今日は何にしよう?

morimaman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 07日

恐れ入谷の 鬼子母神





d0089009_22484535.jpg


入谷の朝顔市へ、出かけてきました。














d0089009_22561688.jpg



朝顔と言えば、
子どもが小学校のころ、低学年の課題は、学校でちょっとだけ大きくした朝顔を、終業式の日に持ち帰り、育てて観察日記をつけることでした。





d0089009_2302489.jpg


そのつもりで見ていると、こちらの朝顔には華やかさがあります。
もちろん朝顔市の朝顔ですから、学校の課題の1本植えの、鉢とは違います。

鬼子母神(真源寺)の前、言問通り左右200mほどの道の片側に、ずらっと朝顔を売る露店
中央分離帯を挟んで向こう側は夜店。

今日は、お休みの日だったので、たくさんの人で賑わっていました。




d0089009_23103815.jpg



わが家の朝顔、警視庁に守られています。

どのお店もお値段は一緒です。
あとは、どこで買うかだけ、、、

私は
’おねえさん、おねえさん、はい、ここでね。きれいなおねえさんに朝顔を見せてあげな!’

という、江戸っ子のおじさんのお世辞に、引き込まれて買いました。

’浮世絵に描かれているような、昔の色の朝顔がいい’

という、お嬢様mayの言葉で、4本のうち1本は団十郎朝顔と言われる渋い色の花が咲く鉢を、もとめました。

まだ、葉だけが青々と茂っている状態なので、これから花をつけたら、アップしていきます。





後は、食い気かなぁ、、、、


d0089009_2318436.jpg


シャーピン、、、んん、餡餅の意味か、焼餅の意味か不明なところですが。
袋状になった、餅(ピン)の中に挽肉、葱などの具が入って、平たく焼かれてあります。






d0089009_23215551.jpg


小さな西瓜の頭をギザギザに丸く切り取り、そこにスプーンを刺して売ってありました。

甘いのかなぁ。




d0089009_23244554.jpg



カラフルなすすわたりや、ヨーヨー、こういうのを見ると何だかワクワクします。

 台湾の夜市を思い出しながら、こういうお祭りは子どもにとっても特別な楽しみなんだろうなぁと、祖父母や両親にお気に入りのものを買ってもらっている子ども達の姿をみて、思いました。






d0089009_2329113.jpg



ひとつのニッキ水を、幼い姉妹二人に分け与えて、’冷たいネ〜’と、微笑ましく和んでいた母娘。

この子達の夏の思い出は、朝顔市と冷たいニッキ水なのでしょうね。
[PR]

by morimaman | 2007-07-07 23:40 | 歳時記 | Comments(22)
Commented by *やん* at 2007-07-08 00:27 x
papaもmayさんもご一緒だったんですね。
素敵な休日を過ごされましたね*^c^*

警視庁のコーンがとっても頼もしい!!
思わずニンマリしてしまいました。

>’浮世絵に描かれているような、昔の色の朝顔がいい’
  、、、ってmayさん渋いですね^c<*

偶然私も,先ほど「花園夜市」をアップしました^c^/


Commented by miyu at 2007-07-08 00:32 x
朝顔、いいですね☆
今年もやっぱり、学校で1年生の子が育てた朝顔を見て、”ああ、そんな季節だなあ・・・”と思ったわたしです。少し前ですが、僕のが一番に咲いた!”と、一人の男の子が見せてくれました。全体の大きさに不釣合いなくらい、大きな朝顔の花が咲いてました♪
朝顔市、わくわくするものがいっぱいで、楽しそうですね☆
Commented by suu-life at 2007-07-08 07:06
先日、東京で日比谷線の地下鉄に乗って居た時に
この『入谷』の駅名を見て、タイトルの『恐れ入谷の鬼子母神』だわと
同じことを考えてました。
入谷にこんな楽しい朝顔市があるんですね~~~。
確かに朝顔と言えば、子どもの夏休みの課題ですものね。
morimamanさんが購入された団十郎朝顔ってのが興味津々です。
どんなお花を咲かせるのかしら・・・?UPが楽しみです。
Commented by morimaman at 2007-07-08 08:06
やんさん。
おはようございます。
mayは口だけの参加だったので、私と主人と二人でデートをしました。

警視庁のコーン(別名パイロン?)が頼もしく、暫く預かって頂きました。

やっぱり、台湾の夜市で日本の縁日を思い出すことはあまりないけど、日本の縁日では台湾の夜市を思い出します。
なので、やはり目にするものも、それらしきものばかり、、、

私たち二人とも(特に主人)、日本のお祭りや縁日は大好きですが、やんさんの花園夜市を拝見したら、’私も行きました!!!!’と、朝の目覚めがよかったです。

昨夜は、生煎包を作って、台湾に思いを馳せました。
Commented by morimaman at 2007-07-08 08:14
miyuさん。
朝顔の季節ですね。
きっと自分とっては大きな鉢を、一生懸命に家に持って帰る姿ももうすぐ。
楽しい夏休み、が待っています。

朝顔市、やはり、片側、朝顔露店、もう片側、夜店。何だかワクワクします。朝顔の鉢には、’鬼子母神参拝記念’と書いてあるのですが、狭い境内に参拝をしようとする方々の長蛇の列に、わたしたちは、外から手をあわせただけでした、、、(汗)

お祭り、心浮き立つ楽しさがあります。
Commented by morimaman at 2007-07-08 08:18
suuさん。
そうですね、合羽橋まですぐですものね!
’恐れ入谷の鬼子母神’江戸の人は、なんて粋な使い方をしたのでしょう。

きっと、この朝顔も江戸の市井の人々の、軒先を飾っていたのかもしれません。
’団十郎朝顔’ちょっと渋い色ですが、なるほど団十郎と思わせるようですよ。
咲いたら、アップしますね。

江戸の夏の風物詩も、なかなか意気で、ござんす。
Commented by mikomiko114 at 2007-07-08 14:21
朝顔職人さんにとっては、小学校低学年での学習が最初の修行?
学校で習う事ってやっぱりどんな小さなことでも大事ですね。
私、うまく朝顔が育てれなかったと思います。ちゃんと、母が水遣り係で育ててくれたんでしょう・・・。

朝顔市だなんて、私の住んでいる田舎からは始まらないでしょうね、都会ならでは!と感じます。

やっぱり、ここでも中華に手が伸びるんですねぇ~!
Commented by ymomen at 2007-07-08 17:40
散歩していると、あちこちで朝顔を見かけます。
夏の風物詩ですね。

東京での日々も楽しみです。
Commented by carpe_diem_1028 at 2007-07-08 20:08
小学一年の時の朝顔には苦い思い出が… なぜか私のだけが芽が出なくて、夏の間の観察日記が書けなかったのです。

朝顔市、まだ今月21日に小石川の伝通院でありますよね。行ってみようかな。今日は懐石教室だったのです。これでしばらく、青年部行事から解放されます。ゆっくりしたーーーーい!
Commented by morimaman at 2007-07-08 22:12
mikomikoさん。
こどものころ、この地道な観察が苦手でした。自分の子どもの時は、やっぱり、子どもの代わりに水やりから、観察、、、これは、もう子どものためより親のための宿題のような。

私は、見るだけでよかったのですが、娘が買ってきてと、、、でもやっぱり、水やりは主人か私のようです。(苦笑)

早く、花よ咲いとくれ!!

朝顔市やほうずき市、江戸ならではかもしれません。
私も、博多に帰るまで、江戸を楽しみたいと思います。

やはり、中国語の響きにはフラフラと足が向きます。
Commented by morimaman at 2007-07-08 22:23
momenさん。
アメリカにも朝顔はありますか?
朝顔の柄の浴衣や、団扇、本当に日本の夏を表すものですね。

何10年ぶりかに、朝顔を育てることになりました。
昔、朝顔の花の汁で絵を描いたことなどを思い出しました。

東京も、丸の内や六本木の最先端の街もあれば、月島や浅草などの下町情緒溢れるところもあります。
散策には楽しい街です。

東京での日々もゆっくりと楽しまれて下さい。
Commented by morimaman at 2007-07-08 22:28
carpe_diem_1028 Shinobuちゃん。
私は、種がたくさん取れた思い出が、、、咲いたと思うのですが、色などはもう忘れてしまいました。遠い昔のことですので。

お疲れさま。今日も蒸し暑く、お着物大変でしたね。
私は今日、呉服屋さんの前で、撫子柄の多分絹紅梅だと思うのですが、よそ行きの浴衣に暫し見ほれていました。

また、来年ね。(節約しよ!)
Commented by 讃岐おばさん at 2007-07-09 06:47 x
昔の色の朝顔、楽しみです、どんな色でしょう?
これから毎日楽しみですね♪

朝顔といえば浴衣を思い出します、そう、私の浴衣は朝顔柄でした(笑)
Commented by morimaman at 2007-07-09 20:48
讃岐おばさん。
私も楽しみです。可愛らしい色より、江戸の流行だった粋な色(今からすればかなり地味目だったらしいです)の朝顔のようですよ。
私も、なるほどね。と思いました。

私の子どもの頃の浴衣も、娘のも朝顔でした。

人が多くて入らなかったのですが、境内で売ってる御守りも朝顔御守りで、かなり可愛い、、、来年は並ぶかなぁ、、、
Commented by hiro-schon at 2007-07-09 21:23
朝顔市、夏っぽくてとてもいいですね。
縁日大好きなので、雰囲気を伝わってきて嬉しくなりました。
日本に帰って行きたい所の一つになりました。
Commented by morimaman at 2007-07-09 22:44
hiro-schonさん。
今日と、明日は(7/9,10)は浅草のほうずき市です。
東京の江戸の情緒を残す、市。
わたしも、東京での夏の風情を満喫できて、いい思い出となっています。
Commented by Saori at 2007-07-10 01:12 x
いいですね~♪私も朝顔市、ほおずき市、ちょっと時期がずれますが、酉市など行ってみたいな~といつも思っていて、一度もいけたためしがありませんでした。
こうして写真を見ていると、やっぱりこういう季節の風物詩って、いいなあ、としみじみ思います。
朝顔・・・夏休みの宿題、私も思い出します。
今年はそんな朝顔が懐かしくて、つい種を買い求めました。
蔓が伸びてきています。もうちょっとしたら花が咲くかな、と毎日楽しみにしています。
朝顔はMorning gloryと英語で言うそうです。
Commented by morimaman at 2007-07-10 06:39
Saoriさん。
Morning glory、まさにそんな感じで咲く花ですね。わが家も、葉が立派に生い茂って、蕾を探すのが大変なのですが(かきわけて、虫がいないかどうか見つつ)一個発見。
でも、団十郎ではありません。ちゃんと、種を区別しておかないと解らなくなってしまいそうです。
来年は、団十郎をふやしてみようかなと、、、

小学校の時の朝顔を思い出しながら、、、

7月10日の今日。ほうずき市は四万六千日(しまんろくせんにち)ほうずき市と呼ばれ、今日参拝をすると、四万六千日参拝をしたことと同じ功徳を得られるそうです。(うけうり)
残念ながら、行けません。地道に暮らします。

江戸の風物詩、ほうずき市、羽子板市、酉の市、、、季節を感じさせま
すね。
浴衣に、下駄をひっかけてどこかの夏祭りへ、、、
Commented at 2007-07-10 13:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by morimaman at 2007-07-10 20:43
鍵コメ2007-07-10 13:29さま。
本当にありがとうございます。
ゆっくりなさっているときにでも、、、、
お忙しい中、厚かましいお願い、申し訳ありませんでした。
でも、とっても楽しみです。
Commented by CarolineIngalls at 2007-07-11 17:59
朝顔の観察日記は懐かしいですね。
私もやった気がしますし、ローラも小学校一年の時にやりました。
実家には私が小さい頃にまいた種から出た朝顔が、未だに夏になると花をつけます。
もう小さな花になってしまいましたけど、青い爽やかな花が咲きます。
お嬢さん、団十郎がお好きだなんて、粋ですね~^^
団十郎がこちらで見られること、楽しみにしています。
Commented by morimaman at 2007-07-11 18:30
Carolineさん。
朝顔日記はまだ、夏休みの課題であるのでしょうか?これと、毎日のお天気が嫌でたまらなかったおぼえが、、、(毎日していないということで
す)

この鉢も3年は咲くとおっしゃっていました。種を取って、その種で育てると永遠に咲くようです。

今は小さな鉢で4種がひしめきあっているので、秋になったら植え替を
してあげようと思っています。

娘、、、粋ではなく、渋いのです。’オッサンキャラ’と言われています。
お茶をすすって、’あーっ!’溜め息というか叫び声というか、、、


<< 台湾な風景と 台湾なごはん      梅仕事 と お菓子など >>