今日は何にしよう?

morimaman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 10日

2007 臺南編 満腹の巻







d0089009_2053111.jpg


美食の街、台南での食事は、迷います。



台南初日、新化へ出かける前のお昼の腹ごしらえ。

地図は読めるけど、勘が働かないmoripapaにしばらく従って、駅前でごはんやさんを探すことに。

’こっちではない!’

と、私の勘は囁きます。
でも、moripapaの勘も満足させるために、ウロウロと。

’こっちにはないねぇ。’
’(ないよ) う〜ん。多分あっち方向の方が匂う。’

小さなお店を見つけました。
お客さんの出入りも見えます。

’ここ!!’

d0089009_2102053.jpg


お店の中の調味料には、
’使いすぎないように’
とお願いが書いてあります。



d0089009_2123931.jpg


鶏腿飯・排骨麺

私はごはんを。
皮はパリッと、中はジューシーな鶏の唐揚げがで〜んと、載っています。
青菜炒めと、煮卵がお供。

台湾のごはんはとても美味しいのです。
お皿の上に載ったお弁当だと思って下さい。

moripapaにも仕方がないので少し分けてあげました。

’おいし〜ねぇ。’

と、一口がかなり大きかったのが、悔しい!!





やはり、美味しい物への勘は私の方が鋭いと、優越感に浸りながら、新化へ向かったのでした。






d0089009_219988.jpg


初日の夜ごはんは、、、

台南は小吃(スナック)がおいしいところです。
それで、お腹がいっぱいにもなりますが、やはり、もっときっちりとしたごはんが頂きたく
台湾食べまくりの、私たちの御指南役 さんすけさんのブログから、

牽手へ。




d0089009_21151695.jpg


d0089009_21155326.jpg


保冷箱や、冷蔵ケースの中から、魚や貝、野菜などを選び、短い単語で料理方法を指定して
、先ずは付きだしの枝豆をニンニクと塩胡椒で炒めたものを頂きつつ、待ちます。




d0089009_2119311.jpg


そこへ、料理人のおじさんが手に注文をした白蝦を手に、やって来ました。

’わかりません!!’
と言うのに、ミンナン語(台湾語)で話します。
どうやら、

’アンタはさっき、これを酒蒸しにしろと言ったが、これは焼いた方が旨い!!’

’わかりました。ご随意に。’




d0089009_21221293.jpg


注文をした料理のほんとんどが、ご随意料理に変わっていましたが、さすがに食材を知っている地元の料理人、全てがとても美味しかったです。



そして最後。
これがあるので、ここを選んだと言ってもよいもの。

d0089009_21245753.jpg


黄金色に輝く、大学芋。
熱々のお芋を、冷たい水にくぐらせて、表面の飴をパリッとさせていただくと、お芋のホクホク感が一層まし、おいしい。

飲んで食べた後に、大学芋。

一度頂いたら、この組み合わせがとても美味しいものだと頷けるはずです。

こちらの大学芋は、お店のサービス。

牽手

手を繋ぐことですが、台湾では、奥さん(妻)と言う意味もあるそうです。

この日は、おとなしくホテルに帰りました。
ちなみに、往復4,50分の距離を歩きました。




そして、2日目の夜。
この日の夕食は、
台南旅行の私たちにいろいろとお世話を頂いたYaLinさんのブログを拝見して、行こうと思った

赤嵌擔仔麺 東寧路店へ。




d0089009_21475537.jpg


ここの名物らしい、台の上にいろいろな具材が載っていて、これから好きなものを選び、レジで精算をすると、煮込んでくれる、滷味と呼ばれるもの。
お醤油の甘辛煮と言ったものでしょうか。

私たちは、せっかくですので、台南らしいものを選んでみました。



d0089009_2151204.jpg


d0089009_2152043.jpg



担仔麺に、肉臊飯、虱目魚(サバヒ、淡水魚)のつみれスープ。

そして、豚足。

肉臊飯は、肉のそぼろがごはんに載っているものや、豚の脂がのっているもの、、、いろいろとありますが、これは三枚肉を小さく切ったものが載っています。
白いごはんに、甘辛く煮込んだ肉が、これ以上美味しいものはないというほどにベストマッチしております。




d0089009_225159.jpg


2Fの部屋の壁は真っ赤に塗られ、中国牡丹の絵が大胆に描かれています。



d0089009_2263763.jpg


とても庶民的なお店なのですが、店内のそこかしこにアンティーク家具が配され、素敵な雰囲気を作り出しています。
お手洗いもとても素敵でした。

こちらで、お腹も心も充たされて次なる所へ向かいます。
タクシーがくる間、暫し担仔麺を作っていらっしゃる姿にみとれながら、、、





d0089009_2294892.jpg






つぎは、、、

d0089009_22102537.jpg


中秋節に欠かせない果物、文旦が山積みになっているところ。



d0089009_22113832.jpg


果物が、きれいに並べられているところ。

莉莉水果園

いままでの台南旅行で振られに振られていたところへ、やっと行くことが出来ました。
あまりのうれしさに、一つを二人でのルールも忘れ、頼んでしまいました。




d0089009_22144720.jpg


芒果と香蕉(マンゴとバナナ)冰。
これが、いただきたかったぁ〜〜。

やっと、恋人に巡り会うことができました。



d0089009_22164891.jpg


むふふふ、いただきま〜〜す。

皆さんはご存じでしょうか?
あの、台湾名物として有名な芒果冰は、ここから始まったて。。。

台南の方は、うちが一番と誇りを持っていらっしゃるようです。

確かに、一番の味。
台北のようにおしゃれな感じはしませんが、私たちが子どもの頃に馴染んでいたような素朴でとても美味しい味です。



d0089009_22213665.jpg





d0089009_22221479.jpg


真っ直ぐホテルに帰るのも、もったいなくて(雨は降っていたのですが)ホテル近くの茶藝館耕讀園へ寄ることに。



d0089009_22242427.jpg


紗がかかったような夜中の景色に包まれて、二人とも言葉をかわすことなくお茶を楽しみました。
日常ではない時に自分たちを置いて、非日常の一時を楽しむ。
そういうことが、本当に幸せな時間だと、二人して分かち合うことができるようになりました。


たった二泊三日の旅でしたが、心から楽しむことが出来ました。
いろいろな方のおかげで台南をもっと知ることが出来、親切な人々との出会い、次なる台南への期待もふくらんできました。

また、来ますのでよろしくお願いします。





d0089009_2239328.jpg

[PR]

by morimaman | 2007-10-10 22:52 | 台湾 | Comments(26)
Commented by ymomen at 2007-10-10 23:15
こんなにほんとに召し上がったのですか!
ちょっと許されないかもしれません。
いくら歩いたといっても!
と言うのは、
わたしのジェラシーが言っています。

マンゴとバナナって、
これに、何かシロップでもかかっているのですか?
いただいたことがないし、自分で作ってみたいから、教えてください。

最初の写真を拝見して、
あちらの方も、漢字、いまどき流に書くのだー、
と感心しました。

ここでは貴重な薩摩芋、
いま、ここにあるのです。
いちばんカロリーを増やさない料理法、
ふかすか、焼くかして食べようと思っていたのに・・・。
おいしそうな大学芋見て、
つらい思いをしています。

最後の滝、
景観ですなー。
Commented by さんすけ at 2007-10-10 23:16 x
牽手の大学芋(和名です。台湾名は判りません)、内と外の冰/熱・パリッ/ホクホクのメリハリがたまりませんね。ワシは2年半ほど食べとらんし、くには未食。もう一回、食べに行かないかんですわ。

お茶を飲みながら言葉は無くても、papaさんの心を讀めたんじゃないでしょうか? ワシは行きたなかですたい(耕つながり)
Commented by *やん* at 2007-10-11 02:06 x
今度台南に行ったら、一番に行きたいところが「赤嵌擔仔麺 東寧路店」
です!!  お料理も美味しそうですが、赤い壁を見たいのです!!
本当はやんcafeの壁に使いたいくらい好きです*^c^*

いつ行けるかな〜♪
Commented by 讃岐おばさん at 2007-10-11 06:51 x
わぁ~、大学芋!!!美味しそう!!!
このページφ(..)メモメモ、台南へ行ったら必ず行かなくちゃ!
ぜ~んぶのお店、いいね~、ありがとう(^_^)/
Commented by YALIN note at 2007-10-11 13:24 x
牽手の料理も美味しそうに見えます。まだ行ったことがないのです。

日本に来る前に、台北の公館の茶藝館によく行ったけれど、
地元の茶藝館耕讀園に行ったことがないのです。
ダーリンも台湾の茶藝館に行ったことがないので、
今度は連れて行きたいと思います。

赤嵌擔仔麺 東寧路店に行ったのですね。
あそこのレトロな雰囲気がとても好きで、料理も美味しかったです。
Commented by miyu at 2007-10-11 15:27 x
台湾にも大学芋があるんですね!!
わ~、びっくり。
わたしには、最初の朝ごはんが一番魅力的だったりします。
こういう感じが一番好きかなあ~
どちらにしても、お二人にくっついて、「はいはい、ここで食べましょう~」と言われながら、ごはんをご一緒したいものです♪笑
Commented by Saori at 2007-10-11 16:53 x
たった二泊三日の旅とは思えないくらいご馳走を食べましたね~!
見ていて私も満腹には・・・なりませんでした(笑)
おなかがぐーぐー言っています。早くご飯を食べさせろ、と言ってるみたい(^^;)
新鮮なシーフードはさすがだな、と思います。
やっぱりシーフードを美味しく食べる方法はアジアの民族の方が長けているように思いますよ。
大学芋も懐かしいです。
短大時代、帰り道に民家の窓辺で手作り大学芋を売っていたおばあちゃんを思い出しました。たまに買い食いしてたのですが、とてもほくほくで甘くて懐かしい味だったんですよね・・・。
お二人仲良く非日常の時間を過ごせて良かったです。
今度はどちらにお出かけでしょうか・・・・?(←気が早いですね。笑)
Commented by morimaman at 2007-10-11 19:22
momenさん。
面白い黒板書きでした。
きっと、今時の漢字で書かれているのでしょうね。

ぽっこりおなかが未だ解消をすることなく、食べ過ぎた台湾旅です。
自分でも写真を整理していて、驚いています。
’こんなに、頂いちゃったのね!’

momenさんも行きますからね、’いただけませ〜ん’なんて、おっしゃらないで下さい。

冰のシロップは、コンデンスミルクです。ただし、液状のシロップがかかっていると思います。甘すぎず仄かな甘さでした。マンゴとバナナの味が引き立つように。これには、ライムがついていたのですが、とても酸っぱく、絞ったことを後悔しました。

大学芋になさいませ。
やはり秋には’天高く馬肥ゆる秋’ですぞ。
貴重なお芋、やはり一番美味しく頂きましょう♪

こちらでは、栗、お芋と美味しい季節になり、先日も大学芋を買ってきたのですが、このお芋にはかないませんでした。

また、このお芋目当てに行きたいものです。
行きましょうね♪
Commented by morimaman at 2007-10-11 19:27
さんすけさん。
うまいっ!!!
座布団20枚。(男子色の、あまりぎれでしたっけ。。。)

主人の心うちなんて、見え見えです。なのに、いつもだまされていますが、、、
くにさんも然りでしょうね。

そういう、菩薩さまのような奥様を是非お連れになって、大学芋へ。
さんすけさん、感嘆の大学芋、さすがでした。かなりの芋好きなのですが、あのようにおいしい大学芋は、いまだかつて味わったことはございません。
やはり御指南役の舌は、神様の舌!
Commented by morimaman at 2007-10-11 19:31
やんさん。
あの赤い色、派手で目に痛い赤ではなく、とてもやさしいあかでした。
とても、いい色ですね。
それと中国牡丹の大胆な図柄、、、やんcafeでも、取り入れて下さい。

こちらのお店のスタッフの方は全員シングルマザーとか、、、みんなで助け合って、育児をし、働いていらっしゃるとか。
スタッフの方は、美人で、とても親切でした。それだけでも行ったかいがあるというものです♪
Commented by morimaman at 2007-10-11 19:34
讃岐おばさん。
牽手はいいですよ。美味しい海鮮に、大学芋。もちろん台湾ビールがお供です。ラオパンも気さくでいい方でした。
ぜひ、行かれて下さい。

そして、何気ないおひるごはんやさんも秀逸でした。

ん〜〜、お薦めではないところはありませんでしたね!!
Commented by morimaman at 2007-10-11 19:40
YaLInさん。
リンクさせて頂きました。(事後承諾でごめんなさい)

牽手、同じような海鮮の食堂が並ぶ通りにありました。
言葉が出来たら、もっとお薦めがあったかもしれないと、、、

耕讀園は、小さいけれどなかなか雰囲気のあるお店でした。宿泊したホテルの側にあります。
畳で足をのばして座れるというのもくつろげる一因でしょうか。

台南はほんとうに、いいところですね。毎回行きたいです。次回は教えていただきながら、行けなかったところを散策したい。。と思っています。
また、教えて下さいね。
Commented by morimaman at 2007-10-11 19:43
miyuちゃん。
お揃いのカメラで行きましょうね♪
’は〜い、朝ご飯はここですよ〜’

って、絶対にふっくらとしたmiyuちゃんが出来上がります。少し肉を付けた方がいいですね♪
一緒に美味しいものを頂きましょうね。

台南、私たちと一緒に行けば恐くない?!(地図が読める男と勘が働く女が一緒ですもの。爆)
Commented by morimaman at 2007-10-11 19:50
Saoriさん。
お腹空きましたか♪
私たち本当に満腹でしょう。でも、これはまだまだ、始まりですから。
この後、台北編も恐ろしいことになっています。
その結果が、いまだ膨らんでいる頬と、ぽっこりおなか。

次回の台湾までにまた、ダイエットです。

大学芋、美味しかったです。台湾は元々、美味しいお芋がとれるので、どういう風になっても美味しいものだらけです。

ほんとにね、みなさんに美味しいお芋を画像と言葉だけではなく、召し上がって頂きたい!!

台南は海がすぐ側なので、こんなに美味しい海鮮に巡り会えるのでしょうね。白蝦は、最高でした。
それと、にんにくごろごろの蛤のスープも、とてもいい味を出していました。こう書きながらまた頂きたいと、じんわりしています。

こんなにたくさん頂いたのに’あれとあれを今回は食さなかった’と主人と話す毎日です。

次回はですね、、、主人とは、太平洋を渡ろうかと、、、私としてはイギリスに行きたいのですけれどね。。。。
その前にまた、台湾に行っちゃいそうです♪
Commented by miyu at 2007-10-11 19:59 x
おそろいのカメラ持って、遠足♪
楽しみにしています~。
ふっくらとしたわたしが完成ですか?笑
今でも、充分肉づきが良いのですが(>_<)
でも、ほんとに、いつか台湾で会いましょう☆
Commented by morimaman at 2007-10-11 23:09
miyuちゃん。
肉付きがいい、、、、、いいえ、もう少し足しましょう。
台湾で私たちと、美味しいものをたくさん頂きましょうね。

楽しみです。
おいしいものを、たくさん撮りましょう!!
Commented by mahos-table at 2007-10-12 11:30
食べに行くために歩く、食べてからもまた歩いて。
こんな旅行、私もしたいです。
歩くといろんな発見がありますよね。
大学芋、氷水にくぐらせて飴を固めるとは、新鮮な感動です。
とても美味しそう。
2泊3日だったのですか!
軽く1週間は超えている旅行かと思いました。
内容の濃い、充実した旅でしたね。
お気に入りの都市があるっていいですね。
諸事情で上海ばかりに行っていますが、
台湾、行きたくなりました。

Commented by くに at 2007-10-12 18:39 x
アツアツの大学芋をサッと氷水にくぐらせて頂くの、
本当に美味しいですよね♪
・・・ごめんなさい、台南の牽手へは食べに行った事はありませんが、
台北や台北郊外で頂いた事が何回かあります(^^ゞ
ついこの間の7日(日)にも美味しく頂きました~。
たぶん・・・、それらのお店にはさんすけは行っていませんが。
日本ではこの様な大学芋の頂き方って、ないのでしょうか・・・。
それならば台湾で食べ貯めします!
Commented by hiro-schon at 2007-10-12 22:12
ご無沙汰しております。
お邪魔しない間に美味しい物が一杯で、美味しい中華が全く食べられないので、
とても目の毒です。。。
特に、大学芋。食べたい!夢に出てきそうです。
帰国したら、本当に台湾行き考えます。
Commented by mikomiko114 at 2007-10-13 02:28
1分たりと無駄にせず、わんさか食べ歩かれましたねっ!笑

多分、私たちもその自分で選んで、作り方を指定して・・・という方法のレストランに1度行きました。
子供心にあのエメラルド色の魚を見てビックリしたのを覚えています。

マンゴにバナナ!なんだか愛想!!!
今度、マンゴ氷を食べる時には、バナナ持参で試してみます♪
本当に、美味しい!
タクシー10分にそのレストランがまた出来たんです!!!!大喜びです。

ボンタン。
こちらでもゴロゴロと売っています。美味しいのですか?
これもまた時期が終わるまでに試してみないといけない物の一つです。

大学芋!大好きなんです。
水と一緒に出てくるような出来立ては、人生で2回しか食べた事ありません。
なんだか、今の寒さの中では、もの凄く食べたい物の一つです!
寒いですよ~!!!!
今月中旬じゃないと暖房が政府暖房が付かないのです。
今は、寒い寒い!と言いながら何気に過ごしています。
3月中旬に遮断される暖房ですので、また3,4月には寒い!寒い!といっていると思います・笑

Commented by carpe_diem_1028 at 2007-10-14 07:20
お久しぶりです〜。
何だかおいしいもののオンパレード、食べてばかりの旅行になるのが
わかる気がしました(^^;
見ているだけでお腹いっぱい。小食の私はきっと途中でお腹が
ダウンして、後はひたすら匂いを楽しむだけになりそう。
でも、いつか一緒に行きましょうね。
Commented by morimaman at 2007-10-15 08:44
mahoさん。
お返事遅くなりました。実家博多で食べまくっておりました。
大学芋、おいしいです。
台湾はお芋も、とても美味しいところなので、焼き芋・お芋のペースト、・芋餡のサクサクパイ、そして、大学芋。確か’地瓜抜絲’とか、言ったような気がします。

上海もとても素敵な都市だと聞きました。
台湾は素朴な街ですが、人のやさしさと、やさしい食べ物がたくさんの懐かしく、魅力的なところです。

是非、行かれてみて下さい。
Commented by morimaman at 2007-10-15 09:01
くにさん。
もちろん、頂かれていますでしょう♪
わたしたち、’芋っ子倶楽部’(勝手に名付けてみました)です、’地瓜’と書いてあると、邁進せねばなりません。(使命です)

氷水にくぐらすあめ芋、子どもの頃、親に連れて行ってもらった中華のレストランで、これが出ていました。最後のお芋が楽しみだったことを覚えています。

この2泊3日で里帰りをしてきましたが、博多でこのレストラン(だと思います)はなくなっていました。
台湾の
美味しいお店、いつまで健在でいた欲しいものです。

大学芋、作れても、あのように糸を引くまでには至らないのですが、、、
帰国されたら、ご一緒に糸引く大学芋探しをしましょう!!

Commented by morimaman at 2007-10-15 09:05
hiro-schonさん。
お元気ですか?
先週末2泊3日で博多に里帰りです。
食べまくってまいりました♪

台湾も、庶民的なお店がとても多いのですが、博多もそうで、主人と’キット博多の台湾飯だね’と話してきました。

これからも美味しい台湾編が続きますので、どうぞ、帰国されたら、台湾へおいしいもの旅へ行かれて下さい。
Commented by morimaman at 2007-10-15 09:14
mikomikoさん。
こんにちは!!
里帰りをしていました。このところ、何だかめまぐるしく忙しい毎日です。
わたしも、自分が撮った台湾編の食べ物に癒されております。
といいつつ、博多でも美味しいものを頂いてきたのですけどね。

冰のお店が出来ましたか♪
まだ、マンゴが出回っています??ぜひ、これとバナナを召し上がってみて下さい。果物持参は大丈夫ですか?

これから、寒い北京。きっと’火鍋’が美味しくなる季節なのでしょうね。
酸白菜の鍋、酸っぱい白菜のおつけものを入れて、出汁にした美味しい鍋!!(召し上がっていらっしゃいましたね)

羨ましい!!身体に脂肪を付けて、寒い冬を乗り切って下さい。

文旦、美味しい柑橘類です。私が子どもの頃はよく頂いていました。私の父の田舎が鹿児島で送ってきていました。南の地域が産地の柑橘類です。

はりはりとしたものではなく、皺っとしたものを選ぶのがコツらしいですけど、、、でも、はりっとしたものでもおいしかったなぁ、、、
頑張って、何度か挑戦を!!
Commented by morimaman at 2007-10-15 09:16
carpe_diem_1028 Shinobuちゃん。
ご無沙汰をしています。
また、博多の帰っていました。きっと、お腹がパンクしています。
でも、旅に出ると広がり、戻ってくると大人しい胃になってくれる、便利なものになりました。

絶対に一緒に行きましょうね!!


<< 再びの帰郷 2007      2007 臺南編 その3 >>