今日は何にしよう?

morimaman.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 02日

あめ 雨 






d0089009_22374887.jpg



福岡詣でです。

着いた日のお天気は、薄曇りでしたけど、

蒸し暑い。

あぁ、暑い。






私の恒例、福岡詣は

時間はたっぷりあるのに

自由がないという、

ちょっと変則的な生活です。






d0089009_22413725.jpg





少し長くなりそうな福岡滞在のため

moripapaから借りたPCは

きっと親切心だと思うのだけれど、

画面をかえてくださっていて。。。

’き、、、気持ち悪いっ!!!’

立ち上げたら、

目を細めてよく見ないようにして

Safariを画面いっぱいに広げ、、、

でも見えてしまう。。。



あぁ、気持ち悪い。。。
     (画面のかえ方がわからない、、、)










そして

翌日から福岡の雨に祝福されているような日々です。

7/1から始まった飾り山も

雨からの祝福。


d0089009_22523296.jpg










私の飾り山の想い出のなかではじめての露店。

以前からありましたっけ。



d0089009_753245.jpg



飾り山を見て

帰りにレストランでメロンソーダ(アイスクリームがのっているもの)や

アイスクリームを食べさせてもらうのが子供の頃の楽しみ。

私が子供を持ってからの飾り山の想い出も同じ。

と、しみじみをしていたのですが、

山笠の時期に帰るのはもう何年ぶり。。。

様子が変わっていくのも当たり前でしょうね。












d0089009_823487.jpg











新天町と言われる商店街を抜けて行くと

そこには懐かしい百貨店があったのですが

今はもうありません。(場所を変え、建物を変え健在です)






d0089009_873581.jpg



心なしか寂しい雰囲気のコンコース。








新しいコンコースはピカピカ。



d0089009_883864.jpg



そこから大きな通りを見ると




d0089009_943934.jpg



準備が始まっています。

博多名物屋台

初めて屋台ののれんを潜ったのは息子が小学校3年生の頃。

山笠の帰りだったのか、、、

息子が屋台でラーメンを食べたいと言い出し、

私はサラリーマンで一杯の屋台の雰囲気に慣れなくって

’お客さんでいっぱいだから、ロイヤルに行こう。’

’おかあさん、ここあいている!’

のれんの下からなかを1店1店覗き込んでいた息子が言いました。





そうです。

私はそれまで屋台に行った事がなかったのです。

父が下戸というせいかもしれませんが、

地元の人間は案外行かないのでないでしょうか。


d0089009_9492837.jpg



’おいしいね。お母さん。’

サラリーマンのおじさまたちのなかで

ちょっと居心地の悪さを感じていた母でしたが、

息子の心からうれしそう声が

母を幸せにしてくれて、

あのときの息子の姿と幼い声が

今でもよみがえります。




息子は忘れているだろうなぁ。。。









d0089009_9522121.jpg



こちらの飾り山を見ていてまた懐かしさ発見。

作者が中高時代同級生の弟さんでした。

博多人形作家のお父様のDNAをしっかりと受け継がれ

若い頃から高く評価されてあった方ですが、

’まぁ、お若いのに飾り山を、、、’

などと思っていたら、、、

確か友人とは年子でいらしたはずだから、、、

いや、

熟年ののりきった年齢でいらっしゃいました。。。

私って、いったいいくつのつもりなのか。。。

福岡に帰ると10歳は若返ってしまう私の気持ちです。

今日も想い出に浸りながら、

福岡を歩いています。
[PR]

by morimaman | 2009-07-02 10:06 | 博多


<< 台湾。。。な。。。      ゆるやかな時間 >>