今日は何にしよう?

morimaman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 28日

二人で小吃

二人だけの台湾での日。





この日、moripapaは念願の駅弁を、頂きました。

d0089009_21442012.jpg






駅弁は、台北駅構内で売っています。

日本のJR駅構内のお弁当売り場のように、何種類もお弁当があるわけではなく、これ一品のみ。
予約をすれば、ステンレスの2段のお弁当を、買うこともできたようです。



d0089009_21482582.jpg


ダイナミックなおかずが、ごはんの上に、で〜んと載っています。
日本の、チマチマとした美しさのある幕の内とは、大きく違っています。

全てが、お醤油色。
まずは、メインが豚肉です。甘辛い味付けで、なかなかおいしいもの。(排骨便當)
豚肉と同じ色の、豚肉かと見まがうもの、揚げ、、、そう、おいなりさんのような大きな揚げです。
それと、煮卵。

おかずの味がしみたごはん、おいしかったです。
自分でお弁当を作るときは、おかずの汁などが染みださないようにしたり、またおかずとごはんを決して密着させたりはしないのですが、ところ変われば、、、

なかなか美味しいではありませんか。



d0089009_21571629.jpg


このように、駅構内でお便當売りやさんも、

’便當(お弁当の意)’’便當’と、声を上げて売っています。(発音も、べんたんと聞こえます)
なつかしいですね。




小さな街でも、美味しい小吃探しに余念がありません。
九份への玄関口瑞芳の駅前をちょっとブラブラとしてみました。
見つけた!!!


d0089009_2158503.jpg




d0089009_2231692.jpg


d0089009_2233412.jpg

胡椒餅



もちもちとしたパン生地のようなもので包まれた中から、ピリリっと胡椒がきいた豚肉餡がごろごろと出て来ます。

私の大好物です。

肉餡といったら、豚まん、としか浮かばなかった私たちにとって、この胡椒餅との出会いは、衝撃的といってもいいくらいのものでした。

熱い焼きたても胡椒餅を、ハフハフといいながら頂く幸せ、、、



d0089009_2295237.jpg


胡椒餅は、お掃除をしてあるこの釜の内側に、これを貼り付けて、焼きます。
こちらのお店のは、ちょっと白っぽい焼き上がりのようです。

1個いただくと、おなかがいっぱいになるほど、みっちりぎっちりと肉餡が詰まった小吃。




d0089009_22121594.jpg



こちらは、牡蛎のオムレツ。
牡蛎は恐くて、頂くことはしなかったのですが、2年前に初めて口にして、、

’おいしい〜’

上にかけられたソースもとてもいいお味です。
ちょっとお好み焼きのように作られる、牡蛎のオムレツ。これも、毎回私たちが頂く、台湾食の一つ。



d0089009_22155611.jpg


こんなに雑然とした、屋内の屋台といった建物の中に美味しいものやさんがつまっています。
食事をする人たちのなかで、子どもがこのように自転車で遊び回っている、気楽なところ。






台北へ戻りましょう。

d0089009_22184161.jpg







そして、この日の夜は台湾旅行中の博多の友人と会食。
この友人もまた、私たちと台湾旅行をしたことがあります。
今回偶然にも、旅行の日程が一部重なり、一緒に食事をすることになったのです。

博多に帰ってもなかなか会うことができないのに、台湾でデート!

d0089009_22195098.jpg



佛跳スープ

これを飲まれたお釈迦様が、あまりのおいしさに飛び上がった、、、とか。

いろいろな具材が入っています。
筍・しいたけ・なまこ・あわび・etc.
これを何時間もかけて、スープにしたもの。なので、中の具材には、あまり味はありませんでした。
スープは、濃厚でした。ほんとうに、いろいろなものがはいっていると、一口飲んだら解ります。

私は、、、鶏のスープの方が好きかも、、、、





d0089009_22294669.jpg






友人と食後、夜市へでかけました。
お腹が一杯で何もはいらないと言っていたにもかかわらず、ベツバラのものを、、、、


d0089009_22311424.jpg



芒菓雪片

ミルク氷をかいて、マンゴを載せ練乳をたっぷりとかけたもの。
ミルク氷なので、ふわふわの口溶けで、まさしく、雪ってこんな風に口に入れたら溶けていくのだろうなぁと、思った次第、、、



もう、本当にパンパンになったお腹を抱えて、フラフラと士林の夜市を散策。
いつまでも夜が明けないかのような賑わいを見せています。

この夜も
’警察がきたぞ〜’の連絡をうけ、不法出店者は、あっという間にいなくなります。
そして、あっという間に、ぞろぞろとでてきます。

きっと、わかっていて、取り締まり、わかっていて出店している、台湾らしい役回り。

d0089009_22413222.jpg


こうやって、綺麗に並べては、また、ささっと服を包んでどこかに隠れ、出て来ては並べるという、、、

おつかれさま、、、、











d0089009_22572620.jpg



moripapaと二人も楽しいけど、やっぱり誰かと一緒も、とても楽しい。
というわけで、
またまた、遠足へと行ってまいりました。
[PR]

by morimaman | 2007-05-28 23:10 | 台湾 | Comments(26)
Commented by ymomen at 2007-05-28 23:17
またおいしそうなものばかり。
お弁当、気取ってないのがいいですね。

胡椒餅、作れるものですか?
今起きたばかりで、とてもおなかがすいています。
どれもこれもいただきたい。
練乳のかき氷も・・・。
もう、ぜったい、いつか台湾、ご一緒させてくださいね。

Commented by 讃岐おばさん at 2007-05-28 23:18 x
瑞芳の胡椒餅、美味しいでしょ、私はここのが一番好きかも。

佛跳スープをはじめていただいた時には、疲れていた目がシャンとしました。
いろんな体にいい具材が入っているから。
これはどこのお店でしょう?
Commented by Saori at 2007-05-28 23:34 x
どれもこれも初めて見るものばかりで、興味深々です。
お弁当、ダイナミックですね。でもこのダイナミックさが美味しさの秘訣なのかも。電車の中で食べるお弁当ってなんだか特別に美味しく感じるのは何でなのでしょう!?
スープや胡椒餅、牡蠣のオムレツ、どれも食べてみたいな~と思ったのですが、一番今、食べたい!と思ったのがデザート!
雪のような口どけの練乳カキ氷・・・夢のようですね~・・・もうすでに妄想が入ってます(笑)
Commented by miyu at 2007-05-28 23:50 x
わたしも台北駅構内にある弁当屋さん、気になってたんですよね。
今度買ってみようかな。とはいえ、ほんとに少食なので、そこが問題。食べたいものだらけで、胃の許容量が足りないです(笑)
瑞芳の月台でひびく”便當”の声、今でも耳に残っています。
女性が高い、独特なイントネーションで声を張り上げていました。
既に懐かしいです。
胡椒餅、おいしいですね!!ほんとに。
Commented by hiro-schon at 2007-05-29 00:07
台湾にこんな駅弁があるなんて、知りませんでした。食べてみたいです!
それにお弁当売りの声が響くなんて、旅の情緒満載ですね。
芒菓雪片、とても気になります。
Commented by kenmamay at 2007-05-29 00:50
どれも美味しそうです。
駅弁は大胆ですね。日本の視覚からと言うのとはだいぶ違うけどおかずの味がしみ込んだご飯も美味しそうです。
Commented by 高兄 at 2007-05-29 07:22 x
morimamanさん達と共に、また台湾1日旅行気分にひたれました。
ほんま、愉しそうですね。
おおきにです。

私も台北駅で、お弁当買った事ありますが、この「煮卵」が大好きです。
Commented by morimaman at 2007-05-30 00:00
momenさん。
本当に気どらないお弁当です。お弁当のことを台湾語(北京語ではない)でも’べんたん’と言います。
駅にいると、子どもの頃の駅の光景が目に浮かびます。

胡椒餅、作り方が書いてある本があります。近いうちにお教えしますね。
でも、釜などは家ではないのでフライパンで焼いてあります。

胡椒餅は、日本いて溜まらなく頂きたくなる一品です。
雪片も、、、

本当に、morimaman ツアーを実現させたいです。
Commented by morimaman at 2007-05-30 00:04
讃岐おばさん。
瑞芳にあるという情報はあったのですが、場所がどこかわからず、この日ついに見つけました。

やはり、立ち寄ったところでは必ず散策が必要だと思いました。
讃岐おばさんのお気に入りですか?お店で全部味が違う胡椒餅、、、食べ比べも必要ですね。

佛跳スープ、この日は明福台菜で。
人数が多かったので、いろいろと頂けましたし、みんなにも好評でした。
Commented by morimaman at 2007-05-30 00:08
Saoriさん。
ダイナミックなお弁当でしょ?
台湾はお米がとてもおいしいので、何気ないお弁当でも、とても美味しく感じられます。
あと、鶏のもも肉がで〜んとのったお弁当も頂いてみたいです。

かき氷、、、口の中でふわっと溶けていくあの食感は、いつまでも残っています。
マンゴのごろごろ切りが、載っているのにも、とてもそそられるものがありますね。

ここは、老舗と言われるお店で、屋台ではありません。安心をして召し上がれると思います。

Saoriさんも、参加できられるようになったら、ぜひ、morimamanツアーにご参加下さい。お待ち致しております。
Commented by morimaman at 2007-05-30 00:13
miyuさん。
台鐵便當は予約をすれば、ステンレスの2段のお弁当が買えるそうです。ちょっと、狙ってみませんか?

いつか私たちと、シェアの旅をいたしましょう。
わたしたちも、木の使い捨てスプーンを持参して、シェアしております。ぜひ、お仲間に、、、

瑞芳の”便當”の声、確かに、思い出しますね。
九分と一緒に、私の中で、郷愁を抱かせるものとなっています。
近いうちに、聞きに行きたいです。
Commented by morimaman at 2007-05-30 00:23
hiro-schonさん。
駅弁は、地域によっていろいろとあるみたいなのですが、日本のようにバラエティーにとんではいません。
でも、きっと台湾の方々が、大好きな庶民的な味のものだと思います。
飾りっ気もありませんし。

お弁当売り、、、昔、博多駅でも聞いていました。建て変わる前の博多駅です。きっと、hiro-schonさんがお生まれになるずっと前かと思いますが。
懐かしい光景でした。

芒菓雪片、おいしいです。毎回行きたくなるお店です。(毎回行っておりますが)
Commented by morimaman at 2007-05-30 00:26
kenmamayさん。
こんな駅弁が日本で売っていたら、買うかしら?・・でも、台湾だから、食にはうるさいと知っているので、外れなく買えるような気もします。
ごはんも台湾米はとてもおいしいし、ダイナミックな豚肉の味付けもほどよく、なかなかバランスがとれたお弁当かと、、、

体育会系でいう’がっつし!’頂けるお弁当でした。
Commented by morimaman at 2007-05-30 00:28
たかはしさま。
おいしかったですか?その日のお弁当も排骨便當でしでしょうか?

ここの煮卵、確かに最後までとっておきたくなる、お味でしたね。
Commented by くに at 2007-05-30 01:03 x
台北駅構内1階西寄りにある、「台鐵本舗」の右隣のお便當の売店では、
在庫がありさえすれば、預約しなくても
ステンレスの2段式お便當箱に入った「懷舊便當」を買う事はできますよ。
私はこれまでは預約をせずにたまたま行っても買えました。
でも随分前に店員さんに聞いたところによりますと、
1日に10個しか懷舊便當は作らないそうです。
どうしても購入したい場合は、「台北鐵路餐廰」(電話02-2361-9309)
に電話をして預約をして下さいとの事でした。
その際に必要個数と取に行く時間を伝えて、
引き取りは「台鐵本舗」の右隣にあるお便當の売店で、との事です。
私が購入していた頃、懷舊便當は1個300元でした。
ご飯にも高菜のようなものがまぶしてあって、すっごく美味しいかったですよ。
Commented by morimaman at 2007-05-30 07:40
くにさん。
くにさん、貴重な情報ありがとうございます。2段のステンレスのお弁当箱が欲しい、、、とおもっています。お弁当にもいいけど、小物入れにもよさそう。そのまえには、美味しくお弁当をいただける、、、楽しそうです♪

次回は、これを購入か!?
スヌーピーカードといい、スタバの限定品といい、どうしてこうもハートにぐっと来るものが多いのでしょうか。

いきたいわん。
Commented by YaLin at 2007-05-30 10:20 x
駅弁の排骨弁当は大好き!(^o^)丿
火車(=電車)に乗ると、必ず買うほど好きですが、
車内でずっと待っていたけれど、お弁当がすぐ売り切れになり、
自分が買えなかった時凄くガッカリします。
ステンレスの「懷舊便當」もいいですね。
今度買ってみます。♪

「胡椒餅」の名店は龍山寺の近くにあると聞きました。
氷館の近くにも売っていましたょ。

佛跳スープは初めてダーリン(当時boyfriendだった)が台北に行った時、渡邊満理奈が書いた本の中に載っていた店へ食べに行きたいと言われ、連れていたことがあります。
とても高かった~料理だな。
具材は確かに沢山入っていたけれど、
二人とも凄い~美味しいとは思わなかった記憶が残っています。(~_~;)
Commented by morimaman at 2007-05-30 20:06
YaLinさん。
排骨弁当は、本当においしいですね。排骨がたまらなく美味しいから、、お弁当もおいしい?
主人が、期待に胸ふくらませながらも、お弁当を買うことができず、かなりがっかりとしていたことがありました。(なので、今回はチケットを買うより早く、お弁当を買いました)

胡椒餅、龍山寺近くのお店。確かに美味しいです。行列覚悟でも、絶対に頂きたいここの胡椒餅。YaLinさん、こちらのは召し上がったことがありますか?私達の胡椒餅の原点はこちらです。

佛跳スープ、私たちも同じお店で頂きました。
あの具材と手間暇をかけているからこそ、いいお値段になるので
しょうね。

便當、、、台南の再發號の粽をお弁当代わりに、列車に持ち込んだこともあります。おいしかった〜〜〜♪
Commented by 高兄 at 2007-05-30 22:02 x
morimamanさん、勿論、その時も排骨でした(笑)

あれ・・1種類しかないんすかねー
私は、ゆで卵好きなんで、燻製卵とかもビールに合わせて美味いですね。
Commented by ろんろん at 2007-05-31 19:46 x
ご無沙汰しております、ろんろんです。
長いこと遊びにこれなくて、すみませんでした。

その間、たくさんの写真が更新されていて、カメラワークのよさに、毎回のことながら感動です!!
素敵な写真がいっぱいなので、楽しいです!!

電車の中で食べる駅弁ってなんであんなにおいしいんでしょうね~
久々に電車に乗って、どっかフラッと行きたくなりました。

そして、いろんなおいしいものがたくさん!
最近台湾料理をめっきり食べていないので、久々にいろいろと食べたくなりました~
Commented by morimaman at 2007-05-31 20:01
ろんろんさん。
お元気そうでなによりです。そして、お喜びの真っ最中!!お身体をお大事にして下さい。

駅弁は、冷たくても美味しいですね。
台湾の、お弁当はすこしもかざっていないのですけど、大好きです。

台湾料理は、ご無沙汰ですか?暑い台湾、冷たいものがおいしいですけど、お身体を冷やさないように、、、でも、マンゴや西瓜の、冰や豆花は頂きたいですね。

ろんろんさんの、ブログこれからも、とても楽しみにしております。
次回、台湾に伺うときはもう、、、ママかな。
Commented by CarolineIngalls at 2007-05-31 20:15
ダイナミックなお弁当~。
日本でも昔は駅構内でお弁当屋さんが売ってましたよね。
首から下げて。
今もやってるところはあるんでしょうけど、少なくなってるのかな。
横川の峠の釜飯も随分前に駅での販売は終わっちゃったみたいですよね。
電車の停車時間のうちに買い終えなくちゃならないドキドキ感、今でも良い思い出です^^
Commented by morimaman at 2007-06-01 06:33
Carolineさん。
台湾に行くと、もう日本では見られなくなってしまった光景によく出会います。

台湾でも、台湾の原点を大事に、そして行かれるかた(観光で)も多く、いろいろな懐かしいものを、残していこうといった傾向に今あるので、ちょっと郊外に行くと、博多に育った私には懐かしいものがたくさんです。
Commented by *やん* at 2007-06-14 19:01 x
やっとコメントにたどり着きました^c^
exblog復活の様ですね。

駅弁、、、あの予約制のステンレス! 毎回「今回こそ予約するぞ!!」って意気込んで行くけど、なかなか前もって予定が立たず、、、
次回こそ、、、ねっ^v^;

胡椒餅おいしそう!!
もっともっといろんなところのを試してみたい^c^
もちろんmorimamanさんのおすすめの九イ分のも!!

台湾から帰って来て改めて思うこと、、、
                 
          やっぱり台湾は「粉」ものが一番美味しい!!

Commented by morimaman at 2007-06-16 08:04
やんさん。
どこに現れていらっしゃるのか、探しました、、、、(笑)
ステンレスのお弁当箱、私も欲しいです。

くにさんが下さったコメントによると、予約しないでも買える分があるとか、、、ちょっと試してみましょうか?

粉は、本当においしいですね。本当に、本当に。
Commented by *やん* at 2007-06-16 20:35 x
どこにでも現れますよ^c^/

予約しないで買える、、、と言われていますが、かなり難しいです。
知り合いが12時に行ったけど、ひとつもありませんでした。
通りかかって試すなら構いませんが、欲しいなら予約は必須です!!

「経験者は語る」、、、^v^;

本気の時には言って下さい。
予覚の電話、承ります^c^/
それともその頃には、ご自分で中国語で予約できたりして♪



<< 里帰り 1泊2日  博多へ      九份へ        九份茶房 >>