今日は何にしよう?

morimaman.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 22日

縁の秋 相見觀




台湾から、お客様。

叔叔(叔父さん)と嬸嬸(叔父さんの奥さん)とも思っている方、、、




d0089009_1946529.jpg



なのですが。






ふとしたご縁で、縁を重ね、

本当に


’有縁’

今回も、しみじみとその話をして、

ついに、


’あなたを妹だと思っている’


そういえば、お孫ちゃんにも私たちのことを


’moripapa爺爺 、morimama奶奶’

と呼ばせてあるし、
 
メイメイちゃん(お孫さん)も私たちに、


’moripapa爺爺 吃、morimama奶奶 喝’(おじいちゃん、食べなさい。おばあちゃん、飲みなさい)

言ってくれる。

悲しいやら、でもそれを上回るほど気持ちはうれしい。






d0089009_2031358.jpg






そういう姊姊姐夫(お姉さんの夫)と
ご一緒した、日本の秋。




d0089009_20362342.jpg



日本の紅葉に


’あぁ、なんて美しいんでしょう。’


この日行った伊豆の修善寺は、美しい秋の姿をしていました。

修禅寺の御手水の温泉に、手を浸しながら、



’気持ちいい!’


昨年の日本での夏には、1台のカメラだったのに、今年は姊姊もデジカメ持参。

名カメラマンぶりを発揮して、紅葉の激写。
帰ってから、みんなに見せるんだと張り切っていました。

私たちにもレンズを向けて、

’カッシャッ!’


’メイメイに、moripapa爺爺とmorimama奶奶と一緒に行ったのよ、と見せなくっちゃ。’






d0089009_20431277.jpg



眩しいほどの光に溢れた境内。

秋の紅葉の時は静かな時間が流れていきます。

姐夫は、この伊豆が川端康成著
『伊豆の踊り子』の舞台の地いうことで、満足げにいろいろなものを見ていらっしゃいました。

そして、『伊豆の踊り子』の一説を話されるのです。






私もきちんともう一度読んでから、この秋のお出かけに臨めばよかったかな。。。



d0089009_2054360.jpg










この後、お昼を頂いたお蕎麦屋さんの、’独鈷’という名前。

これは、日本でも台湾でも共通の仏教の固有名詞。


姐夫も、もちろんご存知。

その’独鈷’という名前がついたのはなぜか?
と、問うてありました。(説明書きで、ご説明いたしました)



d0089009_20543539.jpg



ともかく、周りから好奇 爸爸(好奇心いっぱいのお父さん)と、呼ばれているだけあって、多くのことに興味津々。
そして、それを上回る知識の豊富さ。。。





片や、
姊姊と私達女性陣は、おいしいものと美しいものに、感嘆♡




d0089009_2154122.jpg



浄蓮の滝でも、好奇 爸爸ぶりを発揮。

殆ど単独行動。

でも、よかったです。
川端康成と繋がりがある伊豆の地を、選んで。(それと知って選んだわけではないのですが)

寡黙に喜んで下さって、私とmoripapaも一安心。





この日の泊まりは伊東温泉。
温泉好きな姊姊に、とても喜んでもらえました。

露天風呂から見える海に、感嘆し、温泉に感嘆し、、、

おいしい魚と、おいしいお菓子。

私たちも共に楽しみ、喜び、、、、

温泉では早くもギブアップで、お先に失礼いたしました。が。(長湯は無理)





d0089009_21241883.jpg



夕飯後のお散歩で立ち寄った東海館

昭和初年創業という由緒ある老舗旅館。





現在は歴史資料館として、内部公開をされている建物です。




d0089009_2128728.jpg



あの展望台からは、その昔天城山も見ることができたとか。






ここでも川端康成の文字を発見して姐夫は、静かに喜ばれる。。。


私は、しっとりと落ち着いた静けさを持つ佇まいに、見とれておりました。


d0089009_2133061.jpg


黒く光る廊下や柱。

最盛期には、この階段をギシギシと言わせながら、客人や仲居さんなどが行き来したのでしょう。

そういう喧噪も思い出せないくらいに、静かに静かに、眠りについているようでした。






d0089009_21345286.jpg







お二人にとって、日本の秋はいかがでしたでしょうか?

とても喜んでもらえたようなのですが、それよりも何よりも、私たちとお二人との縁の不思議さに、そしてこれから重ねていくだろう縁の深さに、改めて、その’縁’という言葉を思いました。



d0089009_21373567.jpg









我們很有縁 
見面不陌生


再びの言葉。

私たちは見ず知らずだったのに、ご縁がありましたね。



有縁千里来相會
無縁百年是路人



千里之道を超えて、縁ある人がやってきました。




d0089009_21415127.jpg





台北 見
   東京 見



どちらでも、お会いしましょう。
[PR]

by morimaman | 2008-11-22 21:52 | 日々の出来事 おでかけ | Comments(46)
Commented by Saori at 2008-11-23 01:52 x
日本は紅葉の盛りなのですね。
こんなに綺麗な紅葉を見ることが出来て、きっととてもお喜びだったことでしょう!
以前、香港の友人が「紅葉を見に日本に行きたい」と話していました。
台湾でも紅葉を見に行く、という習慣はあるのでしょうか?

遠く海を隔てていても、縁があればこうして友好を深めることができるんですものね。
いつもmorimamanさんのお話を聞かせてもらって、その縁、の不思議さを感じます。

私も紅葉を愛でながら温泉を楽しんで、美味しいものを頂きたい!
日本の秋は最高ですね~♪
Commented by mahos-table at 2008-11-23 06:32
美しいと思う心は一緒なのですね。
まるで本当の親族のように慕ってくれる
異国のお子様たち。。。。
これは感動でしょうね^^
ブログ拝見しているだけで、胸がジーンとなりました。

紅葉。。。11月はかなりのばたばたで、
あまりちゃんと見ていません><
この連休中にお出かけできると良いのですが。。。。
Commented by プチラパン at 2008-11-23 09:31 x
紅葉もキレイだし、お蕎麦もおいしそうだし
旅館も素敵!
そしてなによりのご縁。
きっと前世からの、ご縁だと思います♪
(エハラーの私は、そういう考え方です)
素晴らしいご縁も、morimamaさんご夫婦の
お人柄も手伝って、これからも続いていくのでしょうね♪
Commented by my_studio at 2008-11-23 15:15
こんにちは リズム*です♪
紅葉の美しい時に
親族のような親しい方と、素敵な旅ですね~~
伊豆の修善寺の秋は、日本の美
小説の舞台になる素晴らしいところですね☆
おそばが、また美味しそうで..^^
独鈷という言葉と知らなかったのですが..
わさびと形が似ているからでしょうか?
旅館の落ち着いた灯りと黒い廊下のお写真から
素敵な雰囲気がとても伝わります~~♪
Commented by yoko_mama at 2008-11-23 16:02
素晴らしい紅葉に行けてよかったですね。
そして結ばれたご縁を大切に、ご一緒した紅葉の旅。
とても素敵です。
じつは私も本当は今日、紅葉見に行くはずだったのに、主人が昨日から片頭痛で寝込んじゃってけっきょく行けずじまい。
だからこうして素晴らしい紅葉の画像拝見していった気分になりました^^
Commented by morimaman at 2008-11-23 21:44
Saoriさん。
東京の紅葉はこれからのようです。
うつくしく、おいしい季節になりました。

台湾の紅葉、あるらしいのですが、そこかしこで見られるわけではないらしいので、とても喜んで頂けましたよ。
でも、日本の秋の美しさをとてもよくご存知でしたので、台湾では有名なのかもしれません。

縁、、、本当に不思議ですが、それを重ねていきたいと静かに思えるということは、深い何かがあるのでしょうね。
Saoriちゃんの次回の帰国、秋にあわせて、、、いかがでしょう?
Commented by morimaman at 2008-11-23 21:48
mahoさん。
メイメイが、まだ半年もたっていないころからのおつきあいなのですが、私の娘とは大の仲良し。親子と言っていいほどの歳の開きがあるにもかかわらず、娘を見ると’吃飯了嗎?’(ごはん食べた?)と気遣ってくれます(爆)

不思議ですね。
とても幸せな思いをさせてもらっています♪

今日(11/23)夫が六義園に行ったのですが、まだもうちょっとらしいです。ゆっくりとご覧になられるといいですね。
Commented by morimaman at 2008-11-23 21:51
プチラパンさん。
正統、日本の秋を楽しんで頂けました。
お二方とも、やはり台湾の方ですので、’前世’のことをしきりにおっしゃっていました。

私たちもさることながら、我が家の娘とお二方のお孫ちゃんメイメイは、前世姉妹だったに違いない。。。と。
何かに惹かれて巡り会う。
それは前世の何かかもしれないと、、、素直に思えるほど、不思議な縁です。
Commented by morimaman at 2008-11-23 21:57
リズムさん。
私たちも、ゆっくりと伊豆の秋を楽しむことができてよかったです。
言葉はスムーズに伝わらないのですが、
心はとてもよくわかり合うことができて、
本当に幸せな一時でした♪

’独鈷’、僧が行脚中懐に持っていて、
いざという時は武器にしたこの仏具。
弘法大師が、行脚中に川で年老いた母の身体を
洗う若者に、感心して’水では冷たかろう’と、
独鈷で岩を打ち砕き、温泉を出した、、、
という逸話があって、この地を’独鈷の湯’と
言うらしいです。その地のお蕎麦なので、
’独鈷そば’、、、というと、
お店の方からお聞きしました。
私も、今回初めて知りました。

Commented by daikanyamamaria at 2008-11-23 21:58
morimamaさん、こんばんは。..*.。♪♥* 

美しい縁を 紅葉がお祝いしているような。。。

深く 心結ばれた 至福の時間が 静かに心に響きます。

錦の輝きにもまして さらに心とらえる 言葉の響き。。。

有縁千里来相會
無縁百年是路人

今夜 忘れがたい秋の夜となりました^^♪。..*.。♪*・。♬♪☆
Commented by morimaman at 2008-11-23 22:01
yokoさん。
伊豆の秋をご一緒できて、とても楽しかったです♪
美しい紅葉、おいしい食べ物、気持ちのよい温泉。。。
3拍子揃って、気持ちもうきうき♪
調子にのって食べ過ぎたせいで、ここ2、3日身体が重い重い、、、

でも、楽しかったから、、、ついでに一緒に台湾へ行っちゃいたかったです。(どこまでも遊びたい♪)

片頭痛、、、お辛いですね。お大事になさいませ。
でも、まだまだ間に合う?そちらの紅葉の見頃は今ですか?
そちらの山と言ったら、松茸しか思いつかない私です。(笑)
Commented by naco-life at 2008-11-23 22:02
ステキなご関係ですね。
美しい紅葉の写真とともに
こちらまでココロが温まりました^^

それにしても・・・独鈷って
仏教の言葉だったんですね。
温泉とお蕎麦屋さんの名前だと
ばかり思っていた私^^;
辞書で調べてみました。
これから修善寺に行くたびに
morimamanさんのこと思い浮かぶはずです。
Commented by morimaman at 2008-11-23 22:07
mariaさん。
こんばんは。
人との出会いの不思議、そしてもたらせる幸せな時、、、
伊豆の紅葉もさることながら、心に素敵な時を頂いています。

この言葉も古い言葉で、私が大好きな言葉なのですが、台湾の姐夫から、中文を教えて頂きました。

とても心に残る言葉で、私が覚えていたのもこの出会いのためなのか、、、とも思っています。
Commented by morimaman at 2008-11-23 22:12
nacoさん。
この出会いが、国を超えて私だけではなく、
私たち家族と台湾の家族との出会いになって、、、
とても不思議なのですが、とても自然で毎回お会いするのが楽しみです。
もう少し、言葉ができれば’お姉さん’と
電話やお手紙でお話をすることもできるのに、、、
と思う一心で、中文を勉強しています。(はかどっていません)

独鈷、、、密教で使われてた仏具というのは、
何かの展示物で知っていたのですが、その由来は、
今回初めて知りました。

’独鈷という仏具と、こちらのなめの由来は?’
と、姐夫に尋ねられなかったら、知らないまま。
好奇心は大事ですね〜。
Commented by ymomen at 2008-11-24 01:35
案内されたり、案内したり、ふたつの国を行ったり来たり。
いいですね。
これが日本とアメリカやヨーロッパというふうに離れていたら、やはりこんな密な交友はないのではないでしょうか。

姐さんのブログを拝見するようになって、中文でしか使われない漢字の美しさに魅了されています。
日本の漢字もいいですが、また違った”たおやかさ”というようなものがあるように思います。

姐さんたちが台湾を愛するように、お客様たちにも日本を愛してくださるなんて、すばらしい。
Commented at 2008-11-24 06:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by matoi1177 at 2008-11-24 09:52
おはようございます。
旅先で生まれるご縁はままあることですけど、こう
した深いご縁に繋がるなんて本当に素敵です。
これもmorimamaちゃんご夫妻のお人柄からで
すね。
台湾に帰られてからも出来上がった紅葉の写真を
見ながら温かい気持ちになられていることと思い
ます。

独鈷の湯・・こちらも温かいいいお話ね♪
独鈷そばもいつかいただいてみたいです。
Commented by 讃岐おばさん at 2008-11-24 12:15 x
伊豆の紅葉も素晴らしいですね!!!
わぁ~、富士山だ~~~!
素晴らしい日本の秋を台湾からのお客さんにお見せできて良かったですね♪
こうして縁が繋がって、日本と台湾の架け橋ができたんですね。
Commented by morimaman at 2008-11-24 21:39
momenちゃん。
そうですね。近いということもあるかもしれません。
お互いが、お互いを大切にしている想いはたとえ千里も万里も離れていようとも、変るものではないと思いますが、お互いの努力も大切かもしれませんね。

いた外を思いやる心、国を越え、言葉を超え、、、やはり何か心惹かれるものがある。。。と。

中文、繁体字の美しさはありますね。
きれいな発音で言って頂くと、もっと美しい♫
Commented by morimaman at 2008-11-24 21:41
鍵コメ 2008-11-24 06:28さん。
若返ることは無理だけど、心が若くあることはできます。
あなたより、私たちより、もっともっと若い何かがあるような。。。私も見習わなければ。。。

またゆっくりとメイルしますね♡
風邪などお召しになりませんように。
Commented by morimaman at 2008-11-24 21:45
matoiちゃん。
本当に人の縁とは、不思議なもの。
これが、娘とあちらのお孫ちゃんの代にまでなりました。
ほんの3年前までは見知らぬ人だったのに、、、
惹かれ合う何かがある、と思います。
これからもこの縁を大切に♫

独鈷の湯のお話も、いいお話でした。こういうお話は、台湾の方の心にも訴えたようで、しきりに感心をなさっていましたよ。
おそばもさることながら、南瓜や里芋の炊き合わせを、とてもおいしいと。
確かにおいしかった♫
新蕎麦がおいしい季節です。。。あぁ、また食べたい。
Commented by morimaman at 2008-11-24 21:46
讃岐おばさん。
はい、伊豆も帰りに寄った箱根も紅葉が美しかったです。
こうやって紅葉を愛でる日本人気質、、、と思ったら、台湾の方も、愛でてありました。
万国共通な美しさです。
言葉は通じなくても、同じものをみて美しい、同じものを食べておいしい。。。
それだけで、幸せでした。
Commented by patapatamaman at 2008-11-25 01:05
伊豆の美しい秋と、心があたたまるお話に嬉しくなってしまいます。
日本の秋も心も、わかって下さって感激という言葉につきますね~
縁ってとっても不思議なものですが、通じる方とは何かあるものですね。
それにやはりmorimamanさん、ご主人様のお人柄も大きいのだと思います。

東海館はとっても素敵ですね~
伊豆の方へすごく行きたくなってしまいました(^^ゞ
Commented by ako_bishoku at 2008-11-25 10:19
アメリカに越してきてから、毎年「日本の桜がみたい~」と
言っていたのですが、今年の春に桜を見ることができた今、
今度は「日本の紅葉がみたい~」と言っております。 特に、
カリフォルニアには秋らしい紅葉がないので、それが寂しいです。

でも、今回のmorimamanさんのお写真で、少しだけ紅葉狩りを
した気分になれました! そして滝の写真もすごく立派ですね♪

お客様にも楽しんでもらえたようで、とっても素敵なおもてなし
だったことが伝わってきますよ。 こうやって続いていく縁、
素敵ですね!
Commented by ami-imanami at 2008-11-25 11:50
紅葉のお写真にはどれもはっとする力強さと美しさを感じます。
門前からみる風景はお客様の目にも鮮烈に映ったのでは
ないでしょうか?
木々の紅、滝の蒼、富士山の美しさ、きっとデジカメを通して
今年はたくさんの風景を帰ってから留守番のご家族にお話し
されるのでしょうね、そんなことを想像するとmorimamanさんも
楽しくなられるのではないですか。
旅館の床の間の格子、昔の格子は粋ですね、月見の格子も
いいなぁ~。
Commented by iikayo at 2008-11-25 16:41
先日のお茶、毎日少しづつ楽しませていただいています!
本日ブログにてupさせていただきました。
文中リンクもいただきましたので、何か差し支えあれば
お知らせくださいね。
台湾のお茶のいい香りに包まれて、ま~ったりと過ごしています!
これからも何かあったらお尋ねさせてくださいね。
台湾に行く時にも!
本当にありがとうございました♪
Commented by chojiiro at 2008-11-25 21:00
ご縁があるつながり、そんな出会いをつくるのもきっと
morimamanさんが出会いを大事にされていらっしゃる
からなのでしょうね。

日本の四季折々の木々の色合い、
風景は画像を通しても見事ですね。
また東海館の古来の建築様式もお見事、書院造り、欄間、
大工さんの手仕事が今でも息づいているようです。
素敵な旅の一こまを拝見でき嬉しいです!
Commented by morimaman at 2008-11-25 22:16
patapatamamanさん。
本当にこのお二方のことを思うと、縁が深いということを感じます。
縁が深いからこそ出会い、結ばれていく。
大事に育んでいきたいと思っています。

伊豆の紅葉も、この建物も素敵でした。夫の選択なんですが。。。
patapatamamanさん、建物お好きですよね♫
私も大好きなんです。
ここはなんだか深く吸い込まれそうでした。

ギシギシという階段も、光が透け込んでくる窓も格子も、、、伊豆に行かれる機会があおりになったら是非♫
Commented by morimaman at 2008-11-25 22:19
akoちゃん。
日本の秋もいいですよね。
咲き誇る桜も見事ですが、色とりどりの紅葉も、木々の間から差し込む秋の陽も、美しい♫
次回は是非ね。

’浄蓮の滝’、夫が一ひねりして写真を撮っていたので、真似っこしてみました(笑)
石川さゆりさんの’天城越え’がリフレイン。
Commented by morimaman at 2008-11-25 22:23
amiさん。
門前から見える紅葉が、本当に美しく、ここで
感嘆の声を上げてありました。
富士山も海も紅葉も、すべてを喜んで頂きました♫
この旅を計画した夫も、喜んでいます。
ご夫婦でカメラマンになっていらして、微笑ましかったの
ですが、よく考えたら私たち夫婦もそうでした(爆)

こちらの建物、凄いのは部屋ごとにテーマがあって、
格子のデザインがすべて違うんです。
いいですね〜。
Commented by morimaman at 2008-11-25 22:26
iikayoさん。
素敵にアップをして頂いて、本当にありがとうございます。
お二人の台湾茶でtea time、、、とてもまったりとしたいい雰囲気が流れていますね♫
我が家も今週末は、ゆっくり夫とお茶をしようと、思いましたよ♫

リンクもありがとうございます。

もうちょっとお勉強をして、ブログでお茶のお話などができたら、、、どんなにいいか。。。夢です♡
Commented by morimaman at 2008-11-25 22:32
chako先生。
本当に縁ある方は、遠くからでもやってきます。
縁のない方は、すぐ側にいらしても、、、100年経っても
見知らぬまま。。。
台湾の姉とそのご主人、お二人の空気がとても温かな方で、
引き寄せられました♫
これからも大事にこの縁を、育んでいきたいです。

この建物、素敵でした。
古い建物が大好きなものですから、柱やら、手摺やら、、、触ってきました。
幼い頃、こういうお座敷の縁側の向うを回った所に、御手水があったなぁ、、、と、思い出したりして。。。
懐かしかったのでしょうか?
Commented by f-yayoi at 2008-11-26 16:25
ようやく紅葉本番になったみたいですね。
私達がいたころはほんのり色づいたという感じだったので、
ここまで美しい紅葉は見れないままに帰ってきました。
お客様もきっとものすごく喜んで帰られたことでしょうね。

縁というのは本当に不思議なもので、
思いもよらないところからつながるものですね。
でもつながったとしてもそれを紡いでいかないと意味がない、
最近ではそう思うようになりました。
引っ越し等々でうやむやになってしまうご縁も多いもので。(汗)
Commented by azumi_diary at 2008-11-26 22:00
人と人のつながりを大切にされるモリパパ、モリママご夫妻ならではのお話ですね。
伊豆も紅葉が美しい♪
今年は紅葉の当たり年なのでしょうか?
今日も美しかったですね、寺家町^^
Commented by morimaman at 2008-11-26 22:14
yayoiさん。
朝の散歩道も、ところによって、濃かったり薄かったり、、、それもより濃い紅葉となってきました。
伊豆も美しく、箱根の強羅も美しい紅葉でした。
昨年は訳がわからないまま、通り過ぎていったので、今年は目に染むほど美しい、、、と。

縁は育み、紡いでいかないと、本当に細い糸で結ばれているものだと思います。
それを撚って強くしていくんだなぁ、とこの歳になってしみじみと思う今日この頃です。
Commented by morimaman at 2008-11-26 22:17
azumiちゃん。
本当の意味での大人になって、素敵な方々に巡り会える喜びを
夫婦して実感しています。ありがたいことです。

じけまち、寺家町のあの長閑さ、そして紅葉の美しさ、いい所がこんなに側になるなんて!!
しっとりとしていい風情でしたね。
本当に今年は紅葉づいています♫
ありがとうございます♡
Commented by tsukiko-table at 2008-11-27 08:12
おはようございます。
初めてお邪魔します。
素晴らしい景色とエピソード。
素敵なブログですね。伊豆・・・・・・子供のころに行ったっきりですが、こんなに素敵な所だったのですね。
morimamanさんの素晴らしい感性を学びに、またお邪魔します。
よおしくお願いします。
Commented by morimaman at 2008-11-27 10:51
tsukikoさま。
おいでいただいて、ありがとうございます。
とてもうれしいです♫
tsukikoさんの画像や語り口に惹かれ、ストーカーのように拝見させて頂いています。
そのようなtsukikoさんに褒めて頂いて、、、恥ずかしいやらうれしいやら、、、いや、うれしいです♡

こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いいたします。


Commented by hiro-schon at 2008-11-27 14:28
大変ご無沙汰しております。ようやくPCも夫も復活致しました。
ご心配をお掛けしてしまい、申し訳ございませんでした。
新しいPC画面でのmorimamanさんのお写真やお話は、素敵さ倍増で嬉しくなっております。
↓昆布山椒の佃煮、挑戦したくなりました。
Commented by claudia8 at 2008-11-27 16:31
morimamanさん、昨日は一日ご一緒ありがとうございました。
カメラバックシスターズ(爆)
器好き、食べるの好き、カメラ好きと共通点たっぷりのシスターズ♪
これからもじゃんじゃん楽しいことしましょう〜

それにしても美しい景色。日本の秋は改めて美しいと思い知らされます。
morimamaさんたちのご接待で台湾からのお客様もお喜びだったでしょう。
「縁」というのは不思議ですね。
知り合った方すべて、ご縁あって知り合えたのですから、そのご縁を大切にしなくてはですね^^
Commented at 2008-11-27 16:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by morimaman at 2008-11-27 23:03
hiro-schonさん。
回復されましたか。
よかったです。ご主人さまもご心配でしたね。これから寒くなるそちらではPCは必需品、、、だと思っています。
でも、長時間PCを見つめられませんように♫

昆布山椒、、、自分で作ると、山椒の風味が何ともいえず、まだ冷凍庫に出番待ちがいるので、ちりめん山椒も。。。
hiro-schonさんも是非、、おいしいです。
Commented by morimaman at 2008-11-27 23:06
クラウディアさん。
こちらこそお世話になりました。
目力の、morimamanです(笑)

カメラバッグシスターズ、、いつかそろい踏みで記念撮影をしたいという野望にかられてきました。
楽しいことのついでにいかがでしょうか?

縁、、、ブログを始めてから、ずっと思い続けてきています。
本当に大事に大事にしたい、縁に巡り会い、なんて幸せだろう、、、と思う毎日です。
Commented by morimaman at 2008-11-27 23:09
鍵コメ 2008-11-27 16:35さん。
フフフ、、、表現が何とも楽しいです♫しょりしょりしょりと、かわいい前歯で齧ってあるのでしょう。。。

その提案、、、頂きます!!
もう一組、同じようにおっしゃって頂いている方がございまして、男子異業種渾然一体化と銘打って、行きましょう!!

本当に楽しみです。
希望開催月、、、お知らせください♫
Commented by ashmam at 2008-11-28 09:36
は~、一遍に見てしまうのが、惜しいような力作ですね。

毎度のことながら、morimamanさんの写真は、ブログを通して、私たちも招待されているみたいな気になります。
その場の空気、温度、そして、人のぬくもりが伝わってきます。

素晴らしい。
Commented by morimaman at 2008-11-28 22:10
ashmamさん。
ありがとうございます♫

いつも独りよがりな分と写真ばっかりなのですが、その時々のことを思い出して、ちょっとにやけながらアップしています。
相当怪しい人なんですが、褒めて頂くと、一層の励みに。。。
本当にありがとうございます♡


<< お稽古です  お楽しみもありました      一切都很好 ♪ 九份 貳 >>