今日は何にしよう?

morimaman.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 13日

上海    苏州へ




おはようございます。

上海!!

d0089009_22452858.jpg







この日は、上海ミーティングで決めていた、郊外へ遠足ディ。
Tomoちゃんが、予めホテルのコンシェルジェと打ち合わせてくれ、日本語ができるガイドさんつきの、オーダー遠足です。

向かうところは、

東洋のベニス 苏州(蘇州)へ

d0089009_22504693.jpg






目的地に向かう前に、高速道路のサービスエリアでちょっと休憩。
よその国の、サービスエリアは大好き。
その国の、車での旅のお供が何なのか、よく現れていると思います。


d0089009_2253878.jpg



先ずは果物。
みかん、金柑、林檎、、、



d0089009_2253557.jpg


村の雑貨屋さんのように、スティールの棚にぎっしりと飲み物が整列!!



d0089009_22544992.jpg



d0089009_22551361.jpg


魚肉ソーセージに違いないと思って買ったら、いろいろな肉のソーセージだったようです。
ガイドさんが、

’子どもの食べ物です’(きっと、子どもが好きな食べ物という意味)





d0089009_23204319.jpg


 苏州(蘇州)に着きました。
上海から車で1時間30分ほどのドライブ。

予めコースが定まっていたらしく、先ずは寒山寺。

漢詩の七言絶句   楓橋夜泊  張継作

この詩の中で詠まれている寒山寺です。

月落烏啼霜満天   江楓漁火対愁眠   姑蘇城外寒山寺   夜半鐘声到客船

この詩が詠まれていた頃の、蘇州の寒山寺の前の運河は昼夜を問わず、船が行き交う賑やかなところだったそうです。





d0089009_23294647.jpg


小さな石でかたどられた花模様の石畳が続きます。




寒山寺の鐘の音が、何とも言えず枯れたいい音を響かせています。

d0089009_2331315.jpg





d0089009_2332377.jpg





d0089009_23322313.jpg


旅愁を誘ういい景色。
そういえば、昔の流行歌の蘇州夜曲にも。この寒山寺の名前が入っていました。
もちろん、私はリアルタイムではございませんが。




d0089009_23352727.jpg


悪いところに、このお線香の煙を寄せると治るということで、みんな一斉に、頭へ、、、、

心にすればよかったかな。。。





d0089009_23371013.jpg



大変申し訳ないのですが、私達は、寒山寺を観光候補には上げていませんでした。
できれば、世界遺産巡りに終始したかったのですが、緩急をつけたコースなのでしょうから、ここは大人しく従うことに、、、


でも、こちらはぜひ行ってみたかったところ。

山塘

小さな老街の街並みともに、運河を船に乗って、楽しみます。





d0089009_09482.jpg


細い路地の空間を飾る、紅いランタン。




d0089009_0104126.jpg


船着き場側の建物の2階から、音楽が流れて来ます。

聞き覚えのある曲。

天涯歌女




d0089009_025155.jpg


曲にあわせて楽しそうに踊っていらっしゃる女性。
地元の方達の、集いの場だそうです。
笑い声や、大きな話し声が響く、社交場。

旅先でこういう風景に出会えるときが、一番楽しいとき。
活き活きとした、そこに生活をする人々の日常を、微笑ましく眺めることができました。



d0089009_0282477.jpg







d0089009_0285743.jpg





d0089009_0292299.jpg


船に乗って、ゆらりと、異国の暮らしを拝見させて頂きましょう。




d0089009_0304339.jpg





d0089009_033124.jpg





d0089009_0334464.jpg





d0089009_0341459.jpg





d0089009_0344043.jpg


決して、観光化されているところではありません。
運河の両岸に、生活をしている方々の世界があります。

河をきれいにするための、清掃船がゆっくりと走っているのに、生活をする人は、そこへ残飯を捨てたり、道路工事の土を投げ入れたり、、、
昔からそうやっていたように、自然な感じで、運河と暮らしています。




d0089009_038434.jpg


そこでは洗濯も、普通にされています。




d0089009_039444.jpg


汚染されるということで、本当はいけないことなのでしょうが、山塘の人々は

’昔から、こうやってきた。みんな平和に暮らしてきた。
こうやって、みんな大きくなったんだ。!’

と、言っているようです。




d0089009_0415688.jpg


そして、新しい世代も、こうやって生まれて、育っていく。。。



※※※※※※※※※※※※※※※※


d0089009_0575347.jpg

怠くなるくらいの写真の羅列になってしまいました。
次回は、すっきりと、世界遺産の旅へ、、、

と、言いながらまたうんざりするほどの量の写真が、、、、
もう少しお付き合い下さいませ。
[PR]

by morimaman | 2008-03-13 01:01 | 日々の出来事 旅 | Comments(28)
Commented by cafe_yang_at_home at 2008-03-13 01:31
「山塘」、、、私も行きたい場所です!!
でも前回秋葉原さんに反対され断念>V<
観光地化してしまったから味が無くなったと言っていました。

でも私達にとっては、こんな風景は十分味がある!!
だからやっぱり行きたくなりました。
怒られても連れてってもらおう^C^V

天涯歌女、、、元々は費玉清のことしか思い浮かばなかった
けれど、今では色戒の印象が強くなってしまいました!!
大好きな場面になってます♪

そしてその次の幸せそうなおばさまとおじさまのお顔が
すごく好き*^C^*

これは中國だ〜って感じます。
ラストもね!!

こういう写真を見ると、中國の方の素朴さが伝わってきて、
もっともっと田舎に行ってみたいなって気持ちが強くなります。

一緒に行こっか〜♪

Commented by ymomen at 2008-03-13 06:26
いま、というときに中国の姿を見ることにとても意義があるように思います。
物議をかもしている中国は、わたしに急に身近に思えています。
なんとか世界に受け入れられる国に立ち直ってもらいたいという気持ちです。
たくましい国。

いままた”蒼穹の昴”を読んでいて、中国に寄せる気持ちが高まっています。
Commented by 讃岐おばさん at 2008-03-13 06:43 x
お船に乗りましたね、いいアングルで写真が撮れています"^_^"
ついつい写真の枚数が多くなるのは見せていただくほうも嬉しいです♪

去年9月に行った時は蘇州有情という日本人旅行社にお願いし、とっても良かったです。
蘇州市内は観光化されているからと、「同里」観光をしましたが、初めて行くには「山塘」も良いですね。
地元の人達の生活の場になっている運河、もう少し綺麗だったらねぇ。。。
そう、昔は水も澄んでて泳いだりしてたそうですが。
Commented by morimaman at 2008-03-13 08:11
やんさん。
観光化されているかどうか、わからないですね。私達が観光客だから、充分楽しめたと思っています。
まだ、中国の他を知りませんから、かえってよかったのかも。

秋葉原さんは、どこがお薦めなのでしょうか。知りたい、、、

こちらの方々は、カメラを向けると、微笑んでくれますし、最後の坊やのご両親は’撮って下さい!!’と、とても好意的でした。
素朴な街でした。

知らないこと知るというのは、とても楽しい!!

>>一緒に行こっか〜♪
ほとぼりがさめてから。。。
Commented by morimaman at 2008-03-13 08:17
momenちゃん。
ちょっと緊張の旅でしたが、行ったところが上海ということもあるのかもしれません。私達が狭い範囲で触れた中国は、とても、優しかったです。(タクシーは別)

田舎はやっぱり素朴で、人間ものんびりとしていて、私達が忘れた時間というものがありました。上海人は、そんな彼らを、’することがないから’と言っていましたが、、、
私は、活き活きとした人達を見て、よかった、ここに来て!!と、思いました。momenちゃんも、近いうちに行きませんか?
Commented by morimaman at 2008-03-13 08:24
讃岐おばさん。
ありがとうございます。
なんだか、写真ばかりが増えて、、、

いろいろな候補地が上がったのですが、蘇州で世界遺産を、、とビギナーの意見が一致しました。楽しかったですよ。観光地は観光地ですが、国内の観光客の動静も見ることができて、いろいろな意味で興味深い遠足でした。

山塘、のんびりとして、人々の生活を目の当たりにできて、とても面白かったです。4人だけで動ける様にして下さっていたので、こちらものんびりと〜。

また、行ってみたい中国。今度は麗江にも九塞江にも行ってみたいような、、、
Commented by cafe_yang_at_home at 2008-03-13 09:43
ほとぼりは冷ますものです^c^v
Commented by mmiyu91 at 2008-03-13 12:22
わぁ、やっぱり中国だなぁという雰囲気ですね!
すごく素敵なところです。
蘇州夜曲、すごく前に、サントリーの烏龍茶のCM曲のアルバムを買ったんですが、最近聞いていないなと思い出しました。
morimamanさんの記事を見て、久しぶりに聴きたくなりましたよー。
空気の色が、台湾とはやっぱり違いますね。
中国、わたしも、九塞江には行ってみたいなと思います。
Commented by ako_bishoku at 2008-03-13 16:45
morimamanさんの旅は、いつも地元の生活にも着目していて、
素敵ですね。 好きです、そういう旅。 なのに、結構ミーハーな
旅になってしまうことも多い自分がちょっと情けない。(笑)

外国に行った時、郊外に意外な発見があったり素敵なものに
出会ったりしますよね。 アメリカも一緒です。 

何だか行ってみたいところだらけになってきたなぁ。
やっぱり働かないといけないなぁ。(笑)
Commented by hiro-schon at 2008-03-13 19:21
ご無沙汰していてごめんなさい!
↓上海、そして蘇州、いいですね。
思わず蘇州夜曲を口ずさみながら拝見させて頂きました。
お写真から時間がゆっくり流れる雰囲気が伝わって、心が穏やかになりました。
本当に素敵な旅ですね。
Commented by matoi1177 at 2008-03-13 19:51
こんばんは。
こんな場所をのんびりと歩いたら、だんだん心も丸くなっていくような
気がするわね。私はすぐにでも行かなくちゃいけない所だわ。(笑)
モリママちゃんが撮る 『人』 は、皆とてもいい表情をしてるわね。

蘇州って響きもとてもステキだけど、この目で美しい風景を見てみた
いな~。行きたいところがいっぱいで↑私も同じく働きます
Commented by マイチー at 2008-03-14 00:00 x
わぁ!コカコーラ缶がオリンピックver.になってますね。
さすがは開催国!

この石畳…とてもステキだし、
裸足で歩いたら気持よさそうですね(笑)。
Commented by 4halfmoonbay at 2008-03-14 04:25
すごい、大陸にもとばれたんですね。中国はアメリカに渡る前にダディーと西安で待ち合わせしていっしょに回りました。やっぱり公園なんかにいる普通のひとの生活がよかったな。もう随分変わってしまったんだろうと思っていましたがそうでもなかったんだとこちらで知って嬉しくなりました。
Commented by morimaman at 2008-03-14 10:40
やんさん。
冷めているのですが、決して忘れない、、、人。
しばらくは、大人しく大人しく、、、、
Commented by morimaman at 2008-03-14 10:42
miyuちゃん。
私もそのCD持っています。
あのメロディーがいろいろなところで流れてきました。

台湾とは全然違いますね。
でも、こうやって、郊外に行くと素朴な人の流れがあって、また行きたいな〜と思っています。

我が家にあるANAのポスターが誘うんです!!
Commented by morimaman at 2008-03-14 10:45
akoさん。
いやぁ、私もミーハー旅をしています。
でも、ドキドキとする未知の国で、素朴な生活やひとを見ると、本当にホッとします。
みなさん、笑顔が素敵で、こちらまで楽しくなってしまいます♪

アメリカの田舎もそうなのでしょうね。

上海でも、ちょっと庶民ストリートを歩きまして、楽しかったです。
次なる所は、と思ってしまっているのですが、働かなければ!!
Commented by morimaman at 2008-03-14 10:49
hiro-schonさん。
お元気ですか?
わたしは、中華圏の旅を楽しんでいます。

蘇州夜曲、李 香蘭さんとか中国の方からそのお名前が出て来ました。
私も、口ずさみながら寒山寺巡りを、、、

長閑で、ゆっくりとして、心が充たされた旅になりました♪
Commented by morimaman at 2008-03-14 10:52
matoiちゃんさま。
本当に丸くなります!!こころと身体が!!そういう意味では、私はとても大陸適応型です♪
上海はそれなりの都会ですが、ここまで来るとのんびりとしていいところです。
こちらの社交場で楽しまれていらっしゃる方達も、とても楽しそうでした。

そんな光景と出会えるから、旅は止められない!!

おっとよ♪もっと頑張って!!私、次に行きたいところを決めているからね。(鬼嫁)
Commented by morimaman at 2008-03-14 10:55
マイチーさん。
五輪グッズも売っておりました♪免税店では、グッズショップもございました!!
入国審査の職員の、とてもとてもにこやかな対応は五輪ヴァージョンだと、誰かが言っていました。

石畳、、、裸足で歩くと健康になりますと、ガイドさんがおっしゃっていましたが、、、確かに気持ちよさそうです。
Commented by morimaman at 2008-03-14 10:58
Mayさん。
そうなんです!!大陸に行ってまいりました。
上海はまたまた劇的に変わりつつあります。2010年までには全ての工事を終了させると、おっしゃっていました。

が、郊外のゆっくりとした風景は変わっていないのでしょうね。何百年とそこに存在する屋根瓦や、石や、建物。昔から変わらないだろう、運河との付き合い、、、とても心に染みるいい旅だったと思います。
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-14 11:01
水のある場所っていいですよねえ。蘇州、憧れています。行ってみたい...。恐れ入りますが....これからもうんざりするほどの写真を見せて下さい。お願いします。(まだまだ、少しもうんざりしませんので。)
Commented by morimaman at 2008-03-14 11:30
小野寺さま。
水のある場所と、火のあるtころは好きです。何だか、心が和みます。あっ、この場合の火はたき火とか竈の火でございます。

蘇州はですね、次回編なのですが、蘇州刺繍がすんばらすぅい!!!
うんざりと、見て下さいませ♪
Commented by mahos-table at 2008-03-14 12:46
蘇州、行ったことないんですよね。
ステキですね・・・・・。
本当に、水の都ですね!
ベニスには行ったことがありますが、
東洋の水の都はまた趣が全然違います。
いつもmorimamanさんのところで、旅をさせてもらっています。
行ってみたい・・・・・♪♪
Commented by morimaman at 2008-03-14 19:26
mahoさん。
’東洋のベニス’とは、ガイドさんの説明なのですが。船に乗るときに’さぁ、東洋のベニスを楽しみましょう!!’と、大声で言われて、、、
絶対に違うと思うのですけどね、水の都とおっしゃりたいのでしょうね。

>>旅をさせてもらっています
ではもっと、おっとに頑張ってもらって、いろいろなところへ!!(爆)
Commented by carpe_diem_1028 at 2008-03-14 20:31
上海にいらしていたのね。
何だか四国あたりにありそうな景色。一番の違いは、石でできた
建物が多いように感じることでしょうか。四国だったら
木でできていそう。
のんびりと、東京都は違うスピードで、時計が進んでいますね。

私の方は刻一刻と環境がかわりつつあります。私の気持ちが
変わっているのかな?それもあるけど、仕事の質がどんどん
下がって(泣)、ここにいる自分がもったいないような気持ち
ばかりが強くなって・・・。
morimamanにゆっくり相談に乗っていただきたいです。
Commented by morimaman at 2008-03-14 20:59
carpe_diem_1028 しのぶちゃん。
上海の件は、言わなかったみたいですね♪
四国、、、、今年中に初めて四国の地を踏む予定です。

ゆっくりとお話をしましょう!!とりあえず次回のお稽古でお会いできますよね。
何だか、今年初めからバタバタとしている私ですが、ちょっと立ち止まっているときもありますので。

大丈夫?心配をしています。
Commented by うきうき at 2008-03-15 01:38 x
素敵です!
「実際に見てみたい!!!」と思ってしまうお写真!
夏はどこに行こうかな・・・と考えると、行きたい所ばかり。
上海も候補になりそうです。
Commented by morimaman at 2008-03-15 16:40
うきうきさん。
お気に召して頂けましたでしょうか?
山塘からの運河巡りは、とてもよかったです。
地元の人々は素朴な生活をしてあり、こうやって音楽やおしゃべりを楽しみ、懐かしいと思ってしまいました。

どうぞ上海も候補にお入れ下さい。

(上海スタバ限定バック、跡形もございませんでした。残念!!)


<< 上海    苏州へ 2      Shang Hai >>