今日は何にしよう?

morimaman.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:台湾( 164 )


2012年 05月 21日

澎湖のこと




今回台湾旅の目玉は、

小さなプロペラジェットに乗って離島へ。



d0089009_21115268.jpg

               澎湖   馬公市街地にある船泊まり

台湾でも人気の離島観光地です。





台湾の西方約50kmくらいのところに位置する、

大小の島々から構成されている地域となっています。

高い山などなく

風がとても強い地域なので

それから家屋や田畑を守るための工夫が

この島の独特の雰囲気を醸し出しているようです。



d0089009_2124265.jpg

                        澎湖 鯨魚洞

この石垣は作物を守るために囲ってあるもの。

ただ、

土地も痩せているためあまり作物に恵まれないとのこと。





カラフルでみどりの物はみどり濃く

いろいろな作物に恵まれている台湾本土とは

どことなく違う雰囲気が流れていました。

しかも

雨が少ないと言われている割には

2泊3日、

ほぼ雨でした。


d0089009_2128316.jpg



日台で許されたはずの翻訳車の免許証も

こちらでは通用しないとのこと。

moripapaはバイクを借りて島をツーリングすることを

とても楽しみにしていたのですが

あえなくホテルのフロントで却下。

七美というフェリーで行くさらに離島への船も

すでに予約で一杯と言われ

手順よく手配をしているつもりの旅が

早くも崩れ去りました。






d0089009_21322039.jpg

                         澎湖  白沙島 大榕樹


でも、

雨だったのでこれでよかったのかもしれません。

澎湖島の古い廟に枝や幹を絡めて行く榕樹や





d0089009_21354737.jpg

                      


干潮の時に現れる道を(石がゴロゴロで歩きづらい)ひたひたと歩いたり。。。

雨の中

黙々と歩いていた、、、という記憶しか残っていません。







d0089009_21392057.jpg

           澎湖  風櫃


本当は夕陽のときや

陽の光のもと

海の色の変化が素晴らしく美しいらしいのですが

このお天気

全てが鈍色でした。

ぜひまた、夏に!

とのお勧めもありましたが

また意を決して小さなプロペラジェットに乗って

UV対策もぱっちりとして、、、

行く?






d0089009_2142397.jpg



心無しか

ごはんにも心が弾みませんでした。。。

やはり

リゾート地は天晴なお天気でしょ。






***************************

6月のお稽古のお知らせ
鮎の塩焼/山河豚の刺身/蚕豆の青煮/射込み茄子素麺/じゃがいもの粉吹き煮
  
6月 1日 金曜日 11:30〜
こちらで1席ご案内できます。ありがとうございました。




[PR]

by morimaman | 2012-05-21 21:48 | 台湾
2012年 05月 17日

お一人様  台湾






今回はお一人様がほとんどなかった旅。

いつもどなたかとご一緒(誰かとのいつもの旅)の旅で

とても楽しかったのですが

やはりお一人様もなかなかいいものです。



d0089009_9342079.jpg









急に思い立って一人で滞在した九份の夕陽。


今年は例年になく雨が多い異常な気候だそうです。

台湾も日本も同じでした。。。

九份は雨の日が多いのに

訪れる時はいつも雨がなく奇跡の女と言われた

私ですが

今回は夫と訪れた日以外は土砂降りの雨。

そんな雨上がりの澄んだ空気の中で見られた美しい夕焼けの景色です。





夜中の雨から小雨降る朝へ。


d0089009_9392423.jpg



九份の大好きな民宿

お一人様の滞在。

贅沢をしてきました(ですが、殆ど友人宅で過ごして帰ってきて寝ただけです。しかも、広すぎてなかなか寝つけないという、、、オチつき)。






それでも夕陽の景色と朝の景色の独り占め。


d0089009_947145.jpg



暫くはボ〜ッと景色を眺めて

ゆっくりゆっくりと頭と身体を目覚めさせて行ったのでした。





観光客で賑わっている道も

誰もいないような朝7:30の九份。



d0089009_9581410.jpg



九份茶坊もスタッフさんが

起こしているようです。





こちらも朝の空気を取り入れて

お店を目覚めさせています。


d0089009_1005514.jpg



私もしゃっきりと目覚めましょう。

この後

喧噪のこちらへ行って品定めをせねばなりませぬ。





d0089009_1015871.jpg





d0089009_1021799.jpg



カラフルないつもの市場。

芒果(マンゴ)はまだお目にかかりませんね。

特に一番美味しいと思う土芒果という

台湾の芒果。。。

ありません。





でも出回り始めたこちらは

しっかりと旨味を受け止めてまいりました。


d0089009_1052182.jpg



茘枝(ライチ)。

玉荷包という種類ですが、

こんなにグリーンでもとてもおいしい茘枝です。

1年ぶりの茘枝(枝をビニールひもで束ねてある)

大変美味しゅうございました。





台湾旅ならではのいろいろなおいしいもの

食べ物だったり時間だったり

違和感なく歩くお一人様台湾も

大変貴重な時間でした。

まずは手始めにこんな時間をお知らせいたしました。










*************************************

5月 6月のお教室のご案内です。

5月  メイン 鯵のたたき

5月 25日  金曜日  11:30〜

こちらで1席ご案内ができます。 ありがとうございました。




7月始め8月終わりは台湾家庭料理教室を予定しています。(両月とも同じメニュー)

何品かは台湾の客家料理です。
客家の方々が多く住まわれる地の食堂では
ごはんがさつま芋ごはん。
大皿で出されるお菜から、ごはんの上に、取り分けて頂きます。
どのようなセッティングにしようかと、思い悩むところですが、
特別な何かを使わなくてもできるように、台湾の客家料理に近いように
試作を重ねて行きます。

まだ、どれをメニューに載せようか、、、悩んでいるところです。

お楽しみに。


キャンセル待ち等のお問い合わせ、よろしければこちらまでご連絡下さいませ。







[PR]

by morimaman | 2012-05-17 10:20 | 台湾
2012年 05月 14日

回來了!   (ただいま!)




台湾よりの発信がほとんどできない間に

帰ってまいりました。


d0089009_21175079.jpg



約3週間の台湾プチ修行の旅でしたが

こうやって自宅で思い返してみると(というより、まだ、頭の切換えもできていない状態)

2、3ヶ月日本を留守にしたような気分です。





初台湾の友人と濃い3泊4日。

入れ替わりにmoripapaがやってきて、

お教室の生徒さんご夫婦と遠足をしたり

moripapaと恒例の南部へ旅したり、、、


d0089009_21215395.jpg



一番の目的のお料理教室へ行ったり

語学学校へ行ったり。(なんともう4年通っているらしい、、、進歩無し)





一人での市内移動は地下鉄か、バス。

だんだんと乗り馴れてきましたよ。



d0089009_21242875.jpg



お料理教室での通訳は必要ですが

ひとりでご飯を食べたり

列車のチケットを窓口で買ったりと

少し進歩した自分が今年はいました。





お料理教室もいろいろなアクシデントに見舞われましたが

強力な在台湾の友人たちのおかげで

かなりハードな内容をこなしてきました。

かなりハードなので、

お料理の先生の口調は早口なのかしら(ホントに早い。しかも動きも激しい)

と、思っていましたら

 
d0089009_21282875.jpg



帰国前夜に見た料理番組に先生が出ていらして

対決料理を作った人達へのコメントを言っていらしたのですが、

早口でした。

そのお隣の同じくコメントを述べられていた先生も

かつて教えて頂いたことがあり

’おばちゃんか?’と見間違えた男性コメンテーターは

お会いしたことがあるグルメ評論家の弟さんでした。。。

全員知っている方達の出演。

これって、すごいことなのか

台湾料理世界が狭いのか。。。





今回は客家(はっか)の料理人の方から(愛称 Yueちゃん)

美味しい家庭料理も教えて頂きました。


d0089009_21325493.jpg



お母様手作りの梅干菜(メイガンツァイ)等を頂いたので

しっかりと日本で復習です。






台湾でのんびりする暇もなく

絶えず動いていました。

買い物袋をぶら下げて市場へ行ったり

デパ地下で

おいしいものをリサーチしたり。


d0089009_2136531.jpg



次回はもう少しゆとりがあるような旅にしないと

自分の年齢相応の疲労度が

ずんとのしかかっています。





これから

気ままにおいしかったものや

楽しい情報をアップして行きたいと思っています。

ただ

記憶が曖昧になってきているものもありますので

あまり突っ込まないで下さい(笑

そして

台湾で念願の日本料理教室を(小さな)2教室いたしました。

これもアップしますが、

台湾の方とご結婚された日本人の奥様方

台湾の奥様方。

とても

楽しかったです。

次回へまた発展した形でmorimaman'skitchen 在台湾を

考えています。

なんだか、、、

色んなことが盛りだくさんの今回の台湾でした。









*************************************

5月 6月のお教室のお知らせです。

5月  メイン 鯵のたたき

5月 23日  水曜日  11:30〜
5月 24日  木曜日  11:30〜
5月 25日  金曜日  11:30〜
5月 26日  土曜日  11:30〜
5月 28日  月曜日  11:30〜
5月 29日  火曜日  11:30〜

現況、満席となっておりますがよろしかったらキャンセル待ちのお問い合わせを承ります。

6月 メイン鮎の塩焼

6月  1日  金曜日  11:30〜
6月  2日  土曜日  11:30〜
6月  4日  月曜日  11:30〜
6月  5日  火曜日  11:30〜
6月  8日  金曜日  11:30〜
6月  9日  土曜日  11:30〜
6月 10日 日曜日  11:30〜
6月 11日 月曜日  11:30〜

現況、満席となっておりますがよろしかったらキャンセル待ちのお問い合わせを承ります。

7月は台湾家庭料理教室を予定しています。
台湾の家庭料理もその出自でいろいろとバリエーションがあります。
今回は客家(はっか)の家庭料理を少し交えようかと、思案中です。
日本ではあまり客家料理のお店は見かけないような気がします。
少し珍しいけど、少し懐かしい味です。

お楽しみに。




[PR]

by morimaman | 2012-05-14 21:58 | 台湾
2012年 05月 05日

いろ 色 在台湾




今年は雨が多い台湾旅です。

爽やかな風と、空に出会うことが少ない旅。




d0089009_1365344.jpg



やはり夏に行かないとだめなのでしょうか。

鈍色の空の澎湖。






d0089009_1383439.jpg




市場で鮮やかな色の野菜達が。

野菜の色もこちらでは

’顔色’と言います。

さしずめ

緑色の顔色がとてもきれいな山蘇。





果物屋さんの店先に現れ始めた

蓮霧。


d0089009_140535.jpg


けっして

パプリカではございません。

かじると

しゃくしゃくとした食感のさっぱり味な果物です。






この旅も終盤に近づいてきました。

ふ〜っとため息をつきながら

きっちりと決めたスケジュールをこなしてきます。


d0089009_1432951.jpg

[PR]

by morimaman | 2012-05-05 01:44 | 台湾
2012年 01月 30日

もうちょっと、、、




お料理教室が始りました。

まずは、

臨時教室。

ぶり大根


d0089009_20402011.jpg


脂がのった

濃厚なぶりがお相手です。

そういった日常が始っているのに、

まだ、

体内に残る台湾での想い出。






台湾へ慌ただしく行って

帰って来たら慌ただしく福岡へ。

そういうのは日常茶飯事。。。

でも

慌ただしい日々のままの台湾でのできごとは

ちょっとだけ後悔。もあり。


d0089009_20425712.jpg



ゆっくりとした郊外への遠足。

今回の台湾旅御一行様の願いをのせて

空高く上がって行った天燈。





その天燈を上げた平渓線 十分の小さな小さな街並の変化。

この2、3年の間に駅近くにあった

田舎の何でも屋さんという

懐かしい雰囲気のお店は様変わり。

観光地にありがちのお店に変身。

ちょっとだけ残念。


d0089009_20474869.jpg



こちらのお肉屋さん。

午前限定。

お肉が売れてしまえば終了。

お正月用のものなのか

顔もど〜んとありました。
(約数名、目をつぶってこの前を通っていました)





いつも変らないような街並でも

少しずつ

変って行って

住む人も変わって行って、、、


d0089009_20505032.jpg



こうやって画像で記録することで

自分の記憶も繋げて行っています。





もうちょっと、と後悔したのは。

大晦日の夜に台北のお友達家族と囲んだ卓のこと。

除夕團圓宴(大晦日のテーブル料理)

と言われ

その内容は台湾の伝統的な年菜(おせち)のよう。

その写真を記録していないこと。

台湾の年菜も自分のレパートリーに、、、、

ちょっと後悔です。



d0089009_217135.jpg



かろうじてiPhoneで1枚だけ。





一所に立ち止まらず

少しずつ前に進むことも大切ですね。

変って行くことは必要不可欠なことかもしれません。

まぁ、

なるようにしかならないときもあるので

今は

自分らしく

 自分らしく。。。
[PR]

by morimaman | 2012-01-30 21:14 | 台湾 | Comments(10)
2011年 06月 19日

家族で台湾




今年の台湾は

何年かぶりで娘と一緒の台湾。(もれなくmoripapaつき)




d0089009_21214539.jpg


花蓮へ
[PR]

by morimaman | 2011-06-19 22:10 | 台湾
2011年 06月 06日

出会った光景




旅も重ねていくと

いろいろな光景と出会います。

おじさんと若者がおおげんかをしていたり

おばさん同士がお店の人をねじ伏せるようにして

値切っていたり、、、と。

そして

今回出会ったのは

心温まる伝統の儀式でした。


d0089009_1853942.jpg






台湾の歴史ある古い街鹿港を訪れるときは

必ず滞在するB&Bで行われた結婚にまつわる儀式。

紅い蓋碗に淹れられたお茶。

お祝いのお茶です。



d0089009_1893820.jpg



本来ならお婿さんが結婚式の朝

お嫁さん宅に’お嬢さんを頂きに来た’ご挨拶の儀式なのですが、

この日の花嫁のご自宅が離れたところにあるため

このB&Bが花嫁さんのご自宅になったのです。





花婿登場。

花嫁と連れ立って花嫁の母の前に進みでます。(お嫁さんのお父様が既になく、お母様お一人のため)


d0089009_18133512.jpg



最敬礼に近い深いお辞儀を何度かして、

お母様の前で跪きます。






d0089009_18192625.jpg


お母様はこれから結婚する二人に

いろいろと教え諭され

二人を、涙を流されながら、祝福されます。

最後に紅包(ホンパォ)とよばれる

お祝い(金)をつつんだご祝儀を手渡し

花嫁のヴェールをおろし、

花婿に託すのです。

許されて拝見していたのですが、

娘を嫁がせる母の気持ちが伝わって来て

感動するワンシーンでした。

まわりの人も

’ここは本当に胸がジーンとする光景だ’と

おっしゃっていました。





どこの世界でも子供を思う親の気持ちは一緒ですね。


d0089009_18244374.jpg


カップルはここから結婚式場に向かうのではなく

花嫁を頂きに上がったのなら

花嫁は花婿のお家に挨拶に伺うのです。

’今から、私はここの家のものになります。’と。





d0089009_18263271.jpg


ですから

花婿宅に行く花嫁の手には包丁が。。。

これで

実家の娘は他家に嫁ぎ

実家とは縁が切れるとという意味らしいのです。

嫁いだからには安易に実家には戻らないという決意でしょうか。。。

昔の日本と同じですね。






d0089009_18292849.jpg


結婚という最高に幸せの中で

一番光り輝き美しい花嫁を

天からの妬みから護るため

傘で花嫁を隠して

送り出します。





たまたま出会ったお二人

これから二度と会うことはないでしょう。

もし、出会ったとしても

お互いに気付かないかもしれません。

でも、

こうやって

’おめでとうございます’

’ありがとうございます’

と幸せを分かち合った瞬間は

ずっと心に残る

台湾で出会った縁ある人。

だと、思います。


d0089009_18335334.jpg



世界中の一人でも多くの人が

幸せになりますように。
[PR]

by morimaman | 2011-06-06 18:37 | 台湾 | Comments(13)
2011年 06月 02日

お一人様 台湾旅3




台湾旅を重ねて知り合った縁ある方々。

台北ランチを、

まるで東京ランチのように楽しむことができました。



d0089009_2228435.jpg



ヌーベルシノアならぬヌーベル客家。

こちらのとてもチャーミングな老闆娘と友人との間になんだか新しい友好の気配が、、、





d0089009_22334273.jpg



以前は無かったように思える日本語解説メニューもありました。

お店の名前、、、

それは重要ですが、

場所だけがわかって、、、あそこをこう行って、

まっすぐに行けばいいのですが、、、

思い出したら追記します。





友人と二人なのに4人分はお腹の中におさめたかもしれないと

満腹で、よろける身体を必死で支えながら向かったのは

布問屋さんがずらりと並ぶ永楽市場

友人はお茶に使う茶巾等を大量に仕立ててもらうために。

私は着やすいエプロンを仕立ててもらうために。


d0089009_22385193.jpg


それぞれのお店が、

自分が得意とする布を置いています。

その量たるや、すごいもので

途中で帰りたくなりました。

しかし気持ちを奮い立たせて

綿麻のオフホワイトの布地を5麻(マー)、、、1麻は大体90cm、、、買いまして

向かうは

こちら






d0089009_22422675.jpg


建物の3階部分は小さなブースに分かれていて

それぞれがそれぞれの洋裁店になっています。

私は友人御用達のブースで

5麻の布地から3枚のエプロンを作ってもらうことに。

日本から持ち込んだエプロンを見本に置いて、

出来上がりは5日後。





そういう楽しみを友人としつつ、

友人がまた私の友好の輪を広げてくれ

’潤餅パーティー’

に参加。

潤餅とはどんなものか。。。

それは次回。


d0089009_236912.jpg






お料理上手な奥さまのおもてなしを受けて

かなり夜更けまで遊んでしまいました。

これも

お一人様の成せる技。


d0089009_2375884.jpg


コーナー全面ガラスのリビングは

片方は山、もう一方は海に面し

私が大好きな景色を見せてくれています。





次はこちらでお料理教室(私が一応先生)開催予定、、、か。

こうしてまた友好の輪は広がって行くのでした。







※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

現在HPを更新できない状態です。

こちらで6月のお教室状況をアップしますので、ご興味がおありになる方は
どうぞ、ご連絡下さいませ。


6月  梅雨を元気よく乗り切るために

鰯の揚げしんじょ /  滝川豆腐  / 蚕豆の鎧煮 / 冬瓜の吉野汁 

6月 5日  日曜日 12時  1席


夏雑炊 /  さざえの壷焼 / 新じゃがと牛バラの煮物 / 茄子の直火焼き / もずく三杯酢 

6月   6日 月曜日  12時スタート  1席

6月  13日 月曜日  12時スタート  2席

            
               2011.06.06.

お問い合わせはこちらまで。


[PR]

by morimaman | 2011-06-02 23:22 | 台湾
2011年 05月 19日

お一人様 台湾旅2




一人だと小龍包や水餃子などを頂くのは

ちょっと不便。

でも、

おいしい台湾便當(台湾弁当)は、

お一人様でも

お店でもお持ち帰りでも

おいしく頂けます。


d0089009_17501091.jpg



今回は’鶏腿飯’を堪能。
        近々、いたします。愛しの鶏腿飯

タクシーを呼びましょう
[PR]

by morimaman | 2011-05-19 18:31 | 台湾
2011年 05月 13日

お一人様 台湾旅始まり




旅重ねてきた台湾旅に

自分がしたいことを重ねるようになって、

何回目でしょうか。

お一人様は3回目となりました。


d0089009_2026624.jpg



初めての時は台北の家族とも言えるおうちにホームステイ。

2度目は便利なはずが、

滞在直前に引っ越されてバスを利用しなければならないお宅に間借り。





今回は

学校や行動する際に便利な所を狙って

マンションの1室を民宿のようにされているお宅にステイ。

’忠孝東路の忠孝復興MRT駅’のすぐそばです。

台北で賑やかなメインストリート近くに決めました。

宿泊先の鍵を貰っているので

入り口から、お部屋の玄関、自分の部屋の鍵まで、

3、4種類を使い分けなくてはいけませんが、

24時間好きな時に出入りできる自由さがいいです。


d0089009_20331332.jpg



台湾はどのようなホテルでも無線LANを無料で使用できるところが多く

こちらでもネット環境には恵まれていました。

有料でしたが、洗濯機も使えますし、キッチンもあります。

どのようにして探すか?

ネットで検索をし

口コミを丹念に読みます。

一応女一人旅ですので。




そこで、自分にあったタイプのお部屋等を選んで行きます。

ホテルがいい方はホテルをチョイスされればいいわけで

値段と自分の好みが結構一致することが多い、台北の宿泊事情でした。

場所は

MRTの駅に近いということが

ストレス無くアクセスをよくしてくれます。

あとは

治安がよく賑やかなところ。

そういうところには

ごはんやさんもたくさんで

ひとりごはんも不自由をする事はありません。


d0089009_20395176.jpg



きれいなおねえさんもこんな素敵なバッグを持って、

あさごはんやさんに立ち寄ります。

朝ご飯のメニューの見方を事前にちょっと

学習をしておいた方がいいかもしれませんね。

そうすると、

指を指すだけでお店に方に理解をしてもらえ

自分が食べたい朝ご飯が頂けます。





ちなみに私は

’火腿(ハム)起司(チーズ)の三明治(サンドイッチ)

蛋餅(粉物の卵焼きのようなもの)


をオーダーしました。


d0089009_2043638.jpg


夕飯も近くの麺のお店で。

こちらは入り口に写真があって

それを見ながら注文票にマルをつければいいだけですから

もっと簡単です。

炸醤麺と青菜炒を注文。





ひとりだと

食べられるものに限りが出て来てしまいますが、

それでもわくわくしながら注文をするのも

楽しい経験です。

食後マンションまでの帰り道で人ごみ発見!!





d0089009_20585921.jpg


行列となると

これは美味しいものにちがいない。

ととと。。。

日式(日本の)回転饅頭、、、大判焼き、、、

でした。

これはいたるところで見かけましたので、

台湾でのブームなのでしょう。

道ばたで屋台のおばちゃんも

焼きながら

’吃看看 Yo~'(食べてみてYo~)

と、日本語のように呼びかけてありました。






d0089009_2125828.jpg



繰り返し申し上げますが、

台湾一人旅の宿泊は。

便利なところ、

賑やかなところ、

セキュリティが確かなところ。

ガイドブックの地図で確認ができるような地域がわかりやすく

行動がしやすくて良いのではないでしょうか。

ただ、

自分の身は自分で守らなくてはいけません。

常にそれを念頭に置いて。

私は毎日学校までの一駅を

歩いて楽しみました。






[PR]

by morimaman | 2011-05-13 21:12 | 台湾