今日は何にしよう?

morimaman.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 09日

Shang Hai

 


d0089009_19215131.jpg

初めての都市、上海に行ってきました。
上海ツアー参加人員は。私・お嬢さまmay・後に説明をする企業戦士、今ではキャリアウーマンと呼ぶのでしょうか、私達家族の一員とも言えるTomoちゃん・その母のオンナ4人。

途中ブログをアップする気でいたのですが、インターネットに接続できても、ブログというブログにアクセスできず、アップすることもコメントすることもできませんでした。何だか離れ小島に取り残されたような気分のネット環境。

でも、それでも私の愛しい人の一人が言うように、

’見苦しいまでの好奇心’

で、見てきました。
今の上海を。






東京成田から、およそ3時間の飛行機旅で、上海浦东国际机场(上海浦東国際空港)に着きます。

降り立った途端、中国の簡体字に???

あぁ、中国大陸に降り立ったなぁ、と思いました。

d0089009_1892432.jpg


上海市内に向かう道すがら、たくさんの工事現場と、昔ながらの生活を送っている景色に、上海の今を見ているような気がします。




d0089009_19233781.jpg


上海の市街地近く。
高層ビルが建ち並ぶ中に、フランス租界、イギリス租界などの瀟洒な家並みが見えます。





そして、ホテルの部屋からの風景。

d0089009_19254925.jpg


風景の奥にあるのは、外灘、Bundという名称で知られている地区に建つ、上海のシンボルタワー

东方明珠塔(東方明珠塔)





部屋の真下の光景。

d0089009_1932363.jpg


2010年の万博に向かって、道路や地下鉄の整備が進み、老朽化した集合住宅は、取り壊されて、新しい何かに、変わっていくのでしょう。

でも夜になると、ポツポツっと灯りがともり、ほんの少しの世帯がまだ生活をしているようでした。

何だか、ちょっと侘びしい思いがする上海の顔。





上海に着いてから、いろいろな思いにとらわれながらも、荷物を置くと、早速観光へ。

d0089009_1938564.jpg



豫园(豫園)

明代の高級役人が、故郷を懐かしむ老父のために建てたと言われる邸宅です。もっとも、老父の生存中に、完成を見ることができなかったということですが。

この豫園の周りには、一大観光商業地
豫园商场(豫園商場)と上海老街があります。
両方とも、新しい建物なのですが、豫園の建物を模したもので、上海の心意気を感じます。
(商売人魂!)



d0089009_19451064.jpg


こちらは全てお土産物やさんの建物。
熱心な客引きに会います。

SutarbacksやMacもこういったお店の構え方でありました。




d0089009_1951892.jpg


ちょっと足を止めようものなら、片言の日本語で買って買って攻撃!!

’いいです。。。’
とひけ気味に立ち去る背中に向かって、価格の半額の値段が追っかけてきます。
逞しい商売人。




d0089009_19534868.jpg


こちらで、行きたいと思っていたお店。

宁波汤团店(寧波湯團店)

大好きな湯園のお店です。
むっちりとしたお団子の中に、甘い胡麻餡がトロリと入っていて、仄かに生姜の味がする温かなシロップに入っています。

寒い上海で、温かくなる食べ物でした。


d0089009_20543975.jpg




















d0089009_201427.jpg


では、この商場の中を通らないと行けない本命の豫園に、入場料@30RMB(約480円)を支払って。




d0089009_204850.jpg


きゅっと反り上がった屋根が美しいですね。



d0089009_206772.jpg


いつも思うのですが、古い建物の瓦は本当に美しいものです。その模様もさることながら、長い年月に耐えてきた古びた風情がなんとも言えず味があります。




d0089009_20102193.jpg



d0089009_20104151.jpg



d0089009_20105858.jpg


外に出かける事を許されなかったという、深窓の婦人達は、広い屋敷のここかしこを散策しながら、四季の移ろいや、彫られた絵に中国の古書を学んでいたりしたのかもしれません。




d0089009_20152252.jpg


美しい調度や、庭、邸宅。
冬は寒かったと思うのですが、どうやって暖をとったのでしょうか。








では、次は。
広いお屋敷を出て、上海老街の脇道のお店へ。

d0089009_20182290.jpg


美しく整えられた商店街からちょっと脇にはいると、このような古い建物のお店が軒を並べ、とてもとてもキッチュなものをたくさん扱っています。
しかも、偽者売りの小父さんからつきまとわれたりと、、、なかなか大変ですが。

お嬢さまmayが買った、有名人の顔つき腕時計は@55RMB(約880円)とお店の子が言いました。が、交渉の末、@25RMB(400円)に。

でも、すぐ止まるこの時計。

キッチュなところがいいと、もらった方、好意的に理解して下さいませ。






d0089009_2026791.jpg


一大観光地からホテルに戻るときのこと。
ホテルからは12RMBで来た道のり、混雑をしていても20RMBで行く道のり。

ホテルのスタッフの方からは、安全なタクシーの見分け方をお聞きしていました。
しかし、タクシー乗り場にタクシーはやって来ません。
お客を降ろしたタクシーに、すぐにお客が乗り込む図式。

やっと来たタクシーは
’50RMBだったら乗せる’

もちろんお断り。

そうこうしているうちに、日本語を少し話す小父さんにつきまとわれて、、

日本に連れて行ってくれとか、一緒にタクシーに乗っていくとか。。。

恐いというより、つきまとわないで!!

でも、
’あなた可愛いですね’
と久しぶりに言われ、不覚にもにやりとしてしまった、、、と、Tomoちゃんが言っていました。
おいおい。。。
何でも笑い話にしてしまうって、いいなぁ、このメンバー。

やっと、まいて(失礼)運良く来た安全だと言われたタクシーに乗って、無事にホテルまで帰りました。





d0089009_20353115.jpg


この日のタクシーの件で、この夜緊急ミーティング。タクシーがひろいにくいという上海で、夜は尚更のこと、タクシーが捕まらないとコンシェルジェからも言われました。足の便でストレスをためたくないと、その手段のための手配をしました。女性4人旅ですので、安全を第一に。

そして、このミニ写真は、上海のケンタッキーです。お嬢さまmayが国が違うケンタの味を試してみたいと、入ってみました。台湾のケンタも、中国のケンタも、美味しい!

[PR]

by morimaman | 2008-03-09 21:12 | 日々の出来事 旅 | Comments(28)
Commented by ymomen at 2008-03-09 23:16
ほんと、屋根のそり方が独特でおもしろいですね。
広いお屋敷、中庭がすてき。
庭を囲うようにいくつもの部屋があるのでしょうか。
お屋敷の見取り図を見てみたいです。

台湾もいいけれど、上海もすてきですねえ。
近代的な建物が立ち並びながら、朽ちた家々が同居するのは痛々しい感じもありますが、帰国するたびに同じ姿を日本にも規模は小さくても見て、複雑な思いです。
でも、それはどこの国にもあることでしょう。

わたしは文化大革命という奇妙な歴史に賛成はしなくても、その当時の動きに興味があります。
そのあたりの映画を見ていると、この記事に拝見できる町並みがそのなかで見たところに似ているようです。
ここもまた、朱色の提灯が不思議に似合うところですね。

いま中国ではエキサイトさんにログインできない、というMorimamanさん以外のブロガーさんの声を聞いています。
政府が醜聞をさけるための対策なのでしょうか???
Commented by anmimi at 2008-03-09 23:16
上海に行かれましたか!簡体字に??というお気持ち分かります。でも慣れると書くのはこちらが楽ですよ。エキブロはこうやって中国が入力できるがために、中国ユーザーが多く、政府はそのユーザー達の発言の場をブロックするためにエキブロを規制しているのです。日本のユーザーにはほんとにはた迷惑ですよね。
Commented by risa at 2008-03-09 23:25 x
morimamaさん、お帰りなさい。
私、台湾に上陸する前に、上海に行ってました。
おしゃれな町ですが、古い物が無くなって行く事に寂しさも感じます。博多もそうですが、新しいものが増えるにしたかって、古い物が無くなっていくんですよね。

上海で私も迷子になり、ちょっと(いえかなり)不安になりました。ご無事で何よりです。
でも、上海も好きなんですよね。
なんだか矛盾してます(困ったな=)
Commented by マイチー at 2008-03-10 00:09 x
おかえりなさ〜い。
この夜景!お天気がよかったようですね。
私はこれまで2度とも霞んだ景色となりました。綺麗ですね。

上海のタクシー、
私は二区画ぐらい離れた場所で降ろされたことがありますよ。
夜だったので「ここ…どこ??」って焦りましたが、
親切な女性に道を教えていただき目指す店に無事到着。
思わぬ出来事に友人と苦笑しました。。
それでもまた訪れたいと思った街です。
Commented by YALIN note at 2008-03-10 00:32 x
お帰りなさい!
暫くアップしていないと思ったら、上海に行ってきたのですね。
新旧が混ざっている街並みも魅力の一つですね。
上海に行った時、私もタクシー事件に遭遇。
なかなかタクシーを掴まなかったので、
そのままホテルまで歩いて帰ったことはしばしばでした。
毎日、朝から晩までずっと歩くと、足はかなりパンパンになり、大変でした。
morimamanさんたちもかなり歩いていたではないでしょうか?
引続きのアップは楽しみです。(^o^)丿
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-10 00:33
お帰りなさい!素敵〜〜な写真に酔いしれました!なんていいんでしょう♪ほかにもまだいい写真をお持ちなんでしょうねえ。見たぁい!
また上海に行きたくなってしまった。
Commented by cafe_yang_at_home at 2008-03-10 00:36
お帰りなさ〜い^c^/

懐かしい(?)上海の景色、、、

でも女だけの旅は絶対に楽しいものです♪
           (対不起!!papa^v^;)

上海のアップ、楽しみにしています*^c^*

Commented by mmiyu91 at 2008-03-10 00:40
おかえりなさいませ☆
うーん、サントリーの烏龍茶のCMを思い出させるこの景色、すごく素敵です。
建物、屋根・・・が、やはり台湾と似ているようで似ていないような感じですね。
キッチュなものがたくさんのお店、わたしものぞきたいです(^^)
Commented by 讃岐おばさん at 2008-03-10 07:23 x
豫園商場の喧騒、思い出します!
初めての中国でフリーなんて考えられないです、すごい!
値段があってないお買い物、面白いかも、ですが(笑)
どんどん開発が進んでどうなるんでしょう。

豫園の次はどこかな~?
Commented by morimaman at 2008-03-10 08:12
momenちゃん。
美しい建物がたくさんでした。豫園はここに乗せている写真の10倍以上は撮っています。それでも、行けない部屋などがあり、一体どれだけの部屋数なのか見当もつきません。
池のある庭園風景を見ながら、朝食を摂るデッキみたいなお部屋があったりと、それはもう豪華です。本当に見取り図などがあったら、食い入るように見てしまうでしょうね。
興味深いものです。

朱色の提灯が似合うたてものもあれば、瀟洒な家があったりと、渾然一体となった上海の街、ここもまた面白かったです。

エキサイトはそうなのですか。。。複雑です。あれだけの大国なのに、それがどれほどの効果があるのか、私にはわかりませんが、そういったすべてのものとは関係がないところで生きている庶民もたくさんいますね。
Commented by morimaman at 2008-03-10 08:18
anmimiさん。
そうなんですか。帰国してanmimiさんの記事を読んで知りました。
こうやって、ブロックすることで、何を生み出すことができるのか、、、不思議な国です。

私は3泊4日の短い旅でしたので、仕方ないかですませましたが、(1日あたり@100RMBは痛かったです)暮らしている方にとっては、不便この上ないかもしれませんね。

簡体字、、、連想ゲームのように読みました。覚えてしまえば簡単なのでしょうね。どちらに数多く行くかで、決まりそうです♪
Commented by morimaman at 2008-03-10 08:22
risaさん。
上海。おもしろい街ですね。古いものがなくなっていって、新しい上海に生まれ変わっていくのでしょうが、古いところで生活をしている人は、どこへ行くのだろう、、、、と思ってしまいました。

瀟洒な家の窓から、にょきっと突き出た竿に、洗濯物がいっぱい干してある光景など、市内ではもう見られなくなるのでしょうか?
おしゃれなところと気どらないところ、、、私も上海が’わるくないなぁこの街’と思えました。
Commented by morimaman at 2008-03-10 08:38
マイチーさん。
ただいま♪
帰国の日だけが雨で、後はお天気に恵まれて、遊ぶことができました。
Bundの夜景が目に入った途端、思わず感嘆の声がでました。
うつくしいですね♪

マイチーさんもタクシー、大変でしたか。
上海=大都市、故にタクシーがいっぱいという感覚で行ったのですが、そうではなく、また優良タクシーもそんなに多いようではないので、これだけが大変でした。
だけど、初日にそれに気づいて良かったです。対策を講じることができました☆
お店でも、お客(私)が何かを尋ねているのに、思いっきり鼻歌を歌ったりしていて、面白いなぁ、、、、
また、行こうかな上海☆と、思っています。
Commented by morimaman at 2008-03-10 09:02
YaLinさん。
そうなんです。上海に行っていました。
タクシーは、YaLinさんも困られましたか。
私もここまでだとは思いませんでした。

でも、楽しい旅を続けることができ、そして無事に帰国できて、やはり同行者に感謝です。

今回の旅行はさわりかな、、、と思っていますので、また上海に行きたいと思っています。
ホテルを一歩出ると、中国語しか通じなかったので、もっと、勉強をしよう☆
Commented by morimaman at 2008-03-10 09:04
小野寺さま。
ただいま♪
上海の写真、いまいち、に、さん、ばかりです。活きている上海が伝わらないかもしれません。
上海がお好きな小野寺さん。どうぞ、上海に行かれて、素敵な絵を描かれて下さい♪

古いところがドンドンとなくなっているので、今行かれることをお薦めします。
Commented by morimaman at 2008-03-10 09:06
やんさん。
ただいま♪
いろいろとお世話になりました。
楽しかったです。オンナ旅!!
でも、次回は本当に主人を連れて行かなくては、拗ねて大変かもしれません!!

ブログ、秋葉原さんは見られないみたいですね。。。私も、驚きでした。
Commented by morimaman at 2008-03-10 09:09
miyuちゃん。
ただいま。
烏龍茶の宣伝を思い出して頂けましたか!!同行者はみんな知らなくて、’!!’と思っていました。

この塔は、当たり前だけど、あの広告そのままでした。
建物や、風情。。。やはり台湾とは温度が違うな、、、と実感します。
キッチュな雑貨、どうぞ神経太くいらして下さい。
Commented by morimaman at 2008-03-10 09:12
讃岐おばさん。
豫園商場の喧噪は凄いですね。いったい、どこからこの平日に、きたものか、、、そして、本物の豫園はひっそりとしておりましたよ♪
フリーですが、いろいろな手段を講じまして、我が儘プランで行きました。
でも、その方がゆっくりと楽しむこともでき、良かった☆

次はちょっと、上海から足をのばしました♪
Commented by ashmam at 2008-03-10 09:14
はぁ~、素敵!! 
morimamanさんの写真の腕なのでしょうが、とても美しい上海に行きたくなりました。 そばでみると本当に圧巻なのでしょうねぇ。
続きが楽しみです(^^)
Commented by mahos-table at 2008-03-10 11:37
上海はお初だったのですね!
私も1年以上ご無沙汰しています。
写真を拝見しているうちに、また行きたくなりました。
ただ、morimamanさんの切ない気持ち、わかります。
上海の表と裏の顔。
近代的なビルの谷間に、ひっそりと暮らす人々。
そのギャップの大きさに、かなり無理をしている感じがしてしまいます。
でも、ゴハンは美味しいですよね♪♪♪
Commented by Saori at 2008-03-10 20:43 x
私が小学生だった頃、父が仕事で1ヶ月上海に駐在していた事がありました。帰ってきてから見せてもらった上海の写真・・・同じアジアの国なのに、日本とは全く違った顔を持つこの国にとても興味を持ったのを思い出しました。
morimamanさんが写された上海、あの頃とあまり変わっていないように思えます。新しいビルは増えましたが、古いところはそのまま。
北京には2度行った事がありますが、上海はまだ。
同じ中国大陸でもこの2つの都市は対照的だと聞きます。
一度行って見たい場所、また増えました^^
Commented by morimaman at 2008-03-10 21:16
ashさん。
いえ、私の写真の腕などは、、、、
上海の夜景が圧巻なのです。そして、初めての景色。本当に好奇心いっぱいで、いろいろと見てきました。

次回もどうぞ、お楽しみに、、、、
Commented by morimaman at 2008-03-10 21:18
mahoさん。
はい、お初の上海です♪いろいろな思いに駆られましたが、それでも魅力ある所だと思いました。

mahoさんの、ご贔屓のお店がたくさんあるのでしょうね。事前にお尋ねすればよかったかな☆。
美味しいごはん、頂いてきましたよ。
Commented by morimaman at 2008-03-10 21:31
Saoriさん。
Saoriさんと中国、近くにあったのですね。
これから、急激に変わっていく上海の途中を見てきたような気がします。今、行くことができて良かったなとも、思いました。後2,3年で大きく変わるでしょうから。

私達も、日本の急激な変化のなかで大人になりましたが、上海のいろいろな方達の将来はどうなっていくのだろう、、、と尋ねたかったけど、尋ねることができないような雰囲気もあり、、、日本とは違う国。

また、行ってみたいと思った街上海、と同時に北京にも行きたいな、と思っています。
Saoriさん、北京に行かれたことがあるのですね。。。どうでした北京?
北京もオリンピックを控え、大きく様変わりしたことでしょう。

外国を旅するということは、いろいろなことを思い、見聞きし、好奇心がとどまることを知らない自分に、不思議なパワーを感じます☆
Commented by ako_bishoku at 2008-03-11 03:05
楽しみにしていました、上海日記!
本当に昔と大違い。
ビルなんて何もなかったのに、っていうか、ほんと、前回書いたように、
白樺の木と西瓜(夏だったので)しか見なかったのに・・・・。
すごい成長ですね。 でも、古いおうちを見ると、まだまだ変化が
ありそうですね。 少しさみしい気もしますね。

それにしても、タクシーが見つからないのは大変です。 翌日、
ちゃんと手配できていたのでしょうか? いつかまた行ってみたい
中国、興味津々です。
Commented by azumi_diary at 2008-03-11 05:53
はじめまして!matoiちゃんの所から伺いました。
先日のコメントで上海旅というのが気になり・・・
実は私20年前にオットの仕事で上海に4年住んでおりました。
昨年6月に娘と二人で15年ぶりに上海へ行ってきたんです。
記事を拝見して「うんうん!」「そうそう!」と思う事ばかり(笑)
お写真があまりにも臨場感があって素晴らしく、思わずコメントさせていただきました。
しかも、ご出身が博多でいらっしゃるんですね。
私も実は生まれも育ちも博多なんですよ。
これからまた遊びに伺います。どうぞよろしくお願いいたします^^
Commented by morimaman at 2008-03-11 07:51
akoちゃん。
新しい建物と、古い建物が渾然一体となった上海。今、何となく懐かしく思い出すので、やっぱり好きな街になりました。
でも、これからも劇的に変化していくのでしょうね。

ちょっと脇道一本入れば、庶民の街となるので、これはこのままで、、、なぜなら、庶民の朝ご飯処とかがたくさんなのです。こういうところが好きなので、余計にそう思うのかもしれません。

タクシー、、、みなさん結構経験していらっしゃるのですね。しっかりと手配を致しました。
Commented by morimaman at 2008-03-11 08:37
azumiさん。
はじめまして♪ようこそ♪おいで頂きまして、とてもうれしく思っています。

上海にお住まいだったのですね。20年前の上海はいかがでしたでしょうか?10年前の上海を知る方は’変わりました、上海。税関の職員のにこやかさから違った!!’とおっしゃっていました。たしかに!!はじめて、にこやかな入国審査を受けました。
昨年の上海では、感慨深くご覧になったのではないでしょうか。

azumiさんも博多のご出身ですか♪生まれも育ちも博多で、主人の転勤で初めて、東京の地を踏みました。身体の半分がまだ、博多にあります。
ブログで親しくさせて頂いている方が、同じ博多出身ということがわかり、しかも、同窓生という偶然まで重なりました。
同郷の方との交流は、とてもうれしいことです。

これからもよろしくお願いします☆

私も、azumiさんのブログにコメントをさせて下さいませ♪


<< 上海    苏州へ      さらわれて 台湾 仕入れの日 2 >>