今日は何にしよう?

morimaman.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 15日

妻の願い その1






d0089009_2265993.jpg



阿里山に行くのは、私の母の願い。

その願いを持って、

今回訪れてみました。






阿里山に行く手段は、、、

いろいろと調べました。

まず希望は、行きは阿里山森林鐵路で行きたい。

嘉義の駅から終点阿里山駅まで乗車時間が長いので、帰りは車で嘉義の新幹線駅まで
帰ってきたい。

ホテルは自分達(私)で、選びたい。



d0089009_9364476.jpg






我が儘条件に見合ったツアーを見つけて、

まずは新幹線嘉義駅でお迎えの方と待ち合わせ。

日本語ができる運転手さんでほっとしたものの、

台鐵の嘉義駅で待つ旅行社の人は日本語がダメ。。。

まぁいいかぁ、汽車に乗ったら阿里山まで運んでくれるんだから。



d0089009_9501281.jpg







事前に調べた時刻表では、

嘉義⇒阿里山、所要時間3時間30分。

でも旅行社の方は

’4時間かかります。’

えぇ〜〜〜っ。

と、驚いてみても仕方がない。

これでしか行けないのだから。



d0089009_10192547.jpg



13:30に出発の、バイクより遅い走りの列車に乗って。

moripapa念願の新幹線弁当を広げて、ゆっくりと行きますか。
   新幹線ではお弁当販売の列車が限られていて、今回やっと巡り会いました。嘉義につくまでに買えてよかった。









d0089009_10232688.jpg



ゆっくりとした走りの車窓から、眺める景色はだんだんと変化して、

高度が上がるに従って小さな雨と、立ちこめる靄に包まれて行きます。

海抜2216kmの阿里山駅に行くまでに、

険しい山道をスパイラル方式で登ったりスウィッチバック方式で

行きつ戻りつしながら、ぜぃぜぃと進んで行くのですが。







30分

というところだけわかるアナウンスが流れてきます。
しかも繰り返し。

なにかあるんだろうけど、

終点で降りればいいのだから、心配はないでしょう。

途中で配られたビニールのレインコートの意味もわからず。。。

でも、、、
  でも、、、

みんなレインコートを着て、荷物をまとめて

樟脳寮駅で降りています。。。

’えぇ〜!!’

中文と英語のごちゃ混ぜで、乗客の方に聞いたところ、


ここでみんな降りて、次なるところまで歩いて行って換車(乗り換え)

ですって!!


d0089009_18373129.jpg


昨年の台風被害で崖崩れをおこしたまま、

まだ完全復旧には至ってないらしいです。

歩いて次のところに行かないと、

阿里山には着かないらしい。。。





歩いて30分

これがあのアナウンスの30分

ひたすら山道を駅のスタッフの人に誘導されて、

ぜぇい、ぜぇい。。。



d0089009_18404492.jpg


写真を撮る余裕の人もいましたが、何も知らなかった人は、

軽装でキャリーのスーツケースを、、、引けないので抱えていました。

でも、とにかく歩かないと阿里山にはつかないので、

みんな無言で歩きます。








歩いて歩いてやっと、列車の半分をトンネルに突っ込んだ状態で停車している乗り換え列車に

無事に乗り込むことができました。

これからがなが〜い列車の旅。

あいにくの空模様、、、

突然の行軍、、、

外の景色も何にも見ることはできず、、、

眠っていたら、、、

着きました。



d0089009_18461829.jpg



18:10着。

なんと4時間40分かけて。雨降る阿里山駅に着きましたょ。ヤレヤレ。








靄が濃くたちこめ、

駅周りにどのようなお店があったか確認できず、

すぐに暗くなってしまったためホテルの位置確認もできず

夜の散策を諦めて、、、

早々と、この日の夕飯はホテルで。



d0089009_18503015.jpg



今は高麗菜(キャベツ)がおいしいと、お勧めだったのでそれを。

あとはこのようなものをすすめられるままに、、、

おいしかったのですが,あまりに疲れて

私は早々にギブアップ。

私たちだけだった静かなレストラン、

ほとんど入れ違いに団体客が入って、

まぁにぎやかにぎやか、、、

食べることも話すことも精力的な団体さんでした。





明日はさぁ。。。

ご来光を見るために早起きしなくちゃいけないから、

もう寝よう。

周りに何の灯りもないし、

ホテルもひっそりとしていて、

マッサージはシーズンでなければ、営業していないらしいから。

何もすることないね。





d0089009_193293.jpg



こちらのホテル阿里山賓館は大正2年のオープンの老舗です。

ホテルのいくつかの部屋の前には、日本統治下に於ける台湾総督の何の某が、泊まった部屋という

プレートがかかっています。

上の画像はかつてダンスホールだった、ホテルの施設です。

誰が誰と踊っていたのでしょうか。

このホテルのそんな古さに惹かれて

宿泊しました。




d0089009_19142185.jpg














阿里山でご来光

これが私の願いです。

あいにくのお天気に不安になりながらも、

山の天気、どうなるかわからない。

とりあえず明日の朝


3時10分のモーニングコールまで

ゆっくりと?休みましょう。

今日は疲れました。







d0089009_19172176.jpg




ねむ〜い朝。

果たして私たちはご来光を拝むことができたのでしょうか。
[PR]

by morimaman | 2009-05-15 19:46 | 台湾 | Comments(36)
Commented by Saori at 2009-05-15 21:01 x
moripapaさんセレクトの旅の後はmorimamanさん主導の旅なのですね!
阿里山という名前すら知らなかったので、この旅がどうなるのかハラハラどきどきしながら読みました。
まさか途中で降りなくちゃいけないなんて、思いもしないですよね。
言葉が分からない中よくがんばって行かれたなあ、と感心しています。
ご来光、、、きっと見られた!と私は信じて、次のお話を楽しみに待ちたいと思います♪
Commented by ymomen at 2009-05-15 22:26
なんという旅!
途中30分歩くって…。
こういう旅は忘れられないでしょうが、スリルとサスペンスの、って感じですね。
小さな子供がいて、乳母車も押せないなんてことになったら、と想像すると、疲労してますよ、朝から。

ご飯のおいしそうなこと。
たどり着かれたホテルでの。
引き伸ばした写真処理がおもしろいですね。
Commented by iikayo at 2009-05-15 23:30
今回は阿里山まで行かれたんですねぇ。
凄い!!
列車も深い山道を登って行くんでしょうね。
そんな高い山だからこそ美味しいお茶が出来るんでしょうね。
こちらのホテルも、↓オレンジ色のビーチホテルも
素敵な雰囲気♪♪
ほんとディープな台湾だぁ。
Commented by 讃岐おばさん at 2009-05-16 06:54 x
阿里山、寒くなかったですか?
私達は8月に行きましたが、とっても寒かったです。
ホッカイロと手袋持参で。
山道の行軍、お疲れさまでした。

台風の威力はすごかったですよね。
猫空のゴンドラも来年まで動かないというし。
Commented by ako_bishoku at 2009-05-16 07:30
今回も、盛りだくさんの旅でしたね♪
新幹線のお弁当に巡り合えて、栄養補給をしてからの
乗り換えでよかったですね~。 しかも、美味しそう♪

ご来光、みれたと信じています。
Commented by suu-life at 2009-05-16 08:11
morimamanちゃん、お早うございます~!
線路の幅が異常に狭いのでスピードが出せないと分かりました。
そうか、そうか、山登りでしたもんね。
アプト式の井川線よりも狭いのでかなりの狭い車輌でしたね。
しかも途中で山道を30分も歩くなんて・・・。(爆)
ヒールの靴の人も居そうですね。えらいこっちゃ~!
ここに行く理由があったのですね。
続きが気になります。
Commented by うきうき at 2009-05-16 11:29 x
歩きで30分ってのがすごいですね。
毎年、夏に行ってみたいと思いつつ、一人ではと躊躇しています。
今度旅の手配の方法を教えてください。
台南+阿里山+温泉の旅が出来たらいいな。
Commented by morimaman at 2009-05-16 12:06
Saoriちゃん。
夫セレクトの旅も、手配は私、、、夫曰く、何をしてもそうじゃないと言われそう(爆)
これも真剣に探しました。好みに合う手配♪

阿里山は固有の山の名前ではなく、15くらいある山々の総称なんです。日本語読みで’ありさん’中文読みで’アリシャン’。
言葉がわからなくても、何とかやっていけるものですね♪
自信にしていいのかどうか迷いますが、、、、

小さいお子さん連れがとても大変(荷物も含めて)そうだったので、やはり事前の情報の入手は必要だと思いました。

ご来光、、、、お楽しみに〜。

Commented by morimaman at 2009-05-16 12:09
momenちゃん。
そうなの。スリルとサスペンス♪
人家もなく、自動車道路も近くにないような、山の登山道を登って登って、ちょっと降りて着くんです。
みんなに遅れたら,電車も遅れるので、必死で歩きましたよ。
こういう経験,今は楽しかった♡と思っています。

ご飯はおいしいのですが、疲れているとやはり気力でも食べられないもんだと、気づきました。(笑)
Commented by morimaman at 2009-05-16 12:22
iikayoさん。
下って行くと急な傾斜地にお茶畑が,お茶農場の前ではお茶の葉を干してありました。
いつか農場で茶葉の体験をしたい♪
墾丁のホテルは、とても気持ちのよいものでした。プライベートビーチを持っているので、出入りにチェックが入っていますし、セキュリティーもよかったです。

回を重ねる度に、地方へ地方へと、行っているような,,,
それも楽しみな台湾旅です。
Commented by morimaman at 2009-05-16 12:25
讃岐おばさん。
ホッカイロは要らなかったのですが、急遽台北で登山用のフリースを仕入れて,臨みました。
気温は桁違いに違いますね。
阿里山駅に着いた途端’寒〜い’。あの辺ってお土産物屋さんがたくさんのはずなのに、し〜ンとしていたのが印象的でした。

讃岐おばさんが行かれたときは、全線開通していたのですよね。帰りは車にしていて本当によかったと思いました。
Commented by morimaman at 2009-05-16 12:28
akoちゃん。
ハードできつきつの旅をしてきました。
いつものことですが。。。
でも途中で出会うもののおいしさや,出会う人の優しさで、本当に毎回違うけど、毎回楽しい旅です。
今回も換車というアクシデントに見舞われましたが、それも楽しかったということで、、、

ご来光、、、お楽しみに。
Commented by morimaman at 2009-05-16 12:34
suuちゃん。
でました!!本当に鉄道に詳しくって、、、suuちゃん、あなたが。
こちらはダージリン/ヒマラヤ登山鉄道とともに、世の鉄道ファンにとって憧れらしい、、、ですね。
今回は台湾で最高地点の駅2451mに祝山駅にも降り立ちました。

30分の山道仕方なく歩きます付きのこの旅、一時はどうなるかと思いましたが、本当に想い出になりました。
懲りない私は、また行ってもいいかな。
次回はどうぞ車窓を楽しめますように、、、天にお祈りして。
Commented by morimaman at 2009-05-16 12:37
うきうきさん。
本当に大変な旅でしたが,でも想い出に残るいい旅で、また行きたいと今は思っています。(本当に懲りない)
ホテルも私は気に入りました。
静かに何にもしないで、ゆっくりとしたい、、、

旅の手配いつでも,おっしゃって下さい。
Commented by my_studio at 2009-05-16 15:11
こんにちは リズム*です♪
うわ~~すごい!!
この線路の幅が狭いのを「世界の車窓から」だったかな?でみたことありますが・・
まさか、歩くことになるとわ~ですね。
旅行社の方が4時間と言われるのが、こんな歩きも入っているなんて~
ご来光のために!この素敵なホテルへですね。
私も続きが気になってしまいます^^;
Commented by dearten at 2009-05-16 22:17
遊びに来させていただきました。
写真がとてもきれいでうっとりしながら拝見させていただいてます。
わたし以上に台湾を楽しまれてますね!
実はあの映画、まだ見てないんです。
周りの人たちは「面白い」「とてもいい」と言ってたのですが。
morimamaさんの旅行記読んで観なきゃと思ってます。
阿里山の30分歩きは大変でしたね。
わたしはご来光を臨めなかったのですが、morimamaさんはどうだったのでしょう?
続きを楽しみにしてます!
Commented by dianas at 2009-05-17 01:22
ひゃ~~~~~
強行軍の旅でしたね!
長い列車の旅の後に待っていたのは、霧が立ちこめる亜熱帯林。
この中をぜいぜい歩いて進んで行くのはさぞかし大変でしたね。
こうして写真を座って見させていただきながら、
morimamaさんの喘ぐ呼吸までも聞こえてきそうです。

阿里山駅はカーブのある木の柱がなんともいえない情緒を醸し出していますね。
morimamaさんのカメラワークがさらに素敵な雰囲気を演出していますよ。

大正二年といえば、私の祖母が生まれた年です。
日本統治下の歴史のあるダンスホールは、かつての賑わいをしっとりと感じさせますね。

これだけご苦労されたのですから、きっとmorimamaさんの願いは叶いましたよね??

Commented by プチラパン at 2009-05-17 06:54 x
おはようございます。
今回も、モリパパさん&モリママさん
お二人の思いがギュっと詰まったた旅ですね♪
1枚1枚のお写真が、とっても印象的です。
いつか台湾の写真集出して欲しいです~♪
Commented by morimaman at 2009-05-17 09:06
リズムさん。
線路幅が小さく、従って車内も狭く、乗り心地はあまり考えないないようにして、、、
山道もあと○○○mという表示はあるのですが,誘導されないとわからないだろうし、そんなこんなでも列車に乗りたい人は多く、、、面白い体験をしました。
本当にホテルも、泊まりたいところを選んでよかったです。
Commented by morimaman at 2009-05-17 09:11
deartenさん。
おいで頂き、ありがとうございます♪
とても嬉ししいです。

台湾旅を重ねるに従って、郊外へ田舎へ、、、
行ってありゃりゃ、、と経験するに従って、つぎの手段を考え、とっても楽しんでいます。夫と二人。
映画は、ちょっと苛々としたりしますが、面白かったです。台北の欣欣の映画館で見た夫は、映画館の方がよかったよ、、、と言っています。
先日の台湾旅ではサントラ版を探しました(笑)

こんなことばかりの台湾旅ですが、いつも楽しんでいます。

これからもよろしくお願いします。
ご来光、、、、続きます。。。。
Commented by morimaman at 2009-05-17 09:16
dianasちゃん。
私がぜいぜい、喘いでいる息づかい聞こえますでしょう。
もう,死ぬかと思った、、、と、この阿里山の旅で何回思ったことか、、、
夫は’日本に帰ったら鍛え直す’と思ったらしいですよ。おにっ!!

阿里山の駅で晴れた日を,経験しなかったのですが,靄が立ちこめて行く木造の駅舎も,なかなか素敵でした。
台湾の駅って、本当にいろいろな表情があってそれだけでも、1冊の本になりそうです。

ダンスホールは、そこだけ異空間の様で足を踏み込むことができなかったのですが,昼間は普通で、、、、?なんでしょうか。

ご来光、、、次回へ。
Commented by morimaman at 2009-05-17 09:18
プチラパンさん。
ありがとうございます。
優しい人との出会い、優しい時間との遭遇、
心に残るものが毎回たくさんの旅です。
帰ってきたら’あぁ,もっと居たかった、、、’

そんな表情の写真ばっかりでため息が聞こえてきませんか?
Commented by tete04 at 2009-05-17 12:41
凄い~~@@!!
濃厚な旅♪ 
初台湾の折には参考にさせて頂こうと思っていたけど
ここは・・・言葉もわかんないし絶対不安になりそうです!!
あ~でも列車の旅ってやっぱりいいですね~
お写真も素敵!!続きも楽しみです^^
Commented by morimaman at 2009-05-17 21:30
teteさん。
びっくり連続の旅ですが、初台湾でも大丈夫です。
一本道ですから、、、引き返せない。。。
でも不安を抱えて行くのは、不安なので、まずは台北で食い倒れてみて下さい。

列車の旅は、新幹線ローカル線、ありとあらゆるものが、、、
初台湾の折りは押し掛け指南行きます!!
まだ続く、、、台湾旅。
Commented by *やん* at 2009-05-17 21:39 x
ええ、ええ。
「夫の願い」にも「妻の願い」にも、ずいぶん感動させていた
だきました。

でもね、感動を伝えようと思う時にコメント欄が開かれて
なく、次に覗くと、もうい〜っぱいの コメントが寄せられて
いて、私の書きたい事は已に二番煎じ-,-

mamaさん、mamaさん。
私の苦情をちゃんと聞いて下され〜!!!!!!!!!!!!!!!!

でもまじめにひと言。。。

お母様のとっても喜ばれているお顔が、私にも見えたような
気がします。

親孝行されましたね*^c^*
Commented by morimaman at 2009-05-17 22:38
やんさん。
別にこれといった理由はないのですが、次回からコメント欄あくよ〜と、連絡しましょうか?
苦情か〜〜〜ぁ。
よ〜く、考えておきます。

母の願い、喜んでくれているといいです。
地上より、ちょっとだけ天に近いところで、、、

父の願いは何だったのだろう,,,と今ふと思いました。
そして、爺爺のお供えのケーキはあれからどうなったのだろうと、、、、
Commented by *やん* at 2009-05-17 23:00 x
はい。苦情です。

よしっ!!
連絡待ちます^v^v

イエイエのケーキは、二日後の朝ご飯にsakuraの
胃袋に。。。

私も一匙だけいただきましたが、めっちゃおいしかった
です*^c^*

mamaも今度食べてみて^c<*
、、、というより、今度また一緒に横断歩道を渡りましょ♪
Commented by yoko_mama at 2009-05-18 20:52
こんばんは。
長い列車の旅、お疲れ様~
新幹線の中でお弁当を食べたまでは楽しかったのよね?
その後の列車を降りてのハプニング・・・日本語通じないと訳わかんないし不安な気持ちだったことと思います。
でもなんとか無事にホテルにも着いてほっとしたんじゃないかしら?
仲いいご主人が寄り添ってるし(ラブラブ夫婦、ヒューヒュー♪)

ご来光、どうなったのか気になります^^
Commented by azumi_diary at 2009-05-19 05:34
おはよう!
旅でのハプニングはつきものだけど・・・
想像しただけでめげそうな私。
でも、お母様の願いを叶えるべく、前だけを向いてmorimamaちゃんが雨の中を歩く姿を想像して感動してます。
大変な思いをして到着した阿里山でのご来光。景色。空気。
続きが楽しみだわ~。
阿里山駅の年季の入った駅舎が見事ですね。
ホテルも私好み~。
Commented by morimaman at 2009-05-19 07:28
やんさん。
そういえば、台湾でケーキを食べたことがありません。
その分別の站椀らしいものにあけておいてような。。。

あそこのやや大振りなケーキ、24時間空いているお店で、一度くらいは食べてみようかな。
Commented by morimaman at 2009-05-19 07:32
yokoさん。
おはようございます。ラブラブ夫婦は、今日も行く♪
不安もだけど、驚いちゃって。。
でも、車も通らないような場所だから、代行バスなんて考えられないし、やっぱり歩くしかないか。。。なって。
これで、運賃一緒。(せこいようだけど)

こんあこと、台湾は愚かに本でもどこでも経験をしたことがないので、、、いい経験でしたよ。
夫と寄り添って、、、後ろから必死に歩いている姿を撮られましたけどね。

ご来光、、、続く(こればっか!)
Commented by morimaman at 2009-05-19 08:16
azumiちゃん。
おはようございます。
途中歩きがはいると事前にわかっていたら,回避したかも。
とりあえず歩かないと,阿里山には着かないし、、、もう、前しか見えなかったの。ぜいぜい、いいながら歩きました、、、
こちらの駅は、きっとお天気がよかったら、圧巻でしたでしょう。
ホテルは、靄のなかに建つ姿も,何となく懐かしく趣があって、私も好きです。

辛い思いをしたかいがあったということで、、、続く。。。

Commented by ami-imanami at 2009-05-19 14:12
お母様の願いに後押しされた行脚だったのでしょうか。
適度じゃなくって「とにかく歩かないと」ですもんね。
お疲れ様でした。
それから・・・駅弁2題、どちらもチキンでしょうか?
右のんは間にやわらかしいたけが挟まっているのでしょうか??
ごめんねーmorimamanさん、やっぱり気になって、そこんとこ(笑)。
我が父の願いはカナダででっかい鮭つり→魚拓→獲りたてで
鮭缶作り(そんなツアーがあるそうです)だったのになー。
叶っているかなー、今頃酒池肉林やっとらせんかなー、と
上(天)を観る(笑)。。
Commented by morimaman at 2009-05-19 22:46
amiさん。
適度、、、この阿里山に関してはございませんでした。
実は翌日もいやになるほど歩きまして、、、’これを歩かないと家に帰れない(泣)’悲壮感いっぱいで歩きました(爆)

お弁当でございますね。
ひとつは、里肌ってかいてあるやつ。これは豚の部位をの名詞で、豚肉をあげて大蒜とトマト(ケチャップか?)のソースを絡めたもの。
もうひとつは、鶏肉の間に椎茸を射込んでオイスタソースで、あじつけたものです。
どちらもお勧めですが,鶏肉と椎茸の取り合わせがとってもおいしかったです。
台湾の駅弁は、本当においしいですよ♪ポイント高いです。そこんとこ気にして下さったamiさんもポイント高いです。

酒池肉林、やっていてほしいなぁと思います。私も天を見上げて、、、でも,ここだけの話、我が母生前、結構好き勝手やらかしてまして、’もう思い残すことはない!!’なんて言いつつ、’今度はあそこ行こ’とか’あれをしたかったのよね。’
よう,似とります。私と母。。。。(笑)

Commented by f-yayoi at 2009-05-20 16:23
阿里山というのは全くりしませんでしたが、
でもこのホテルは古いながら見事に磨きあげられてて素敵ですね。
ホテルのレストランで美味しいものが食べられるのは、
さすが台湾だと思います、もちろん、駅弁も美味しそう。

でも途中で30分も歩くなんて…ちょっと反則ですね。
あらかじめ知っていたら行かないかもしれません、ぐうたら弥生家。
Commented by morimaman at 2009-05-20 23:50
yayoiさん。
alishan、ちょっと念願がかなって、、、喘ぎつつも念願をかなえる為に歩いてきました。
ホテルのこの古さがとても素敵なんです♪
廊下や壁がよく磨き込まれて黒く光り、階段がいい具合にぎしぎし、、、と歌います。
レストランもかなりポイント高い,,といってもほかに選択肢がなくて。

反則は、ちょっと荷物があっても大人二人と、荷物があって小さなお子さん連れは、本当に大変そうでした。
事前の情報収集は大切だけど、旅行社も教えて下さいな。


<< 妻の願い その2      夫の願い その2 >>