<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 28日

寒いか 暑いか






第1章



お天気が悪いと寒く

梅雨の晴れ間の日は暑く。

どちらにしろ家で日がな一日ボ〜ッとして。



d0089009_2039836.jpg



思い出したように台湾料理の復習をしたりして。





第2章


先日のお休みはmoripapaと台湾映画二本立てを見に行きました。

艋舺・MONGA


d0089009_20424461.jpg






一頁台北

d0089009_20474190.jpg



艋舺・MONGAは、語学学校の先生から

勧められていたのですが、

かなりのバイオレンス映画で、、、でも、青春映画で。

ちょっと苦手な映画でした。

一頁台北

フランス語が流れてくるわけではないけど

ちょこっとフレンチぽい映画でした。





なかなか胸にぐっとくる映画には巡りあえません。

ただ、景色は見慣れていたもので

そのへんは親近感が沸くのですが、

1970年代の侯 孝賢 氏、もしくは楊 德昌 氏のような作品はもうでてこないのかしら。。。

李 安 氏ももはや世界のアン・リー監督となり

私としては初期の作品が秀逸だと思っているので、

なかなか現在は、ついていけません。






第3章


梅雨の晴れ間に緑道の紫陽花を撮ろうと見に行ったら、

2、3日前の雨上がりのしっとりと美しい紫陽花は

もうなく

この暑さでしおれて色が変わっていました。

あっという間に

周りはめまぐるしく変わっていっています。


d0089009_2059527.jpg


仕方なく

家でおとなしく、今年買い足したガラス作家 艸田 正樹さんの器を記念撮影。

ピントは、どこにあっている?

難しいもんだ。。。





なんだか

日々うだうだとしていたら

もうすぐ7月。

少しはシャキ〜ンとしなくては。

往復40分の自転車で疲れていても始まらない。。。(自転車でエステ通い。帰りは特にフラフラ)



d0089009_2132598.jpg


水玉のTea Towelを見ながら

’これで手を拭くのはもったいない。。。’








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


こちらで9月からの新しいお稽古のことをご紹介しています。

[PR]

by morimaman | 2011-06-28 21:44 | 日々の出来事 ひとりごと | Comments(14)
2011年 06月 24日

想い




お教室を始めてあっという間の1年8ヶ月。

まだまだ

お教室主宰初心者の域を出ることはできません。




d0089009_20502053.jpg



自分のお教室への思いは、

’すべてに自分の目が届くように。’

’背伸びをしないで、自分でできる範囲で。’





福岡の自宅を使えればそれが一番なのですが、

諸々の理由から小さなアパートを借りてのスタート。

これも自分ができる範囲で。

小さなお教室ですが

ここは私の職域。

季節の花を活け、

その時々のお献立に合せた器を選び

クロスを敷き

お敷きを配し。。。

テーブルに設えも忘れずに。

室礼を尽くして

みなさんをお待ちしています。





お献立は

走りの旬だったり

旬だったり

名残りの旬だったり

そこを決めてから

膳組をしていきます。



d0089009_20582528.jpg



旬の食べ物は

身体作りのために欠かせないもの。

夏野菜は

身体の余熱をとってくれるもの。

夏の食べ物です。

それを美味しく頂くことで

明日への身体作りになっていると

お聞きしました。

自然は人間の身体を思って恵を与えてくれているのですね。

時々お出しする私の台湾スウィーツは

やはり季節の身体作りを思って考えたメニューです。

6月のこのスウィーツも

一番下に緑豆を炊いたのを入れています。

これからの季節、多いに食べたいお豆です。(全員には当てはまらないのですが)






お献立とともに器も

季節や理を考えて選びます。


d0089009_21123449.jpg



どんなに好きな器でも

季節によって使えないものは多々あります。

今は

あまり難しく考えないのですが、

最低基本だけは押さえておきたい。

器選びも着物選びの理と一緒で

とても楽しいです。

’紗合わせ’

とても好きな着物があるのですが、

6月9月の一時期しか着る時がないもの。

それを楽しむために季節を待っている。

お料理も器も

それを楽しむための季節を待っている、、、って

楽しみではありませんか。













※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※




7月のお教室へのご案内です。

よろしかったら小さなお教室へお出でになりませんか。


[PR]

by morimaman | 2011-06-24 21:24 | 日々の出来事 お料理教室
2011年 06月 19日

家族で台湾




今年の台湾は

何年かぶりで娘と一緒の台湾。(もれなくmoripapaつき)




d0089009_21214539.jpg


花蓮へ
[PR]

by morimaman | 2011-06-19 22:10 | 台湾
2011年 06月 16日

この2ヶ月




やっと自宅へ戻ってまいりました。

心身とも落ち着きを取り戻したような。。。

朝からお洗濯をして(当たり前か)、

この平常の生活に

ほっとしたりして、、、



d0089009_10425727.jpg



[PR]

by morimaman | 2011-06-16 11:41 | 日々の出来事 お料理教室
2011年 06月 09日

お知らせ




HPをご覧頂いているみなさん。

申し訳ございません。

更新が福岡から出来ないでおります。



d0089009_23173849.jpg




5月もいつのまにか終わり

現在6月の梅雨の膳に入りました。





7月のお知らせをいたしたいのですが

そして

4、5、6月の画像も載せたいのですが、、、

すべては

東京へ戻りましてから。。。


d0089009_23195291.jpg



6月の旬のおいしさを味わいながら

思いは来月のこと。





HPでは更新できておりませんが(今のところ)

こちらのサイトで7月のスケジュール確認ができます。

よろしかったらご覧になってください。


d0089009_23233100.jpg



お問い合わせはこちらまで。

もしくはこちらの右横に書いておりますメールアドレスまでご連絡下さい。





来月もおいしいと言って頂けるように

頑張ります。
[PR]

by morimaman | 2011-06-09 23:31 | 日々の出来事 お料理教室
2011年 06月 06日

出会った光景




旅も重ねていくと

いろいろな光景と出会います。

おじさんと若者がおおげんかをしていたり

おばさん同士がお店の人をねじ伏せるようにして

値切っていたり、、、と。

そして

今回出会ったのは

心温まる伝統の儀式でした。


d0089009_1853942.jpg






台湾の歴史ある古い街鹿港を訪れるときは

必ず滞在するB&Bで行われた結婚にまつわる儀式。

紅い蓋碗に淹れられたお茶。

お祝いのお茶です。



d0089009_1893820.jpg



本来ならお婿さんが結婚式の朝

お嫁さん宅に’お嬢さんを頂きに来た’ご挨拶の儀式なのですが、

この日の花嫁のご自宅が離れたところにあるため

このB&Bが花嫁さんのご自宅になったのです。





花婿登場。

花嫁と連れ立って花嫁の母の前に進みでます。(お嫁さんのお父様が既になく、お母様お一人のため)


d0089009_18133512.jpg



最敬礼に近い深いお辞儀を何度かして、

お母様の前で跪きます。






d0089009_18192625.jpg


お母様はこれから結婚する二人に

いろいろと教え諭され

二人を、涙を流されながら、祝福されます。

最後に紅包(ホンパォ)とよばれる

お祝い(金)をつつんだご祝儀を手渡し

花嫁のヴェールをおろし、

花婿に託すのです。

許されて拝見していたのですが、

娘を嫁がせる母の気持ちが伝わって来て

感動するワンシーンでした。

まわりの人も

’ここは本当に胸がジーンとする光景だ’と

おっしゃっていました。





どこの世界でも子供を思う親の気持ちは一緒ですね。


d0089009_18244374.jpg


カップルはここから結婚式場に向かうのではなく

花嫁を頂きに上がったのなら

花嫁は花婿のお家に挨拶に伺うのです。

’今から、私はここの家のものになります。’と。





d0089009_18263271.jpg


ですから

花婿宅に行く花嫁の手には包丁が。。。

これで

実家の娘は他家に嫁ぎ

実家とは縁が切れるとという意味らしいのです。

嫁いだからには安易に実家には戻らないという決意でしょうか。。。

昔の日本と同じですね。






d0089009_18292849.jpg


結婚という最高に幸せの中で

一番光り輝き美しい花嫁を

天からの妬みから護るため

傘で花嫁を隠して

送り出します。





たまたま出会ったお二人

これから二度と会うことはないでしょう。

もし、出会ったとしても

お互いに気付かないかもしれません。

でも、

こうやって

’おめでとうございます’

’ありがとうございます’

と幸せを分かち合った瞬間は

ずっと心に残る

台湾で出会った縁ある人。

だと、思います。


d0089009_18335334.jpg



世界中の一人でも多くの人が

幸せになりますように。
[PR]

by morimaman | 2011-06-06 18:37 | 台湾 | Comments(13)
2011年 06月 02日

お一人様 台湾旅3




台湾旅を重ねて知り合った縁ある方々。

台北ランチを、

まるで東京ランチのように楽しむことができました。



d0089009_2228435.jpg



ヌーベルシノアならぬヌーベル客家。

こちらのとてもチャーミングな老闆娘と友人との間になんだか新しい友好の気配が、、、





d0089009_22334273.jpg



以前は無かったように思える日本語解説メニューもありました。

お店の名前、、、

それは重要ですが、

場所だけがわかって、、、あそこをこう行って、

まっすぐに行けばいいのですが、、、

思い出したら追記します。





友人と二人なのに4人分はお腹の中におさめたかもしれないと

満腹で、よろける身体を必死で支えながら向かったのは

布問屋さんがずらりと並ぶ永楽市場

友人はお茶に使う茶巾等を大量に仕立ててもらうために。

私は着やすいエプロンを仕立ててもらうために。


d0089009_22385193.jpg


それぞれのお店が、

自分が得意とする布を置いています。

その量たるや、すごいもので

途中で帰りたくなりました。

しかし気持ちを奮い立たせて

綿麻のオフホワイトの布地を5麻(マー)、、、1麻は大体90cm、、、買いまして

向かうは

こちら






d0089009_22422675.jpg


建物の3階部分は小さなブースに分かれていて

それぞれがそれぞれの洋裁店になっています。

私は友人御用達のブースで

5麻の布地から3枚のエプロンを作ってもらうことに。

日本から持ち込んだエプロンを見本に置いて、

出来上がりは5日後。





そういう楽しみを友人としつつ、

友人がまた私の友好の輪を広げてくれ

’潤餅パーティー’

に参加。

潤餅とはどんなものか。。。

それは次回。


d0089009_236912.jpg






お料理上手な奥さまのおもてなしを受けて

かなり夜更けまで遊んでしまいました。

これも

お一人様の成せる技。


d0089009_2375884.jpg


コーナー全面ガラスのリビングは

片方は山、もう一方は海に面し

私が大好きな景色を見せてくれています。





次はこちらでお料理教室(私が一応先生)開催予定、、、か。

こうしてまた友好の輪は広がって行くのでした。







※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

現在HPを更新できない状態です。

こちらで6月のお教室状況をアップしますので、ご興味がおありになる方は
どうぞ、ご連絡下さいませ。


6月  梅雨を元気よく乗り切るために

鰯の揚げしんじょ /  滝川豆腐  / 蚕豆の鎧煮 / 冬瓜の吉野汁 

6月 5日  日曜日 12時  1席


夏雑炊 /  さざえの壷焼 / 新じゃがと牛バラの煮物 / 茄子の直火焼き / もずく三杯酢 

6月   6日 月曜日  12時スタート  1席

6月  13日 月曜日  12時スタート  2席

            
               2011.06.06.

お問い合わせはこちらまで。


[PR]

by morimaman | 2011-06-02 23:22 | 台湾