今日は何にしよう?

morimaman.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 01日

お雛さま    博多へ 2




九州のお雛様は、旧暦ということで、3月の3日から4月の3日まで飾るところがほとんど、、、だと思います。

d0089009_2112442.jpg


moripapaが一足先に東京へ戻って、女二人向かったところは大分県日田市です。



 
日田市は江戸時代、幕府の直轄地、天領だったところ。
豊潤な財力と、九州の小さな盆地なのですが、高い文化に恵まれていたようです。

その日田市が、おひな祭りで知られるようになって、もう随分と経つのではないでしょうか。




d0089009_2145397.jpg


日田の名だたる豪商の雛節句を飾ったお雛様は、ガイドさん曰く

’普通のお金持ちではありません。もの凄いお金持ちでないと、買えなかったものです’

らしいです。
享保時代のお雛様、元禄の頃のお雛様が飾ってありました。




d0089009_2183369.jpg


ちょっとタイムスリップをしたような建物が点在しています。

この日の私達の目玉、草野本家のお雛様は、もう見ることができませんでした。
常設の展示館ではなく、ご自宅を開放されてのお雛様なので仕方がありませんが、4月3日まで見られると思っていたので残念です。




d0089009_2111717.jpg



外観だけでも写真に。。。

知り合いでこちらと縁のある方が、こうおっしゃっていました。

’昔は親戚一同が呼ばれて、お雛様を飾ったのだけれど、今ではお役所の方達が手伝って下さるから、楽よ。’

本当に大変でしょうね。大広間いっぱいに広がり、天井まで届くかと思われる御雛飾り。
見たかったなぁ。。。




d0089009_2114234.jpg


撮影禁止が多いおひな祭りですが、写真を撮るより、ゆっくりと目で堪能して下さいということなのでしょうか。
この密やかな建物の向こうに、何百年と生きてきたお雛様が飾られています。






日田市豆田町。
こちらがお雛様の展示をしている街の名前です。(他にも隈町があります)
小さな町ですが、ひっそりとして時代の矜持を感じます。

ここでのランチは、福岡の友人から薦められて秋子想(ときこそう)で。

d0089009_21175868.jpg


秋子(ときこ)とは、日田の広瀬家が生んだ逸材広瀬 淡窓の妹の名前です。

秋子を想ふ

美しい名前です。






d0089009_21272297.jpg


美味しいランチでした。
お江戸の友人のお箸が何ともうれしそう。





d0089009_21281080.jpg



お江戸の友人が言いました。

’気に入った!!相性がいい!!また、来年来るヮ。’

それはよかった!!











d0089009_2130868.jpg


moripapaが一足先に東京へ戻る前夜、初の博多上陸の友人を祝して、私達の縄張りへご招待しました。(但し、割り勘)

博多と言えば、お魚でしょう。
玄海の潮にもまれた美味しい魚を。。。。





d0089009_21322350.jpg


うねうねと動く、トコブシを何の疑問もなくぱくっと。

’ええ。。。動いているよ。。。’

活きております。
新鮮です。

’いや、、、活きている。。。’





d0089009_2134038.jpg


美味しい野菜は、あまりにもふつ〜です。

ここいらで、観念をしたお江戸の友人はトコブシをぱくっ。

’ん〜、おいしい!!磯の味がする!!’

それはよかった。

でもまだ、ふつ〜だから。




d0089009_21452756.jpg


ごまさばがあるけん博多たい!!
さばのお刺身におそるおそる箸をつけるお江戸の友人。

’おいしい!!’

ぱくぱくっと、半分一気に食べてしまいました。
良かったね。

この後のことを考えれば、ほんとうにおいしくて、、、




d0089009_21485470.jpg


白子もおいしい。
でも、この後に比べればふつ〜〜。






お店のスタッフの方から、

’○○いかがですか?’
’いただきま〜す。’

と元気よく返事をした彼女。
わかっているのかしら。












これでですよ。
わかっていたかしら、これですよ、あなたが頼んだものは。


d0089009_2137051.jpg



’ひえ〜〜〜〜。どうやって食べるの?’

叫んだ彼女。

この時期の博多の風物詩しろうおの躍り食いです。

どうやら、しらうおの釜揚げと聞き間違えたらしい。。。。(と、どんだけ聞き間違い)

’どうやって食べるの〜〜’

ええいっ!!

’こうやってすくって器にいれて、そこへポン酢を垂らし、少し気絶させてから、すするのよ。こうやってね’

あぁ、しろうおさんごめんなさい。
20数年ぶりのしろうおでした。

もういいかな、しろうおの躍り食いは。。。

お江戸の友人も、ひとすすりだけで、ギブアップ。

博多の室見川に梁をかけて獲る、しろうお。
ちょっとした、絵になる光景なのですが、まさか、この期に及んでいただくはめになろうとは、、、

やはり、粋人にはなれないようです。








d0089009_2151121.jpg




中洲川端のおいしもんやさんで。









d0089009_21515762.jpg

すご〜く食べているようですが、あんまり頂いておりません。行く先々で、胃袋が自由自在に広がったり狭まったり、、、今のところ、普通のおうちごはんをしておりますので、普通の胃袋のようです。




※※※※※ 追記 ※※※※※
中洲川端のおしいもんやさん
 せいもん払い    でんわ  092-281-5700
 予約は、17時(あれ?17:30だったかな)から18:30までの入店の 受付。
  ’遅れられると、取り消しです’
 と、言われます。遅刻厳禁です!!
お品書きにお値段は書いてありません。だからといって、おそろしい時価ではないのですが、ご心配ならば、お店の方に事前にお値段を聞かれたらよいと思います。
今回、このお料理と飲み物(アルコール)で一人大体7000円くらいでした。(しろうおが高かったかな。。。)

[PR]

by morimaman | 2008-04-01 21:25 | 博多 | Comments(28)
Commented by risa at 2008-04-01 22:28 x
素敵な写真、ため息が出ます。
おひな様って見ていて飽きませんよね。

で、白魚ですね〜。
春ですね〜〜。
長男の出産休暇に入ったのが2月中旬で、4月11日に生まれるまで、室見川をひたすら散歩していました。
(体重がかなりオーバーしてたもので・・・、で、今それくらいあったりして・・・・え〜ん)

川沿いの桜並木と白魚量のしかけが、今も思い出されます。

私に取ってはこの二つが春の風物詩です。
Commented by carpe_diem_1028 at 2008-04-01 23:08
お雛様、圧巻ですね。大金持ちでないと買えない贅沢品、わかります。私の内にも祖母の内裏雛、伯母の内裏雛がありましたが、どちらもそれだけ。お付きの人のいない、寂しいもの。私のだけが七段飾りです。

並べると時代によって好まれる顔が変わるのがわかりますよね。
今年はひな人形、見なかったな・・・。
Commented by ymomen at 2008-04-01 23:25
しろうおをポン酢で気絶させるって、ほんとですか。
Morimamaさんがお書きなればほんとらしいけど、おもしろいですねー。
わたしだったら、けっこういただきそうですが。

お内裏様とお雛様が対で、ずらりーと、段に並んでおいでなのですね。
大分県の生まれなのに、日田市には行ったことがないんですよ。
確か昭和の時代を復元した通りがあるのではありませんでしたっけ。

鯖、
わたしも大好きです。
帰省すると関鯖の刺し身をいただきます。
こちらでは、時々いい冷凍鯖を取り寄せて焼くのが夫の好物なのですが、それもしばらくいただいていません。
メニューがマンネリのとき、夫があれを食べたいと申します。
Commented by mmiyu91 at 2008-04-01 23:28
いい雰囲気の街ですね。大分かぁ・・・懐かしいなぁ。
って、行ったことはないのですが、大分出身の4つ下の同期の男の子がいて、すごく慕ってくれてたんですよ~。
それにしても、この時間にこのおいしそうなお料理の写真・・・危険すぎます。笑
躍り食い、挑戦してみたいです。
ポン酢で気絶させて・・・・?!
途中で目覚めて体内で暴れたりしませんか???笑


Commented by うきうき at 2008-04-02 01:00 x
私もお雛様を拝見したいです。
そして、博多に行っても、芝居だけ見て、
日帰りで帰ることが多いので、
もったいないことをしていることに今更ながら気づきました。
海の幸、いただきたいです!!!
(私の夢はイカの生き造りをいただくこと。これもひどい夢ですね・・・)
Commented by 讃岐おばさん at 2008-04-02 06:51 x
私も日田の街並み、大好きです♪
そしてここから小鹿田焼きの里へ行くのです。
大分は温泉もいっぱいあって住みたい町かな、台湾の次に(笑)

中洲川端のおいしもんやさん、ここも良いですね、行きたいな♪
Commented by VIVI at 2008-04-02 07:31 x
想像してみましたが,やっぱりよく分からないですが
気絶させるってどうやって?
ポン酢で??
手で?箸?
不思議!!!
Commented by morimaman at 2008-04-02 08:08
risaさん。
室見川にしかけられた梁の景色と、桜に彩られた河畔の料理屋さん。ず〜〜と昔の景色の様な気がするのですが、今でもこの時期の風物詩ですよね。

友人が聞き間違えなかったら、頂くことがなかったしろうおですが、本当に何十年ぶりに頂いたのだろう。
昔私が気絶させたのは、室見川のだと思うのですが、、、

博多はもう、山笠にむけて浮き足立つ頃ではないでしょうか。
Commented by morimaman at 2008-04-02 08:12
Shinobuちゃん。
圧巻でした。写真撮影可のところは、も〜たくさんたくさんお雛様がいらっしゃいました。
撮影不可の所のお雛様は、装束も何もかも立派で、唸ってしまうほど。
こちらの骨董屋さんには、お雛様のお道具があり、欲しかったかなぁ、、

Shinobuちゃんもこんど、お雛様巡りの旅で、まったりはいかがでしょう。
Commented by morimaman at 2008-04-02 08:31
momenちゃん。
ポン酢で気絶です。
暴れるため、器に被せる半紙も用意されています。
momenちゃんだったら、喜んでくれそうな気がしていました。この時期に博多へお寄りになるときがあったらぜひ、、、おてんばちゃんもわんぱく君も泣いてやめて、、、と言いそうですが。

そうですか、日田は未踏の地ですか。
趣があって、歴史のあるいい町です。建物も素敵だし、、、またゆっくりと散策したいと思っています。
自分が住んでいた近辺には、こうもいいところがあったのかと、、、

鯖。
関さばは最高でしょう!!
私も東京へ出て来てから、鯖が一番懐かしいです。お刺身で頂ける鯖は、博多が一番の様な気がします。
今人気の空弁(飛行機で頂くから空弁)は’焼き鯖寿司’。
焼き鯖もいいなぁ、、、

博多に行かれたときの為に、おいしいもんやさんの情報を追記しました。
Commented by morimaman at 2008-04-02 08:35
miyuちゃん。
大分の日田、長閑でいいところですよ。
喧噪の台湾の後には、しっとりと落ちつくのでは、、、でもちょっと物足りないかな?

散策をしていると、懐かしい建物がたくさんです。でも、なぜか子ども達には出会いませんでした。観光客が多いから、いやになっているのでしょうか。。。

おいしいもんも。。。躍り食いに挑戦してみます?器から、飛び出したしろうおにあわわわ、してしまいますけどね。
こんなものもあるんだと、、、おなかであばれるしろうおをなだめながら、、、、って。

おいしいもん情報追記しました。
Commented by morimaman at 2008-04-02 08:39
うきうきさん。
3月初めから、目安は3月半ばくらいまでは、お雛様祭のはしごをできます。
日田では、お雛様と共にかつての豪商の佇まいも見ることができ、楽しいかと思います。
その時期に、博多座にいいお芝居がかかるといいですね。

それと、いか造り。。。おいしいですね。足がうねうねとしているのですが、身をいただいたあとに、足やエンペラなどを、やいたり天麩羅にしたり、、、最後まで頂きます。
是非、召し上がって下さい。

おいしいもんやさん情報追記しています。博多座の近くですよ。
Commented by morimaman at 2008-04-02 08:43
讃岐おばさん。
お雛様、素敵ですよ。
豆田の街並みに、お雛様。あいますね。

大分は仰せの通りに温泉もたくさんあるし、海の幸山の幸、、、本当にいいところです。台湾の次に(爆)

お雛様に会わせた大分温泉旅行もよろしいのではないでしょうか?
そして、博多のおいしいもんやさんで。

おいしいもんやさん情報追記しました。
Commented by morimaman at 2008-04-02 08:46
viviちゃん。
手でぺしぺしっ!!箸でぺしぺしっ!!ってですか〜〜。んなこたぁありません。
しろうおはポン酢で育っているわけではないので、濃度の濃いしかも呼吸できないポン酢では、、、気絶します。中には元気なのもいますが、、、いかがでしょう。
Commented at 2008-04-02 18:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by morimaman at 2008-04-02 18:37
鍵コメ  2008-04-02 18:00さま。
そうですか。。。
お大事になさって下さい。これから、いい季節が来ます。気分も晴れやかになられるのでは、、、、
私でよろしかったら、、、懐かしんで下さい。
Commented by マイチー at 2008-04-02 20:24 x
しろうおって…真ん丸オメ目がかわいいかも。。。
でも…食べてみたい。。。
Commented by morimaman at 2008-04-02 21:08
マイチーさん。
まん丸お目々は、見ないように、、、、お願いします。
目をつぶってと言うより、器に蓋をして見ないようにして、すすって下さいませ。

Commented by ako_bishoku at 2008-04-03 02:24
お雛様も素敵だけれど、とにかく美味しそう!
しらうおの踊り食い、食べたことないので興味あります。(笑)

素敵な旅でしたね。 お友達と一緒にする旅、たまりませんね!
Commented at 2008-04-03 02:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mahos-table at 2008-04-03 07:13
うーーん、
どんなにおいしくても動いてるものを口に入れるのは
ちょっと無理かもしれません><
あまりグルメではないっていうことでしょうね。
ごまさばーーー!!!
これは絶対にいただいてみたいです!
博多、やはり一度行かねば!!
そのときにはmorimamanさんに
お勧めを紹介していただきたいです♪
Commented by morimaman at 2008-04-03 08:27
akoさん。
おいしそうでしょ〜。
しろうお、躍り食い、行きますか?では、私は端から見ているだけですけど、ご案内いたします。

友だちとの旅、ここのところ友だちとの旅ばかりですが、今回は主人もちょっと参加できてうれしそうでした!!
Commented by morimaman at 2008-04-03 08:28
鍵コメ 2008-04-03 02:26 さま。
おぉ、、、、!!
お待ち致しております。

春、、、、春、、、、いいですね♪
Commented by morimaman at 2008-04-03 08:33
mahoさん。
無理、、、、、んんん、私も実は少し苦手なのですが、目の前に出されたらいけます。
トコブシのうねうねや、蝦のぴくぴくなどはへっちゃらです!!(野蛮人なもので)

ごまさば、他にもたくさん美味しいものがありますよ♪
今回求めてきた、’卵かけごはんのおしょうゆ’などは、本当に美味しい!!(これは調味料でしたね)

博多に行かれる折、私でよろしかったらお役に立たせて下さいませ♪
Commented by f-yayoi at 2008-04-03 10:50
日田のお雛様も有名ですね、これまた行ったことないですが。
地元にいるとなかなか足を運ばないもんです。

おいしいものやさん、ぷりぷりの魚介類がたまりません。
割り勘でもかまわないのでご一緒したいです、しろうお無しで。
あの喉もとで跳ねる感じがどうも嫌で・・・
Commented by morimaman at 2008-04-03 21:31
 yayoiさん。
本当に地元にいると足を運ばないものです。。。。
どこに連れて行こうとか、せっかく帰ったのだからどこかに行こうと思うわないかぎり、いつでも行ける。。。と。

割り勘でまいりませう!!
ここは、魚を食べるならここ!!と従姉妹から教えてもらったところなのですが、結構友人のご主人さまたちのたまり場だったりして、、、おいしいのです。

しろうおは、もういいですね。
Commented by *やん* at 2008-04-04 08:14 x
大分にまで足をのばされていたなんて、聞いてないよ〜!!!!!!!!!!!
(、、、って古い?^C^;)

あの町並みは倉敷の美観地区と似ていますよ〜!!
早くご案内したいわん♪

お雛様圧巻です!!
我が家のかわいそうなお雛様を思い出してしまいました。
来年こそは出してあげるからね!!とあの大分のお雛様に
誓いました☆

サバが大好きな私、、、 ゴマサバを頂いてみたい!!!!!

Commented by morimaman at 2008-04-04 19:57
やんさん。
のばしちゃいましたっ!!
(ふるっ!!)

主人の次に宣誓をしましたね。私は、覚えておりますよ。来年、ブログで発表!!
でも、来年のことより今年のお約束をお願いします。

主人と二人、いつでもスタートを切れるようにしていますので。


<< 静かに賑やかに     博多へ 3      博多へ。。。その1 >>