by morimaman at 2007-03-06 21:38
讃岐おばさん。
本当に習い続けているだけで、、、結構凝ってしまう性格で、ボビンレースやパッチワークなぞ、10年は習いましたよ。(と、長さだけは威張れる)

お茶事での懐石が究極なのですが、なかなか到達できません。まぁ、頂くだけの方が気が楽です。

追記:元宵節、来年は行きたいですね。
Commented by morimaman at 2007-03-06 21:44
Saoriさん。
おいしいものを仲の良い方達といただくと、いっそうおいしくなりますね。

盛りつけは、確かに難しいです。料理法と素材で器を選び、いろどり、切り方、、、
家ではど〜んと置いてしまうのですが、日々精進。頑張らねば、、

先生のお手本は、それはそれは美しいです。
椀物は必ず目で頂いてから、と言われます。目においしいこと。重要ですね。
まだまだその域には達していないのですが、、、
Commented by suu-life at 2007-03-07 00:34
やはりmarimamanさんにパンを送るのは無謀だと分かりました。(爆)
私が習いに行かさせて頂きます。へへっ~(ひれ伏す)
marimamanさん、色んな習い事を究めていらっしゃるんですね。
是非、ブログで紹介して下さいね。楽しみにしています。
Commented by morimaman at 2007-03-07 07:29
suuさん。
パン、ほしいなぁ、、、(願)

別名お稽古の女王と呼ばれております。(一体ドンだけ習い事をしているのやら)
ただただ習うことが好きなので、よって上達は、、、

でも、今年はリセットの年と決めているので、身軽になって、来年からは中国語を本格的に始めたいと思っています。(って、やっぱり習い事!)
Commented by kenmamay at 2007-03-07 17:16
懐石も習っていらっしゃったのですね。
しかも5年。
なんでもこなされてすごいです。
他にはどんなものをされていたんでしょう。
またブログで紹介してください。
Commented by morimaman at 2007-03-07 19:57
kenmamayさん。
おそろしいです、私のお稽古歴。お月謝が果てしなく流れていきました。家が建ったかも、、、ナンテ、嘘ですが。

こなしておりませんです。何となく中途半端に終わったような。要するに、趣味の域で止まりました。
一つくらいものにしないと、家族に夫に申し訳ありません、、、です。(涙、、、嘘泣き)


<< おけいこ      出会うということ >>