今日は何にしよう?

morimaman.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 11日

夫の願い その1






d0089009_2372659.jpg

       台湾の夜市ではゲームに興じることもあるmoripapaです。このゲームは百発百中の腕前。ちょっと普段とのギャップが面白い。



今回のmoripapaの願いは昨年台北で見た映画


海角七號

のロケ地巡り。










d0089009_8542893.jpg



朝早く一路高雄/左營駅を目指して

台湾新幹線で。

速い列車を選び、約90分で着きます。






そこから88快速とよばれる

一部高速バスで、、、

と思っていたら、タクシーの客引きに捕まりました。


’バス3時間。タクシーだと1時間半。バスは一人
370元、タクシーは一人400元。’


時間に釣られて、タクシーで,,,と思ったのですが,

話がうますぎる。

案の定、市内観光などを出してきたので、

これはこのまま市内観光、お土産物やというルートで

超過料金をとられるに違いない!!

’我想以巴士去!!’

と半分切れた状態で客引きの小父さんに言っちゃいました。(moripapaと一緒だったので強気に出てみました)

気をつけましょう。

台湾で(どこでもだと思うけど)、客引きのタクシーは、やっぱり危険です。

でも、タクシーに乗る前にどうだ?と言われてよかったです。

気を取り直して

台湾のちょっとぼろっちぃバスに乗って、台湾の南のはて

墾丁(ケンティン)へ。








d0089009_9213676.jpg



ガタゴトと乗り心地ちょっと悪く走るバス。

車窓は台湾らしさを一層増すように

雑然としているけど、

人々のエネルギーを感じる元気よさ。

こちらでも定額給付金が出ていて、

お店の前には’給付金(台湾では金額が書かれたチケット)使えます’

の垂れ幕。

小学生の修学旅行らしきバスから、

人なつこい子供達と、暫しの交流。

やっぱり、バスの旅っていいじゃない♪








d0089009_9263584.jpg





’有往夏都嗎?’(夏都(シャードゥ)には行きますか?)と、乗る前に尋ねていたので、

運転手さんは親切にもホテルの真ん前で、バスを止めて下さいました。


今回のホテルは、映画の舞台となったホテルを選びました。


墾丁夏都沙羅酒店

プライベートビーチを持つホテルで、目の前は海。

便利な世の中の今、

オンラインで予約。







ただし、はじめに予約したのはこちらの館。


d0089009_9323072.jpg


オレンジ色でウッドデッキがあって、

ここで、映画のヒロインが関わりのあるホテルのスタッフと話しているうちに

60年前のラブストーリーのヒロインの所在がわかると、、、いう重要なシーンが撮られたところ。


でも、


’本日はクラスアップしましたので。’


とフロントでいわれ、

波西塔諾館の1階海景の部屋に泊まることができました。

moripapaは部屋に着くや否や、

カメラを持って、ベランダからビーチへダッシュ!!




d0089009_1033146.jpg














d0089009_9393142.jpg



波西塔諾館のエレベーター。

これも映画の中で印象的に使われていました。

これで五樓(5階)まで上がろうかな。。。
(すみません、映画を見た人にしかわからないフレーズ、続きます)






では、海角七號のロケ地巡りの旅へ。

ホテルのフロントにお願いしたタクシー、

もちろんホテル公認の白タク、を待ちます。

自分達が行きたいところから、時間を計算してタクシーをチャーター。


d0089009_9421441.jpg



さぁ、息もつかずにここまで来て、これからも行っちゃいます。

毎回ハードな私たちの旅。

そろそろ年齢も考えて、

もう少しゆっくりとした旅へと、変換しない?













映画の大まかなストーリーです。ネタバレでよろしかったら,ご覧下さい。
[PR]

by morimaman | 2009-05-11 10:06 | 台湾


<< 夫の願い その2      今年のGW >>