<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 28日

ヒント




この夏休みは

友人とランチに行ったり

お料理のことを話したり

。。。。

全然関係ないどうでもいいこと話したり、、、、

そういうときにお料理のヒントになること

多々あります。


d0089009_1583686.jpg



さ〜っと神の降臨のごとく

ひらめくわけではなく

ぼんやりとひらめいたものを

いろいろと考えて

試行錯誤して

くっきりとした輪郭と身体を作って行く、、、

というのが私のひらめきです。





特に台湾料理は

DNAで持っておりませんので

ひらめきが難しい。。。

試行錯誤がばたばたです。


d0089009_15113189.jpg



幸いなことに

台湾に行く回数も度々で

あちらでお料理をプライベートに習う機会にも恵まれ

ひらめきを受ける回数も多いと思います。





ただ

そのままでは日本ではお味になりません。

日本で手に入る調味料で置き換えて作るとき

自分の舌と夫の舌を駆使して

再現。

楽しいかな、、、





和食は

旬のものを選び

素材を厳選してお献立をたてているのですが

旬がずれている今日この頃

少し怖いなぁと思っています。

旬のものを頂くということは

明日への自分への身体作り。

冬へ向けての身体を作っていかなくては、、、





余談


d0089009_15203472.jpg



台湾 台中の宮原眼科のリボン。。。

ツアーで生徒さんも撮っていらしたけど

撮ったこの画像を見るだけで

テンション。。。

あがります。








遅くなりましたが9、10月のスケジュールをこちらにアップいたしました。


9月 6日 土曜日 11:30〜

こちらでご案内ができますので

よろしかったらこちらまでご連絡下さい。


ありがとうございました。

9/6 お献立
季節のお向う   煮温麺(にゅうめん)曼荼羅  椎茸ときゅうりの胡麻和え 生姜めし

[PR]

by morimaman | 2014-08-28 15:26 | 日々の出来事 お料理教室 | Comments(0)
2014年 08月 26日

いよいよ新学期




夏休みも終わろうとしています。

ゆっくりとだらだらと過ごさせて頂きました。



d0089009_21284112.jpg




台湾ではもう中秋へ向かって

色々なものが模様替えとなっています。

お教室も秋から模様替えです。。。

いえ、

あのちいさなお部屋がではなく

内容が模様替えです。。。。





昭和の食卓を甦らせたような一汁二菜のお稽古も始めます。

ガスの宣伝の’うちの料理が古くさいからだよ!’という

茶色いごはんです。

お魚を上手に頂きましょう。

常備菜も茶色くいきましょう。

満席となってしまいましたが台湾料理も始めます。

9月という季節の変わり目に

身体の中に溜った余熱をだす食材

お茶などを考えてお出しします。

台湾の食卓には医食同源が生きています。


d0089009_21372351.jpg



盛りだくさんな9月ですので

頭の中を少し整理して

準備体操をして福岡へでかけます。





遅くなりましたが9、10月のスケジュールをこちらにアップいたしました。

9月 2日 火曜日 11:30〜
9月 6日 土曜日 11:30〜

こちらでご案内ができますので

よろしかったらこちらまでご連絡下さい。

9/2、6 お献立
季節のお向う   煮温麺(にゅうめん)曼荼羅  椎茸ときゅうりの胡麻和え 生姜めし

[PR]

by morimaman | 2014-08-26 22:11 | 日々の出来事 お料理教室 | Comments(2)
2014年 08月 09日

夏ですから。





d0089009_19453558.jpg



台風の影響でどこもお天気が悪いようです。

特に酷いところもあるようで

このまま

なにごともなく通り過ぎてくれればと

願っています。





今年の夏休みは

何となく

ゆっくりと過ごしています。

勉強と称して

おいしいものを探したり

本屋さんでは

やっぱりお料理関連の小説から

レシピ本を斜め読み。

江戸の料理をいろいろと見ています(見てるだけ〜)。





それと

毎時毎時のごはん作り。

夫のためのごはんです。

お互いに歳を重ねまして

一汁二菜のシンプル料理です。

今日のようなお休みのお昼はちゃちゃっと麺。


d0089009_19505679.jpg



台湾の乾麺(汁無し麺のこと)を思い出しながら。

鶏の油を絡めた麺がおいしく

鶏もも肉をぱりっと焼いて

その際に出る油を余すところなく

お素麺に絡めました。





簡単レシピ

鶏のもも肉(おいしいものを)  一枚

素麺  一束

① 鶏もも肉は火が通りやすいように、包丁目をいれて開いて平にします。
   皮目に金串をさします。
   塩/こしょう(できれば白胡椒)を、やや塩をきつめにふって、揉み込みます。
  それに酒大さじ1をふりかけて10分ほどおきます。

② 素麺はちょっとだけかために茹でて、茹で上げたら水でよくぬめりをとって
     軽く絞ったら、ざるにのせて、濡れ布巾をかけておいて下さい。

③ テフロンのフライパンに油(太白胡麻油を使っています)と、スライスした生姜を
    入れ熱して、生姜の香りがついたら生姜を取り除き①を皮目から入れて、焼き始めます。
   焦がさないように気をつけて、途中返しながら、じっくりと焼いていきます。
   蓋はしません。ぱりっと皮を焼きましょう。

④ しっかりと火が通ったら、醤油を大さじ1弱回し入れて、鶏にからめ、鶏を鍋から出します。

⑤ 塩を少し足して、ほぐした②を入れてしっかりと鶏の油絡めて、でき上がりです。

時間がたつとお素麺がのびてしまいますので、早めに召し上がって下さい。
お素麺が水っぽいと美味しくありませんから、水気も注意して下さい。




台湾では

ここのところ色々な乾麺を頂いています。

お勉強

  お勉強。
[PR]

by morimaman | 2014-08-09 20:05 | 日々の出来事 台湾料理 | Comments(0)